« 詰将棋メモ(2014年3月30日) | トップページ | 詰将棋メモ(2014年3月31日) »

推理将棋第75回解答(3)

[2014年3月30日最終更新]
推理将棋第75回出題の75-3の解答、第75回出題の当選者(やまかんさん) を発表します。推推理将棋は将棋についての会話をヒントに将棋の指し手を復元するパズル。はじめての方は どんな将棋だったの? - 推理将棋入門 をごらんください。

関連情報: 推理将棋第75回出題  推理将棋第75回解答(1)  (2)  (3)
  推理将棋おもちゃ箱)  推理将棋(隣の将棋)  どんな将棋だったの? - 推理将棋入門


75-3 上級 渡辺秀行さん作    桂の四変化 Part II     13手

「また負けたのか」
「うん、またもや桂不成、桂成、桂打ち、成桂移動の順に指されてね」
「序の16歩、34歩までは良かったようだが」
「うん。先手が持駒を使い切って油断していたら13手目に、
 僕の角が『同○』と取られて詰みさ。あっけなかったよ」

さて、どんな将棋だったのだろうか?

(条件)

  • 13手で詰んだ
  • 先手が桂不成、桂成、桂打ち、成桂移動の順に着手した(※)
  • 初手16歩、2手目34歩
  • 先手は途中、持駒を使い切った
  • 最終手は棋譜に「同」の付く着手で角を取った

(※)棋譜表記は問いません。桂不成の着手、桂を成る着手、桂を打つ着手、成桂を移動する着手、の順に指しさえすれば条件を満します。ただし「3手目17桂」などはただの成不成の選択が生じない手であって桂不成の着手には該当しません。


出題のことば(担当 DD++)

 72回上級とは違い、桂の手に王手指定はありません。

追加ヒント

 22に成桂を引いて詰みなのですが、紐は打った桂ではなく先手角。
 「どうやって先手角の利きを通すのか」「桂打ちは何のためなのか」をよく考えて。


推理将棋75-3 解答  担当 DD++ Suiri753

1六歩  ▽3四歩  ▲1七桂  ▽4二玉
▲2五桂  ▽3二玉  ▲3三桂不成▽4二銀
▲2一桂成 ▽7七角不成▲6八  ▽2二角不成
▲同成桂  まで13手

桂の手がこの指定で13手。これだけなら▲16歩△42玉▲17桂△32玉▲25桂△42銀▲13桂不成△何か▲21桂成△何か▲14桂△何か▲22成桂などが簡単に見つかります。ところがこの系統の手順を不可能にしているのが2手目△34歩。33を塞ぎやすい角桂はともに先手に渡してしまいますし、銀では22に利いてしまい、金も手数不足。飛は一応間に合いますが、13桂不成で取った歩が残るし最終手が「同」でないしでダメ。あと一歩というところで3手も残っているのにうまくいかないようです。何がダメなのか最初から順に考えてみましょう。

まず、桂跳ねがこれでいいのかどうか疑ってみましょう。例えば△33桂▲同桂不成から実は▲41桂成とかどうでしょうか。「▲16歩△34歩▲17桂△33桂▲25桂△32銀▲33桂不成△52玉▲41桂成△31角▲54桂△42角▲同成桂」。詰むことには詰みましたが、余計な金を取ってしまうのでアウト。▲51成桂までもうまくいきません。ということで▲16歩▲17桂▲25桂▲33桂不成▲21桂成▲桂打ち▲同成桂という大枠は間違いなさそう。

では、この最終手の「同」が22ではないのではと疑ってみましょう。▲11同成桂だと12玉ということになりますが、これは明らかに無理。▲31同成桂だと後手が4筋5筋の形を作るのに4手、△34歩と△24または44歩と△31角とそのために銀をどかす手と……間に合いませんね。したがって▲22同桂成も信じてよさそう。△32玉もここしかありません。

さて、いろいろ疑ってみたものの結局33が塞がらないから詰まないというスタート地点に再び戻ってきました。どうやら疑う点として唯一に残ったのは「33が塞がらないというのは本当か?」という点のようです。とはいえ何度考えても角桂は渡すから無理、銀は利きでダメ、金は手数不足、飛は条件に合わず、歩香なんてとても無理。やはり33を塞ぐのは無理なのでは……?

いえいえ、ここでウルトラCがあるのです。12手目に22に後手角が戻ってくるという手順の不自然さが大ヒント。一旦動く地点を仮に77地点だとすると……ほら、先手角の利きが33まで通って逃げ道が塞がるじゃないですか! もちろん△77角不成は逆王手なので対処に困りそうですが、一方で角が22まで利いているので▲14桂が不要な手になっています。よって11手目の桂打ちは▲68桂合という守りに使ってしまって大丈夫!

渡辺さんが肝の部分以外は簡単になるように作ってくださったのですが、それでも発想に発想を重ねないと解けない難問でした。▲14桂や▲54桂の底なし沼に嵌っていった方は、はてさて何人いらっしゃったやら。

それではみなさんの短評をどうぞ。

渡辺(作者) 「初手2手目が指定されている、先手が歩を打つ暇がないことから、先手の桂馬の軌道は決定しており、大体の詰む形もすぐ予想できると思います。しかし、素直に進めると33に逃げられて困ってしまうというのがミソ。例:作意10手目から33角、14桂、22角、同圭、33玉。桂打が実は攻めではなく合駒だったということの発見を楽しんで頂くのが意図で、それ以外の部分はできるだけ簡単に決まるように条件を設定したつもりです。」

■桂打ちに関して、ヒントで面白さを損なわない限界を攻めるのが大変でした。

NAO 「成駒の支え駒は11手目に打つ桂と考えました。14桂だと33が抜けてしまい、33をどう塞ぐかを考えると答が見えてきます。68桂打は桂を使う自作で使ったことがありすぐ解りました。ただ、わずかに詰まない変化(14桂打以外に23、43、54等に打つ筋)があって後回しになりましたね。「持駒を使い切った」条件が効いています。」

■何度か見たことある手とはいえ真っ先に68桂を考えたりはしませんよね。

斧間徳子 「この作者なら68桂打かなと思ったら予想通りでした。33桂生は推理将棋でしかお目にかかれない奇手!」

■昨年の電王戦でこんな感じの桂不成を見て「なんだこの推理将棋みたいな奇手」と思ったような記憶が。

Pontamon 「練習問題解答の「余計な先入観にハマっていないか」が当にピッタリ。角道が開いていれば14桂打ちは不要とわかっているのに、桂打ちの合い駒に気付かないなんて...。最終手の同成桂のヒモで桂打ちするという先入観から抜け出せませんでした。」

■こういう逆王手は考え方に慣れてなくて単純な発想が意外と出てこなかったりします。

Pontamon 「75-3 は一度解答をお送りしているので正解者には載らないと思いますが、ようやく解けたので記載しておきます。一応、75回の個人目標、「ヒントが出る前に解く」は達成できました。」

■一度解答を送った後での答え直しは締め切り前ならセーフです。他の厳正なテストでも試験時間内なら解答書き換えるのは自由なんですから。

はなさかしろう 「上級ですし、2手目34歩とはなにやら素直すぎるしで、警戒はしていたのですが、持駒条件がなければ△52玉に▲41桂成-54桂-42成桂で簡単に詰むところですし、打った桂で成桂に紐をつけるものと自然に思い込んでおり、▲68桂には思わず笑ってしまいました。」

■1枚しか攻めこめず1枚しか打てないのにこんなところに、ねえ。

小山邦明 「自陣に桂を打つ発想は大変面白いと思いました。棋譜表記の意味を、何か特別の意味かと最初に自分の都合の良いように解釈した事を反省しています。」

■解答者が条件を勘違いしたらそれは担当の責任です。言葉を使うパズルなだけにそのあたり私が気を使わないといけないはずなのですが、力及ばず申し訳ありません。

飯山 「3番いくらやってもうまくいかず、77角で王手放置してくれたら詰むのでくやしいからこれで解答しようと思ってました。数日後突然14桂が不要な事が判明。」

■推理将棋で悩んだ時、一番有効な手段は「数日ほったらかす」だったり。

まさ 「自陣に桂を打つ筋は気づきにくい。好作。欲を言えば34歩は手順成立上不要な手(一種の手待ち)なのと「持ち駒使い切り」も手順限定だけなので、何とかこの辺を工夫して条件を減らしたい。34(14)桂の余詰筋が残るので難しいですが。」

■34歩はもちろんのこと、持ち駒使い切りも42成桂までの余詰筋を同時に封じているので減らすのは容易でないと思います。

EOG 「角筋を通す手段と桂打ちがリンクしているわけですね。」

■何度出されても見えない手順の組み合わせです。

ジェシー 「逆王手がそのまま先手のアシストであるというのも美しく、桂着手の1つがただの王手対応というのも美しい。」

■何より、それらを全く感じさせない条件付けが最も美しいです。

隅の老人B 「桂打で成桂に紐付けと思い込んで大苦労。2手目、14歩ならと、幾度思ったやら。」

■もういっそ歩突きなんてやめてくれ、とか。

平井康雄 「後手77角生がありそうなことはわかったが、王手対策をどうするのかと思ったら・・・・。それが桂打だったとは、見事にウラをかかれました。」

■一度成立が見えてしまえばそれ以外ない手なんですが、思いついた瞬間は無謀にしか見えなかったことでしょう。

橘圭伍 「こういう展開を見ると視野の広さに感服するのみとなりますね。条件付けもしっかり考察すれば桂以外で紐を付けないと駄目な事に気付けるように練られています。」

■難問でも肝になる部分以外はある程度明かして狙いを映えさせるというのは演出としてかなり効果的で、この作品もそのおかげで68桂がより印象的になっています。

波多野賢太郎 「これは相当悩みました。当然、攻撃参加だと思っていた桂打ちがまさか合駒だとはビックリでした。8八の角の効きで3三への逃げを防ぐのはうまいです。」

■前回も渡辺さんは77角成に68飛としてから先手飛の利きを後手が通しています。そういう作品を作るのがうまい方なのですよ。

チャンプ 「これは結構考えました。持ち駒の使い切る手が王手回避とは思いつきませんでした。ただ、油断するような局面ではないと思いますけどね(笑)」

■11手目に考えうる指し手の中で68桂は一番ダメな手でしょうから、それで油断したのでは。

諏訪冬葉 「まさか桂打が合駒とは思いませんでした。」

■ミスディレクションとして相当に強烈な部類の手。

はらたっと 「13手のわりにやらなければいけないことがありすぎて意外にすんなり解けたようなきがしました。」

■これがすんなりとは。

S.Kimura 「77角不成から22角不成は気付いていたのですが,77角不成の王手を防ぐ余裕はないと思い込んでいました.68桂にはなるほどとうならされました.」

■いかにも駒不足に見えますからね。

占魚亭 「54に打つと思っていましたが、合駒でしたか。」

■54桂は有力な位置ですからね。推理将棋的には。


正解:19名

  EOGさん  飯山さん  S.Kimuraさん  斧間徳子さん  小山邦明さん
  ジェシーさん  隅の老人Bさん  諏訪冬葉さん  占魚亭さん  橘圭伍さん
  チャンプさん  NAOさん  波多野賢太郎さん  はなさかしろうさん
  はらたっとさん  平井康雄さん  Pontamonさん  まささん  渡辺さん


総評

斧間徳子 「今月は桂馬を堪能しました。」

■特徴的な動きの駒なだけあって手順も特徴的になりやすいです。

はなさかしろう 「今回も楽しい例題プラス3問でした。上級のナチュラルなミスディレクションは難物です。中級は将棋を覚えたての頃にインパクトを受けた基本形なのに...今やすっかり遠い昔。例題はあと3手なのになかなか見えませんでした。この手順は初めて見た気がします。初級も含めて一問も即答に到らず、苦笑いでごまかしております。」

■ひょっとして桂馬が苦手ですか? 例題の順は中村さん作の9手1条件にありますね。

まさ 「今月も楽しめました。」

■次回もどうぞお楽しみください。

EOG 「先月はパラの推理将棋に時間がかかり(結局解けなかったのですが)、こちらを考える時間がなかったのでヒントが出るまで待ってしまいました。」

■解答時間がない時はつらいですよね。

隅の老人B 「3月中旬、なんとなく推理将棋3題が解けた気がする。庭の紅梅、今満開で、桜の花は未だかな。暇なB爺さん、今度は何をしようかな、です。」

■今年は春がなかなか来なかったので桜は遅めでしたね。

橘圭伍 「視野を広く持てばまだ見ぬ変わった事が出来そうな感じがしますね。」

■11手以上はまだまだ素材は眠っていると思います。10手でもいけるかな?

波多野賢太郎 「今回もかなり悩みましたが、その分とても楽しめました。今、推理将棋がマイブームになっています。推理将棋の楽しさを教えてくれた「おもちゃ箱」に感謝です。」

■解答にハマった勢いで創作側にも挑戦してみてください。こちらもやみつきになりますよ。

チャンプ 「密かに創作に励んでおります。余詰め検討と条件の修正を繰り返す日々。しかし、思い付くのはどう見ても上級の問題ばかり・・・初級の問題が出来上がる日はいつになることか・・・。」

■チャンプさんなら、初級はまず9手以下というのを絶対条件にしつつキワモノ手順を見つけるところからかと思います。10手になるとチャンプさんではまず初級にはならないかと。

変寝夢 「現在ソフトをリニューアル中です。以前より心持ちスピードはアップしますが、やはり完全検討の道は険しいですね。」

■詰将棋と比べて王手義務がないため局面数が大爆発しますから難しいでしょうね。条件を機械に理解させるのもまた大変でしょうし。

はらたっと 「DD++さんのヒントで全部解けました。いつもありがとうございます。」

■こちらこそ、いつも解答ありがとうございます。


推理将棋第75回出題全解答者: 22名

  EOGさん  飯山さん  S.Kimuraさん  斧間徳子さん  小山邦明さん
  ジェシーさん  時風瑞季さん  隅の老人Bさん  諏訪冬葉さん  占魚亭さん
  橘圭伍さん  チャンプさん  NAOさん  波多野賢太郎さん  はなさかしろうさん
  はらたっとさん  平井康雄さん  変寝夢さん  Pontamonさん  まささん
  やまかんさん  渡辺さん
 

当選: やまかんさん

おめでとうございます。
賞品をお送りしますので、賞品リスト から選んだご希望の賞品と送付先をメールでお知 らせください。

|

« 詰将棋メモ(2014年3月30日) | トップページ | 詰将棋メモ(2014年3月31日) »

推理将棋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22735/59384404

この記事へのトラックバック一覧です: 推理将棋第75回解答(3):

« 詰将棋メモ(2014年3月30日) | トップページ | 詰将棋メモ(2014年3月31日) »