« 詰将棋メモ(2013年2月1日) | トップページ | 詰将棋メモ(2013年2月2日) »

推理将棋第62回解答(3)

[2013年2月2日最終更新]
推理将棋第62回出題の62-3の解答です。推理将棋は将棋についての会話をヒントに将棋の指し手を復元するパズル。はじめての方は どんな将棋だったの? - 推理将棋入門 をごらんください。

関連情報: 推理将棋第62回出題  推理将棋第62回解答(1)  (2)  (3)  (4)  (5)
  推理将棋おもちゃ箱)  推理将棋(隣の将棋)  どんな将棋だったの? - 推理将棋入門


62-3 初級 NAOさん作     2013年の指し初めは?   13手

「さっきの将棋、どうだった」
「駒を着手した地点が13カ所あって、13歩不成まで13手の詰みで勝ったよ」
「へえ、それは2013年の新年からめでたいね」
「一つの駒を4回続けて動かす手もあったよ」

さて、指し初めのめでたい一局とはどんな将棋だったでしょうか?
手順を推理してみましょう。

(条件)

  • 着手点が13カ所あり、13歩不成まで13手で詰んだ
  • 一つの駒を4回続けて動かした

出題のことば(担当 DD++)
  8手はほとんど明らか。事実上残り5手の問題です。

追加ヒント:
  21桂と22角をどかすのに「後手が動かす」だけでなく「先手が取る」方法もあるのをお忘れなく。
  4連続着手は先手歩ではなく後手玉。22角は不成で進んで31で初めて成るのがポイントです。


推理将棋62-3 解答  担当 DD++ Suiri623

▲7六歩    ▽3四歩    ▲2二角不成▽3三桂
▲1六歩    ▽4二    ▲1五歩    ▽3二
▲1四歩    ▽2一    ▲3一角成  ▽1二
1三歩不成まで13手

13手、とはいえ非常に簡単な問題です。なぜなら、13歩不成までということは後手が4手かけて12玉まで移動することは必然で、となると1筋歩交換をする余裕もないので先手が端歩突きに4手かけることも明らかだからです。さて、残る5手で何をやればいいでしょうか。

まず13歩不成を取れないように、22角と21桂をどかす(後手が動かすか先手が取る)必要があります。これは先手が両方行うと玉の通り道と重なって着手が12箇所になってしまうため失敗。22角を取らずに21桂を取るのは難しいので、21桂の方を後手が動かすのでしょう。当然13桂と跳ねるわけにはいかないので後手の残る2手のうち1つは△33桂。同時に33歩を先手がかじれなくなったので後手のあと1手は△34歩ですね。

先手の残りは明らかに「76歩と突く」「22角を取る」「21と22の逃げ道を塞ぐ(=31に馬を作る)」なので、これらを条件を満たすように並べ替えれば正解となります。22でうっかり角を成らないようにすることと4連続着手を先手歩だと思い込まないことの2つに注意。

それではみなさんの短評をどうぞ。

NAO(作者) 「指し初めは一本道の易問で気持ちよく!」

■と思いきや迷った方は結構多かったようで。

斧間徳子 「22角不成のままじっと待機する手順が見えにくく、私にとっては初級の問題ではなかったです。」

■確かにあまり見かけない手ではありますね。

チャンプ 「やるべきことを一つずつこなして行けば必然的に正解に辿り着けますね。一つの駒を4回連続着手と見て、先手の歩ではなく絶対に後手玉のことだと決め打たせて頂きました(笑)」

■私も最初に解いた時は後手玉に決め打ちました。

橘圭伍 「13でこの条件は難しいと思いましたが13歩生が有りましたか」

■13香(打ち)までか13香生までができないかな、と思ったまま放置した私。歩生と聞いて膝を打ちました。

占魚亭 「歩が4回連続で動くと思いきや玉だったとは。」

■この問題唯一のひっかけらしいひっかけ。

はらたっと 「歩生での詰め上がりが新鮮でした」

■手数が多少長くならないと実現出来ませんからねえ。

平井康雄 「4回連続は当然17歩だと思い込んでしまったので大苦戦。完全にウラをかかれました。」

■誤った思い込みは怖いものです。

たくぼん 「21ルートが絶妙ですね。感心しました。そして一言『4回連けては歩じゃないんだ~』」

■そうなんです、玉なんですよ。実にいやらしいことに。

渡辺 「これは考えやすくて良い問題です。後手玉がどうやってすり抜けるかと考えれば分かりやすいですね。」

■年賀として気楽に解くには適しています。

S.Kimura 「玉を12に持っていくのに苦労しました.」

■22地点は競争率が高いので迂回するのがミソ。

鈴木康夫 「同一地点への着手無しで玉が12に行けるとは驚きました。」

■手数を限らなければ地点重複なしで81マス全部いけるんじゃないですかね? ちゃんと確認はしていませんが。

諏訪冬葉 「最終手の成立のためには角と桂を排除しないといけないが玉移動に4手かかるので片方は取る。あとは玉の経路を考えたら自然と解答に着きました。」

■見事な推理です。

やまかん 「2013年に条件がぴったりですね!覚えやすい条件だったのでよい頭の体操になりました。」

■難易度だけ見るなら確実にこれがスターターでした。

はなさかしろう 「13尽くしですね。13歩不成まで、13手でぴったり。4回続けるのは先手17の歩かと思いきや、後手玉とは意外でした。」

■ベテランですら引っかかる魔の4連続条件。


正解:17名

  S.Kimuraさん  斧間徳子さん  香箱さん  鈴木康夫さん  諏訪冬葉さん
  占魚亭さん  たくぼんさん  橘圭伍さん  チャンプさん  テイエムガンバさん
  NAOさん  はなさかしろうさん  はらたっとさん  平井康雄さん  妙高仙人さん
  やまかんさん  渡辺さん

(当選者は全題の解答発表後に発表)

|

« 詰将棋メモ(2013年2月1日) | トップページ | 詰将棋メモ(2013年2月2日) »

推理将棋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22735/56676830

この記事へのトラックバック一覧です: 推理将棋第62回解答(3):

« 詰将棋メモ(2013年2月1日) | トップページ | 詰将棋メモ(2013年2月2日) »