« 詰将棋メモ(2013年6月4日) | トップページ | 詰将棋メモ(2013年6月5日) »

推理将棋第67回出題(6月20日まで)

[2013年6月30日最終更新] 67-3解答、第67回出題当選者

将棋についての話をヒントに将棋の指し手を復元するパズル、推理将棋の第67回出題です。はじめての方は どんな将棋だったの? - 推理将棋入門 をごらんください。

解答、感想はメールで2013年6月20日までにTETSUまで (omochabako@nifty.com) メールの題名は「推理将棋第67回解答」でお願いします。解答者全員の中から抽選で1名に賞品リストからどれでも一つご希望のものをプレゼント! 1題でも解けたらぜひご解答ください。

推理将棋第67回出題  担当 DD++

先月の結果発表にて出題期間についてご意見を伺ったところ、やはり長くしてほしい方はいらっしゃるようですね。私の独断で変えるわけにはもちろんいかないので今月はいつもどおりの出題期間ですが、次回以降の出題期間について TETSU さんと相談をしてみたいと思います。

さて今月は、初級は渡辺さんが初級不足に応えて作ってくださった問題。簡単でありながらちょっと考えるところもあり、初めて推理将棋を解く方にもおすすめできる一品です。中級は3ヶ月続いてしまいますが今月もチャンプさんから。14手と中級にしては長めですが後手の手が限られているので考えやすいはずです。上級はNAOさんから。タイトルの「十二橋巡り」というのは、NAOさんのお住まいの近く、潮来と佐原にある観光地水郷の観光スポットなのだそうです。今はあやめが見頃でこの時期は特別に櫓舟遊覧もできるそうなので、関東にお住まいの方は休日にご家族で赴いてみてはいかがでしょうか。もちろん作品の内容もあやめに負けない見所のある問題ですよ。


Suiri670 ■練習問題

「さっきの将棋、▲76歩△74歩▲55角△73桂▲同角成△62金まで見てたけどどうなった?」
「9手で詰んだよ、って言えば残りの3手は分かるよね」

さて、残りの3手はどんな手だったでしょうか。


■本出題


■締め切り前ヒント (6月16日 DD++)

締め切り前ヒントです。

初級:41金を52へ上がるだけでは96角の利きの邪魔なので、そこからさらに……。
中級:「8筋か9筋目指して初手68玉」はひっかけ。1筋側で雪隠詰を目指しましょう。
上級:56玉だと玉腹を塞ぐのが大変ですが、45玉まであがればどうでしょう。


67-1 初級 渡辺秀行作      41馬迄で詰み       9手

「さっきの将棋、41馬まで9手で詰めたとき、先手は持駒なしだったよ」
「そうだね、9筋への駒打より後に5筋の着手があったね」

さて、どんな将棋だったのだろうか?

(条件)

  • 41馬まで9手で詰んだ
  • 終局時、先手持駒なし
  • 9筋への駒打より後に5筋への着手があった

67-2 中級 チャンプさん作    歩の行進         14手

「はい、この不成の初王手で詰みだね。」
「君(後手)は1つの筋の歩の手しか指してないのに、たった14手で負かされちゃったや。」

「歩を笑う者は歩に泣くってね(笑)」
「初手に68の升目へ指した手がマズかったかなぁ?」

さて、どんな将棋だったのだろうか?

(条件)

  • 14手で詰んだ
  • 初手は68の地点への着手
  • 後手は1つの筋による歩の着手のみ(例:2手目に△34歩と指せば、最後まで3筋の歩の着手)
  • 最終手の不成が唯一の王手

67-3 上級 NAOさん作     十二橋巡り        12手

「6月は水郷あやめ祭り。アヤメとカキツバタとハナショウブは、よく似てるけど別の花だって知ってた?」
「花の名前は知らなかったけど、さっきの将棋、初手から4手目までは全て別の筋の手を指していたよ。初手と2手目は歩以外の手だったけど9手目は歩の着手だった。成る手はなくて、12手で12カ所に着手して12地点の手で詰んだんだ」
「ぎっちら、ぎっちら、ぎっちらこ。潮来花嫁さんは舟でゆく。水郷の舟旅で十二橋巡りを楽しんだってことだね」

(条件)

  • 12手で12カ所に着手して12地点の手で詰んだ
  • 初手から4手目までは全て異なる筋に着手
  • 初手と2手目は歩以外の着手
  • 9手目は歩の着手
  • 成る手なし

Suiri670a ■練習問題解答

問題以下、▲54桂△72銀▲62馬まで。

短手数の推理将棋では右側の桂香を取りに行くのは大変ですが、そんな中でめげずに右桂を取って使う順の1つがこれ。8手目72銀という62への飛と銀の利きを一度に消す手は推理将棋では基本手筋です。

なお右香の方は9手詰では92香で無駄手消化する以外に陽の当たることはありません。

ちなみに、5手目が不成だと6手目を明かさなくても限定でが、5手目成の場合は解が作意を含めて3つ。このあたりの感覚が見についてくると問題を作るのがぐっと楽になります。


推理将棋の問題も募集しています

このコーナーで出題する問題を募集します。入門用の易しい問題を歓迎。作者名、問題、解答、狙いなどを記入して「推理将棋投稿」の題名でTETSUにメール(omochabako@nifty.com)してください。

|

« 詰将棋メモ(2013年6月4日) | トップページ | 詰将棋メモ(2013年6月5日) »

推理将棋」カテゴリの記事

コメント

締め切り前ヒントです。

初級:41金を52へ上がるだけでは96角の利きの邪魔なので、そこからさらに……。
中級:「8筋か9筋目指して初手68玉」はひっかけ。1筋側で雪隠詰を目指しましょう。
上級:56玉だと玉腹を塞ぐのが大変ですが、45玉まであがればどうでしょう。

投稿: DD++ | 2013.06.16 18:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22735/57526830

この記事へのトラックバック一覧です: 推理将棋第67回出題(6月20日まで):

« 詰将棋メモ(2013年6月4日) | トップページ | 詰将棋メモ(2013年6月5日) »