« 詰将棋メモ(2013年6月28日) | トップページ | 詰将棋メモ(2013年6月29日) »

推理将棋第67回解答(2)

[2013年6月29日最終更新]
推理将棋第67回出題の67-2の解答です。推理将棋は将棋についての会話をヒントに将棋の指し手を復元するパズル。はじめての方は どんな将棋だったの? - 推理将棋入門 をごらんください。

関連情報: 推理将棋第67回出題  推理将棋第67回解答(1)  (2)  (3)
  推理将棋おもちゃ箱)  推理将棋(隣の将棋)  どんな将棋だったの? - 推理将棋入門


67-2 中級 チャンプさん作    歩の行進         14手

「はい、この不成の初王手で詰みだね。」
「君(後手)は1つの筋の歩の手しか指してないのに、たった14手で負かされちゃったや。」

「歩を笑う者は歩に泣くってね(笑)」
「初手に68の升目へ指した手がマズかったかなぁ?」

さて、どんな将棋だったのだろうか?

(条件)

  • 14手で詰んだ
  • 初手は68の地点への着手
  • 後手は1つの筋による歩の着手のみ(例:2手目に△34歩と指せば、最後まで3筋の歩の着手)
  • 最終手の不成が唯一の王手

出題のことば(担当 DD++)
 後手条件を成立させるカラクリとは。

追加ヒント:
 「8筋か9筋目指して初手68玉」はひっかけ。1筋側で雪隠詰を目指しましょう。


推理将棋67-2 解答  担当 DD++ Suiri672

6八飛    ▽    ▲4八玉    ▽
▲3八玉    ▽    ▲2八玉    ▽不成
▲同 香    ▽    ▲1九玉    ▽不成
▲2八銀    ▽歩不成まで14手

一見不思議な問題です。これが10手なら歩が八段目まで進んだのだろうと想像出来ますが、12手になると九段目に歩不成はできませんし、まして14手となるとそもそも十段目は存在しません。はて。

このカラクリに気づくのがスタートラインです。後手の条件は「1つの筋による歩の着手のみ」。これが1枚の歩とは言っていないのがミソですね。つまり、後手歩が先手歩を取り、最初の歩がなくなった(成ったか取られた)ところで同じ筋に歩を打てば条件を満たしたまま手が継続します。

さて、次は同じ筋の歩の手ばかりで歩不成まで詰み、ができる地点はどこでしょう、という問題ですね。主候補は1筋8筋9筋という飛香先の七段目八段目、計6箇所。それぞれ最少何手で詰むか考えてみましょう。14手、すなわち先手7手で可能なものがあればそれが答えです。

(1) 97歩不成まで。玉が98まで行くのに4手。角をどけるのに1手。桂をどけるのに1手。88地点を飛車で埋めるのに1手。89地点を別の駒で埋めるのに1手。この時点で先手8手なので合計16手かかってしまいますね。

(2) 98歩不成まで。玉が99まで行くのに玉4手。その際8筋の通り道を開けるのに1手、塞ぎ直すのに1手。香は99歩成で取らせるには都合が悪いのでこれを進めて1手。おや、7手でよさそう。並べてみましょう。「68玉、94歩、78玉、95歩、98香、96歩」……さて困りました。97歩同角を進めないと残りのいずれの手も指せません。必要な手は14手でも実際並べると16手(先後入れ替えれば15手)かかる手順だったようです。

(3) 87歩不成まで。98香99角と9筋側を塞いで2手。88玉まで3手。78飛と塞いで1手。おや、必要な先手の手は6手でしょうか? いえいえ、後手歩を取る手が必要です。玉では取れないので78金87金で歩交換に応じるよりなく、先手8手なのでこれも無理です。

(4) 88歩不成まで。これは9筋側がまともに埋められませんね。歩を突いて89桂を跳ねて、玉が入る前に98香88飛89飛99飛で埋めて、89玉までが3手で……もはや何手かかるか全部列挙するまでもなく手数オーバーですね。

(5) 17歩不成まで。これは97歩不成までと同じ、つまり先手8手で無理。

(6) 18歩不成まで。これは98歩不成までと同じなので先手7手です。並べてみましょう。まず68は玉ではないので飛をどける手ですね。そして香は歩交換に使うために温存する必要があるのでこの後は玉をひたすら移動。7手目28玉となるので王手がかからないよう8手目17歩不成、9手目同香、10手目は最終地点から逆算して16歩と打って手が続きます。11手目19玉と雪隠に入り、13手目28銀と逃げ道を塞いだタイミングでピッタリ18歩不成がきて詰み。

つまり正解は(6)で考えた順でした。(2)との差は「飛は簡単にどけられるが角は17歩がいなくなるまでどけられない」差。端の歩ばかり着手する順は角側ではなく飛側を使うのが実は手筋なのです。

それではみなさんの短評をどうぞ。

チャンプ(作者) 「一人でも初手▲68玉を考えて頂けたらそれだけで満足です(笑)」

■という発言を見て私は「いやいやさすがに3人くらいはいるでしょう」と思っていました。ところがいざ蓋を開けてみると……。

斧間徳子 「8筋ではなかったですね。四間飛車穴熊、完敗の巻。」

■犠牲者1人目。後手が手パスできれば8筋が一番早いんですけどね。

NAO 「19で詰むことがわかれば難しくないが、「初手68」で玉が左に誘導されました。99で詰まないことがわかるまでが大変。」

■犠牲者2人目。けっこう手をいじる余地があるのでなんとかなりそうに見えてしまうんですよね。

キリギリス 「▲98香▲99角▲88玉▲78飛△87歩が最初に浮かんだのですが、これはNG。次に▲99玉▲88角(銀)△98香を考えましたが16手になってしまい悩みました。」

■犠牲者3人目。しかも16手の中で先後双方に待ち手があるのでもどかしい。

はなさかしろう 「後手の攻め筋は3通り、なのに初手68につられて1筋の検討が3番目に。よもや最近衰えて善人になってしまったのではあるまいか?と、我が事ながら心配です。」

■犠牲者4人目。はなさかさんなら「これが玉だとすると3手目と5手目の前後を限定できそうにない」とかやってくるかと思ったのですが。

はらたっと 「8筋9筋はムリであることを確認し1筋でした。」

■犠牲者5人目。この順で考えるのがダントツ一番人気のようです。

平井康雄 「まさか1筋とは・・・・・、ヒントなければ絶対思いつきません。28銀が絶妙なアシストですね。」

■犠牲者6人目。言われてみると飛車の横利きも消してるんですね、これ。

しまぎろう 「ヒントが出るまで68玉と信じてました。」

■犠牲者7人目。完全にチャンプさんの手のひらの上でしたね。

たくぼん 「ヒントを見るまで注意は左に行ってました。やられた~って感じです」

■犠牲者8人目。左側に死にぞこないの玉が死屍累々。

ひろぽん 「初手が68玉だと思い、8筋から詰ますものだと思ってしまいました。」

■犠牲者9人目。87歩不成まで、形よく見えますしね。

S.Kimura 「「初手は68の地点」が実に巧妙でした.58や78なら全然悩まなかったのに・・」

■犠牲者10人目。「6筋」ではなく「68」としたのも効果を高めたでしょうね。

鈴木康夫 「88銀99玉型で98歩不成の詰み形は見えましたが角を退かすにはどうやっても手数が足りません。ヒントを見てなるほど飛車なら一手で退かせるのか、となりました。」

■犠牲者11人目。左右逆にすぐに思い至らない理由はやっぱり68が左右限定のためだという先入観でしょうかね。

やまかん 「ヒントがなかったら難しかったかも。香車動かして穴熊にするのがピッタリですね。」

■犠牲者12人目、でいいんですかね、ヒントの内容からして。この類の手順は香頭に玉を乗せる順も穴熊もどちらも多いですね。

諏訪冬葉 「「玉が端に移動するのに4手」「進路にある大駒と香車をどかすのに2手(どちらかで歩を取る)」「飛車の利きと逃げ道をを銀でふさぐのに1手」まですぐ分かったのに初手▲68玉とやって迷走しました。」

■犠牲者13人目。角はなかなかどかせないんですよ、残念ながら。

と、なんと13人もの方が68玉にやられたようです。ミスディレクションで解答者を引っ掛けた率は文句なく歴代1位でしょう、これは。中級での出題は疑問手だったかもしれません。

占魚亭 「初手68玉とは騙されませんよ(笑)。」

■ここまでを見てから占魚亭さんの評を見ると実に頼もしい限りです。

橘圭伍 「似た作品は昔からあるが成らずは初めてですかね?この筋は飛車側に寄せるのが手筋と知っていれば易しい」

■不成と成、半々くらいじゃないでしょうか。不成手順は端攻めを隠してる条件付けしてることがままあったりしますが。

渡辺 「9筋側だと、ふたの開閉に3手かかってしまうところがミソ。」

■97歩不成を同角と取って88角or銀ならなんとか2手で。手順構成はできませんけど。

隅の老人B 「どの筋の歩を突こうかな?これが決まれば、初手も確定。」

■しかしそこを決め間違えて玉砕した方が13名もいたというのだからまったく難しいものです。


正解:19名

  S.Kimuraさん  斧間徳子さん  キリギリスさん  ジェシーさん  しまぎろうさん
  鈴木康夫さん  隅の老人Bさん  諏訪冬葉さん  占魚亭さん  たくぼんさん
  橘圭伍さん  チャンプさん  NAOさん  はなさかしろうさん  平井康雄さん
  はらたっとさん  ひろぽんさん  やまかんさん  渡辺さん

(当選者は全題の解答発表後に発表)

|

« 詰将棋メモ(2013年6月28日) | トップページ | 詰将棋メモ(2013年6月29日) »

推理将棋」カテゴリの記事

コメント

説明不足でしたが、97歩生には同香を確定させていた(でないと香移動が増えて開閉を1手でやるという無理難題になるので...)ので、97同角は除外していました。
しかし、そこまで結論するまで私も9筋を先に、十分な時間考えたと思いますので、騙されたうちかもしれません。

投稿: 渡辺 | 2013.07.01 06:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22735/57687507

この記事へのトラックバック一覧です: 推理将棋第67回解答(2):

« 詰将棋メモ(2013年6月28日) | トップページ | 詰将棋メモ(2013年6月29日) »