« 詰将棋メモ(2013年10月8日) | トップページ | 詰将棋メモ(2013年10月9日) »

推理将棋第70回解答(1)

[2013年10月9日最終更新]
推理将棋第70回出題の70-1の解答です。推理将棋は将棋についての会話をヒントに将棋の指し手を復元するパズル。はじめての方は どんな将棋だったの? - 推理将棋入門 をごらんください。

関連情報: 推理将棋第70回出題  推理将棋第70回解答(1)  (2)  (3)
  推理将棋おもちゃ箱)  推理将棋(隣の将棋)  どんな将棋だったの? - 推理将棋入門


推理将棋第70回解説  担当 DD++

先月中旬に台風が来てから一気に涼しくなりましたね。かとおもいきやまた暑くなってみたりまた台風が来てみたり。気候が次々変動して、皆様体調など崩されてはいないでしょうか。私は神経を患っているせいもあり身体がまったくついていけずに体調を大きく崩してしまいました。いつも通りの時期に結果発表がないので心配してくださった方もいらっしゃるかもしれませんが、ひとまずの快復はしましたのでご安心ください。また、結果発表時期を遅らせることを快諾してくださったTETSUさん、ありがとうございました。


70-1 初級 しまぎろうさん作   金遣い          9手

(条件)

  • 9手で詰んだ
  • 4手目は4筋に金
  • 6手目は5筋に金
  • 7手目は6筋に金打ち
  • 8手目は6筋に金

出題のことば(担当 DD++)

 後手の金の手はそれぞれ左右どっちの金?

追加ヒント

 全ての鍵は2手目の玉早逃げ。さて52と62どちらなら途中で余計な王手がかからない?


推理将棋70-1 解答 Suiri701

▲7六歩    ▽5二玉    ▲3三角不成▽
▲同角不成  ▽    ▲    ▽
▲5一角成 まで9手

条件にずらりと並ぶ金の手条件。7手目に金打ちという条件が大きなヒントで、金を最速の5手目で取るしかありません。ですから先手は76歩から33角と指しておいて、4手目42金を5手目に同角(馬)とすることになりますね。

しかしここで6手目条件は5筋に金。王手解消の手ではありません。ということはこの42同角(馬)は王手ではないということがわかりますね。つまり玉はこのときすでに51にはいません。2手目に既に逃げていたようです。

王手といえばもう1つ。8手目の金は同金ではさすがにないでしょうから、7手目の金打ちもまた王手になってしまっては困ります。それが可能な位置関係は、詰みに効きそうな位置では52玉に対して61金と打つ形か、64金と打つ形のみ。後者は4手目に空いた41地点が抑えられないので、前者で51角成と詰ます形が正解です。

後手の右金は51金と62金のどちらかでいいものをわざわざよろけて両方指す手、またわざわざ敵陣に不成で進む手、どちらも非常に推理将棋らしい手でとても初投稿とは思えない面白い作品でした。

それではみなさんの短評をどうぞ。

しまぎろう(作者) 「改めて見ると易しすぎますね・・・」

■しかし推理将棋を初めて解く方向けに、実はそういう問題の方が重宝されます。

斧間徳子 「7手目以降の無意味な駒の動きが推理将棋らしくていい。」

■94形式だと条件を揃えるためにこういう手は入りやすいですね。

渡辺 「金のやりくりがコミカル。」

■51金から62金というのはあまりないですよね。

チャンプ 「ファーストアタックは題名の「遣い」を「這い」と見間違え見事に撃沈(笑) しまぎろうさん初入選おめでとうございます。今後とも創作に解答に頑張ってください。」

■私もしまぎろうさんの今後には大変期待しています。

占魚亭 「金繰りに少し悩みました。」

■2枚の金が近い分いろいろな可能性が考えられますしね。

橘圭伍 「一度51を経由する事で1手を稼ぐのがポイント」

■解くにしろ作るにしろこういうのは大きなポイントですね。

EOG 「素直に進めたら詰んでいた。」

■それでこそ理想的な初級問題。

はらたっと 「5手目金取り。7手目6筋金打ちだから最後5筋に角成りだろうと思ったらビンゴ!わざわざ62金とよろけるのが味ですかね。」

■見事な読みです。

NAO 「金の交差が不思議な感触です。」

■かなりギリギリな移動をしています。

変寝夢 「初手76歩指定で2分20秒350万局面。最終3手のマヌケさが愉快です」

■初手76歩指定の有無でどれくらい変わるんでしょうね。倍くらい?

S.Kimura 「61の金を4筋に持ってくることも考えましたが,考えすぎだったようです.」

■けっこう使われる手段ではありますが、今回は深読みでしたね。

中村雅哉 「確かに初級向け。方針が立て易い。」

■短手数だと金をどうするかが鍵なことも多いので、それが明示されているのはやりやすいですよね。

やまかん 「金だけに統一とは分かりやすくてよい条件ですね。」

■7手目も「6筋に金」でいければなお良かったのですけど、残念ながらそれでは不成立だったようです。

キリギリス 「▲6一金を可能にする△5一金~△6二金が面白い金の動きでした。」

■普通の指し将棋ならただ1手無駄にしただけですし、なかなか見ない動き。

隅の老人B 「条件通りに金をうごかしたら、「アレッ、詰んじゃった。」

■そして一見さんが2問目に手を出してくれれば完璧。

たくぼん 「ここまで丁寧に条件を出されては時間をかけずにに解けました。でも気持ちよい手順でした」

■こういうのもいいものでしょう。

ひろぽん 「51金が見えず、悩みました。」

■普通はあまり指さない手ですが、推理将棋では立派な候補手になります。

諏訪冬葉 「7手目に金を打つためには5手目に取る必要がある。から逆算しました。

■見事な正攻法です。


正解:19名

  EOGさん  HMさん  S.Kimuraさん  斧間徳子さん  キリギリスさん
  しまぎろうさん  隅の老人Bさん  諏訪冬葉さん  占魚亭さん  たくぼんさん
  橘圭伍さん  チャンプさん  NAOさん  中村雅哉さん  はらたっとさん
  ひろぽんさん  変寝夢さん  やまかんさん  渡辺さん

(当選者は全題の解答発表後に発表)

|

« 詰将棋メモ(2013年10月8日) | トップページ | 詰将棋メモ(2013年10月9日) »

推理将棋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22735/58349740

この記事へのトラックバック一覧です: 推理将棋第70回解答(1):

« 詰将棋メモ(2013年10月8日) | トップページ | 詰将棋メモ(2013年10月9日) »