« 詰将棋メモ(2013年11月8日) | トップページ | 最難解5手詰 »

推理将棋第71回解答(3)

[2013年11月9日最終更新]
推理将棋第71回出題の71-3の解答、第71回出題の当選者(中村雅哉さん) を発表します。推理将棋は将棋についての会話をヒントに将棋の指し手を復元するパズル。はじめての方は どんな将棋だったの? - 推理将棋入門 をごらんください。

関連情報: 推理将棋第71回出題  推理将棋第71回解答(1)  (2)  (3)
  推理将棋おもちゃ箱)  推理将棋(隣の将棋)  どんな将棋だったの? - 推理将棋入門


71-3 上級 チャンプさん作    少年の将棋は?(その10) 12手

少年A「君の将棋早く終わったみたいだけど、どんな将棋だったのか教えてよ。」
少年B「どんなと言われても、12手で詰ませて勝っただけだよ。」

少年A「それだけでは何も分からないよ。」
少年B「仕方がないなー、成る手は無かったけど1筋へ3種の駒の不成があったよ。」

少年A「それだけ?せめて初手ぐらい教えてよ。」
少年B「初手は7筋の手だったね。」

さて、どんな将棋だったのだろうか。

(条件)

  • 12手で詰み
  • 初手は7筋への着手
  • 成る手は無く1筋へ3種の駒の不成があった

出題のことば(担当 DD++)

 先入観にとらわれると鍵となる1手はいつまでも見えません。

追加ヒント

 不成を指し終えた角を詰みまで残したい、と思ってしまうと迷宮入り。


推理将棋71-3 解答  担当 DD++ Suiri713

八飛    ▽3四歩    ▲4八玉    ▽4四角
▲3八玉    ▽1七角不成▲同 香    ▽1二飛
1三香不成▽同 飛    ▲2八玉    ▽1八飛不成まで12手

初手7筋はほぼ情報にならないので1筋3種不成に頼って解くことになりますが、これがまた厄介。ただ3種不成を指すだけならいろいろ手段がありますが、端なので簡単には詰みに結びつかない手ばかりになります。その折り合いをどうつけるかの発想力が問われる問題、というわけです。

ではとりあえず1筋不成にどんな可能性があるか考えましょう。初形から速そうなのは歩桂角の3種ですね。歩はまっすぐ進めて4手。桂馬も歩突きからの三段跳ねで4手。角の場合は先手角だと76歩のあと3回動いて4手ですが、後手の場合は34歩44角17角不成で3手。純粋に詰みに向かうための手数を残したいと考えると、最初は後手角で決まりですね。

では2番目は。先手の歩や桂だと3手目から始めて9手目で2回目の不成が指せますが、ちょっと待ってください。これは2回目の不成ですから、最初の不成とは少し事情が変わっています。そう、17の歩が角に取られているので、これをどかして13香不成なら先後合わせて2手だけでいけるのです。3回目もこれと同じ理屈で後手が12飛車を回って3手か、既に33が空いているのでそこから桂を跳ねて3手。合計8手なので詰み用の手は4手残せそうです。

しかしこれ、一見後手の手数が合わないように見えます。角不成に3手、飛か桂の不成に3手。先手香不成のために角を逃がす手はどこへ? これにコロンブスの卵のような答えをできるかがこの問題最大の障害。

角を逃がす手が指せない。だったら逃がさなければよいのです。6手目17角不成に先手が同香! これでも無事「先後合わせて2手」で9手目13香不成を実現できるのです。角がなくて攻め駒が全く足りないように見えますが、そこは最後に不成でつっこんだ飛車に11香の紐がついているので、先手が残っている4手で28まで玉を送り込んでやればちゃんと詰むのでした。

それではみなさんの短評をどうぞ。

チャンプ(作者) 「mixiに投稿した際に私が一目置く存在のオウム御三家に高評価を頂いたので自信を持ってこちらにも投稿してみました。7手目の▲同香が意外と盲点になりやすいかも知れません。皆さんは如何でしたでしょうか?」

■はい、私は当時同香を指すまで数日かかりました。

NAO 「28で詰むとは全く予想外の手順。難問でしたが、12手詰の傑作と思います。」

■いい作品ですよね。

中村雅哉 「まるで無理そうに思える条件からきれいな手順が紡ぎだされる。「初手7筋」が飛移動位置限定、紛れ増加、余詰筋防止と一石三鳥の巧妙な条件付け。秀作。」

■当時私は逆に7筋だったが故に変な紛れ順はあまり考えませんでしたね。むしろ6筋の方が68銀を指して17角不成18飛39角不成で取った銀か金で48地点から詰みとかその系統があるので恐ろしい……。

EOG 「飛車を取らずに12飛と回るとは。」

■この大きく振る手は暗算だとかなり見えにくい手ですね。

斧間徳子 「44角~17角生~39角生~48角生~57銀の筋かと思ったが、足りない。17同香は、後手の攻め駒がなくなりそうで不利感がある。解後感よし。」

■また17香から先一気に答えまで進むのも気持ちいい大きな要因ですね。

隅の老人B 「初手は7筋へ。6、5筋なら余詰むの? 暇な爺さんは、いろいろなことを考える。」

■私は7筋の場合しか検討していませんが、どうやら6筋は余詰むらしいです(はなさかしろうさん情報)。

S.Kimura 「67-2で痛い目にあったので,さすがに初手76歩は考えませんでしたが,17角を使って詰ませようとしていたので,ヒントがなければ本当に迷宮入りでした.」

■たまに「初手7筋」が本当に76歩で、96歩からの順を消す目的の条件だったりもするのでお気をつけて。

はらたっと 「全てを見切って78飛と指したいですが小生はとりあえず決め打ちの78飛でした。」

■それで充分だと思います。

渡辺 「詰形が実戦のトン死でもありそうな感じ(先後逆ですが)。最初は何故か成る手なしの条件を読み飛ばしていて余詰でおかしいなぁ、と思っていました...。1筋の生を稼ぎやすい駒は角香飛の順であることを考えると作者にしては割合素直な条件と手順かと思います。」

■不成を指すのに付加価値も求めると17まで桂馬を跳ねる途中で駒を渡す順もけっこう見ますね。

たくぼん 「有名な詰上りですのですぐに閃きました。王移動が間に合わないような気がしましたが間に合うんですね。」

■はい、先手はかなり暇してます。

はなさかしろう 「鮮やかで面白い詰み形でした。初手7筋はもう騙されないぞ、という条件ですが、初手6筋では余詰があるんですね。初手5筋とされるともっと悩んだかも。」

■やはり6筋はだめなんですね。5筋も余詰みそうな感じですが大丈夫なのかな……?

占魚亭 「ギブアップです。」

■締め切りちょっと前に気まぐれに「推理将棋」で検索したらTwitterで占魚亭さんが悩んでいるのが見つかって、ヒントをもっと大胆に出すべきだったかと反省していました。

鈴木康夫 「1筋の不成3種が香角飛であることは、ほぼ明らかなので簡単でした。」

■2種だと歩が登場したりしますが3種だと、ね。

諏訪冬葉 「最初▲11角不成を考えていたので11香の存在を忘れていました。」

■非常にありがちなミスですね。私も似たようなミスの心当たりがいくつも。

やまかん 「ヒントがあったのもありますが比較的すぐ解けました。割と自然な手順?かと思います。」

■普通の将棋として自然な手だからこそ17同香が見えなくなるのがこの問題の難しさなのです。


正解:14名

  EOGさん  S.Kimuraさん  斧間徳子さん  鈴木康夫さん  隅の老人Bさん
  諏訪冬葉さん  たくぼんさん  チャンプさん  NAOさん  中村雅哉さん
  はなさかしろうさん  はらたっとさん  やまかんさん  渡辺さん


総評

NAO 「今月くらいの難易度バランスが丁度よさそうです。」

■初中級が楽なら上級はこれくらいでもいいかもしれない、ということですね。

中村雅哉 「71-3のようなきれいな作品を見ると、久しぶりに自分でも作ってみたくなりますね。」

■ぜひぜひ。中村さん作を久々に見たいと思っている人は多いはず。

斧間徳子 「今月は3題とも条件付けが巧みですね。」

■やはり条件の簡素さは技巧的に見えますかね。

チャンプ 「気付けばもう年の瀬が近付いてますね。さて、馬がメインとなる作品でも創りますか(笑)」

■募集をすっかり忘れていたことに気づかせていただいてありがとうございます。

隅の老人B 「10月も中旬だというのに真夏日だって。涼しくなったら、推理将棋を考えよう。これじゃ、締め切りに間に合いませんね。」

■真夏日と台風の連続攻撃は本当に勘弁して欲しかった……。

はらたっと 「3問目、mixiに平凡な7手目が見えないと載っていた意味がよくわかりました。」

■本将棋で平凡な手ほど推理将棋では奇抜な手なんですよね。

しまぎろう 「解答発表がなかなか出なかったので、不安になりましたが風邪だったのですね。僕も風邪を引いてしまい、更に定期テスト2回+文化祭のハードスケジュール(?)。全然考える時間が取れませんでしたが、それでも1問は解けましたので解答します。」

■心配してくださってありがとうございます。自律神経の異常と心身症の合わせ技で気候が急激に変動すると偏頭痛やら気管支炎の悪化やら免疫力が下がっての風邪やらなんやらで大変なことになるのです。先月は頭痛と吐き気で力尽きてましたが今月は昼も夜も咳が止まらず熱も出てやっぱり力尽きました。しかもそのタイミングで定期テスト(指導する方)があって無理せざるを得なかったというね……。

しまぎろう(続き) 「今月は難しかったです。解答発表でとても嬉しい言葉をたくさんかけていただいて本当にありがとうございます(泣)。」

■それだけいい作品だったということです。第二作もみなさん楽しみにしてますよ。

たくぼん 「今月はなぜか早く解けました。解答書いて送るのは相変わらずぎりぎりですが(笑)」

■たくぼんさんの場合こっちの締め切り間際にWFP書かないといけないので、そっちを発行してから解答書き始めるみたいな流れがあるのでしょうね。毎回ギリギリであっても忘れることはなさそう。

変寝夢 「以下は時間切れです。残り三日ぐらいでやり出したのが原因かな。あと大駒を持ち駒にした時、変化の数がとんでもなく増えます、3手目で角を取った後は、12から98までの空き地に角を打つ手は最低読むのですから当然かも。何かいいオプションないかな?。」

■ある程度人間が駒打ちについて指定してやるしかないような気がします。といっても作意には駒取りがないのに紛れで大駒を取る順がある場合はそれでも難しいかな?

はなさかしろう 「コメントを考えているうちに回答を送りそびれておりましたが... 今月はなんとか。ついこの間まで暑かったのに、もう肌寒い季節になりましたね。」

■あまりおおっぴらには言えませんが、気づいたら締め切り過ぎていた時にはmixiか何かで直接私に送ってくださればごにょごにょ。さすがに賞品抽選からは外させていただくと思いますが。

鈴木康夫 「実は今月は、練習問題が一番難しかったです。」

■そういえばけっこう難しい問題出したんでしたね。

やまかん 「今回はヒントを見ないと3問とも解けなかったでしょうね。ヒントを見て初級はいろいろな時に考えましたが合計3時間以上はかかったかも。42銀は本当に盲点でしたね。可能な手をほとんど試して諦めかけました。中級は15分、上級は5分で解けたんですけどね。。」

■32銀を先に見つけてしまうと馬は42に作るものと思ってしまうので42銀が指せないように錯覚するという、まったくうまくできたトラップです。


推理将棋第71回出題全解答者: 18名

  EOGさん  S.Kimuraさん  斧間徳子さん  chemicalさん  しまぎろうさん  
  鈴木康夫さん  隅の老人Bさん  諏訪冬葉さん  占魚亭さん  たくぼんさん
  チャンプさん  NAOさん  中村雅哉さん  はなさかしろうさん  はらたっとさん
  変寝夢さん  やまかんさん  渡辺さん

当選: 中村雅哉さん

おめでとうございます。
賞品をお送りしますので、賞品リスト から選んだご希望の賞品と送付先をメールでお知 らせください。

|

« 詰将棋メモ(2013年11月8日) | トップページ | 最難解5手詰 »

推理将棋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22735/58540529

この記事へのトラックバック一覧です: 推理将棋第71回解答(3):

« 詰将棋メモ(2013年11月8日) | トップページ | 最難解5手詰 »