« 詰将棋メモ(2013年6月22日) | トップページ | 詰将棋メモ(2013年6月23日) »

推理将棋第68回出題(7月20日まで)

[2013年7月29日最終更新] 68-3解答、第68回出題当選者

将棋についての話をヒントに将棋の指し手を復元するパズル、推理将棋の第68回出題です。はじめての方は どんな将棋だったの? - 推理将棋入門 をごらんください。

解答、感想はメールで2013年7月20日までにTETSUまで (omochabako@nifty.com) メールの題名は「推理将棋第68回解答」でお願いします。解答者全員の中から抽選で1名に賞品リストからどれでも一つご希望のものをプレゼント! 1題でも解けたらぜひご解答ください。

推理将棋第68回出題  担当 DD++

今回から出題タイミングをグッと早くして、毎月締切直後に次を出題することになりました。締切前ヒントはひとまず毎月16日のままにしますが、これも1週間前くらいに早めたほうがいいのでしょうかね。解答の集まり具合等をみながら調整していこうと思います。

さて、今回の出題。初級は長編作家橘圭伍さんの貴重な短編。易しめの9手でありながら面白い手順が入る橘さんらしさも忘れない作品です。中級は担当から、ちょっと風変わりに千日手問題を。単純な手数はかなり長いのですが実質解くのはその1/3とお考えください。上級はチャンプさんから前回に続き端攻め問題、今度は歩とは限りませんよ。


Suiri680 ■練習問題

「さっきの将棋、▲76歩△72銀▲33角成△62玉▲42馬まで見てたけどどうなった?」
「駒を成る王手がもう1回あって9手で詰んだよ、って言えば残りの4手は分かるよね」

さて、残りの4手はどんな手だったでしょうか。


■本出題


■締め切り前ヒント (7月16日 DD++)

締め切り前ヒントです。

初級:43金で詰ませたいので43馬とかじるわけにはいきません。44歩34馬で代用。
中級:88と31に駒を打って22に成り続けますが、同一局面を作るカギは22同角「不成」。
上級:97で取った角を89に打って詰み。さてその過程で自然に取れるもう1枚の駒は?


68-1 初級 橘圭伍さん作     死線!?         9手

A「9手で勝った将棋はどうだったの?」
先手「全て異なる地点に着手したんだけど気付いたら終わっていたよ」
後手「4筋にだけ着手してたら詰まされていたよ」
A「四線を越えられなかったんだね」

さて、どんな将棋だったのだろうか?

(条件)

  • 9手で詰んだ
  • 先手は全て異なる地点に着手した
  • 後手は4筋にだけ着手した

68-2 中級 DD++作        せわしない千日手     38手

「38手目、こうすると千日手で終局かな」
「だね、ずいぶんと忙しい将棋だったよ」
「同じ地点に駒成が12回もあったからね」
「駒打ちが9回あった地点もあったかな」
「そうだね、こことここの2ヶ所あるね」

さて、どんな将棋だったのだろうか?

(条件)

  • 38手で千日手成立
  • 12回駒成があった地点があった
  • 9回駒打ちがあった地点が2ヶ所あった

68-3 上級 チャンプさん作    半分は9筋の着手     12手

「さっきの12手で詰んだ将棋、半分の6手は9筋への着手だったって?」
「うん、後手の人が2手続けて王手で駒を打ってたよ。」

(条件)

  • 12手で詰んだ
  • 9筋への着手が6回あった
  • 後手は2手続けて王手で駒を打った

Suiri680a ■練習問題解答

問題以下、△77角成▲同桂△54歩▲53角まで。

王手、しかも駒成だからといって攻方の手とは限りませんね。どちらがが指しても駒成は駒成ですし、逆王手でも王手は王手です。

手順としては6手目がかなり露骨な手。しかし推理将棋においてはかなり重要な1手です。攻方が駒を取りづらい場合やたくさん取らなければいけない場合、こうやって玉方の方から先手の駒の利きに差し出す手はかなり有効。それどころかもっと露骨に、ある攻方駒が目的地に行く途中経由地点に差し出すことで、攻方になんと0手で駒を取らせる妙手がある場合も。

このように、推理将棋は殺陣と同じで斬られ役の上手さがキモであることが多いのです。今回の上級も……?


推理将棋の問題も募集しています

このコーナーで出題する問題を募集します。入門用の易しい問題を歓迎。作者名、問題、解答、狙いなどを記入して「推理将棋投稿」の題名でTETSUにメール(omochabako@nifty.com)してください。

|

« 詰将棋メモ(2013年6月22日) | トップページ | 詰将棋メモ(2013年6月23日) »

推理将棋」カテゴリの記事

コメント

練習問題の詰上り図が前回の物になっています。

投稿: 鈴木康夫 | 2013.06.23 23:44

そそっかしくてすみません。今回の詰上り図に差し替えました。
ご指摘、ありがとうございました。

投稿: TETSU | 2013.06.24 10:21

締め切り前ヒントです。

初級:43金で詰ませたいので43馬とかじるわけにはいきません。44歩34馬で代用。
中級:88と31に駒を打って22に成り続けますが、同一局面を作るカギは22同角「不成」。
上級:97で取った角を89に打って詰み。さてその過程で自然に取れるもう1枚の駒は?

投稿: DD++ | 2013.07.16 21:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22735/57646986

この記事へのトラックバック一覧です: 推理将棋第68回出題(7月20日まで):

« 詰将棋メモ(2013年6月22日) | トップページ | 詰将棋メモ(2013年6月23日) »