« 詰将棋メモ(2014年3月8日) | トップページ | 詰将棋メモ(2014年3月9日) »

大道棋よもやま話 第20回 妙防の活かし方

[2014年3月8日最終更新]
詰将棋パラダイスで連載中の記事です。詰パラでスペースの関係で掲載できなかった資料全文なども補足していきます。

関連情報: 大道詰将棋よもやま話  ドキドキストリート (おもちゃ箱


詰将棋パラダイス 2013年10月号掲載
大道棋よもやま話  第20回 妙防の活かし方  加藤 徹

 利波型飛問題は、きわどい手がたくさんあるので、配置によっていろいろな妙防が出現します。例えば前回のトレーニング問題。正解は92金以下9手ですが、92飛、同飛、同金以下でも同じかと思うと、93歩の捨て合で逃れ!

◇小山邦明さんの投稿作品

Y020a

  小山さんから利波型飛問題の改作の投稿がありました。作意手順は、74飛、84角、同飛、95玉、85飛、96玉、69角、87歩以下21手。形は4×7に収まり集客度77とまずまずです。

 投稿の説明を読むと、54飛という手があって、84角では同金以下59飛と引いて詰みなので74歩と中合するが、歩が増えて余詰なので62香で消したとありました。

 また、本作69角の遠打が狙いですが、ここで78歩中合もあります(変同)。

 74歩合、78歩合といった妙防が見つかったら、作意順には都合が悪いからとその順を消すのも一法ですが、妙防を活かすことを考えると実戦価値を高めることができます。

 一つの方法は作意を妙防の順に変更すること。74飛では詰まず54飛、74歩合で1歩入手するのが正解という感じ。そして、もう一つの方法は妙防の順を誘い手として活用すること。54飛は74歩合で詰まず、正解は全く別な手段となれば理想的です。

 筆者のアドバイスを受けて、小山さんは更にいろいろな改作図を創作してくれました。そのうちの一つは65香配置で59飛引や69角を消した素直な改良。手順も素直なので今回のトレーニング問題とします(21手)。

◇トレーニング問題

Y020b

 ほかの改作図は順次懸賞詰将棋として出題していきます。小山さんの狙いを見破ることができるでしょうか。

◇大道棋19 利波偉 正解

 出題時作者名の誤植がありました。本作の作者は利波さんです。

Y019

  92飛、同龍、同金、84玉、94飛、73玉、85桂、63玉、
  55桂、53玉、43馬、62玉、64飛、72玉、61馬迄15手

 77桂が85に利いているので74飛に誘われるが、84角、同飛、95玉、85飛で角桂を取っても続かない。

 92飛、同龍、82金の筋は91の駒が龍なので83に利いてきて逃れ。それでは92飛はダメかというと、同龍に同金と取ってしまう手がある。

 84玉に94飛、73玉となれば85桂で桂が取れるので、以下手順の詰み。

加賀孝志「いや77桂を活かす手順を考え一苦労」

山下誠「飛車を打っての精算は、最後に考える手段。トレーニング問題も発展の可能性が見込める手順ですね」

★全短評をおもちゃ箱で掲載。

◇解答者 33名 全員正解!
【正解者】 (省略)
【当選者】 (省略)

◇懸賞詰将棋 大道棋20 小山邦明

Y020

 20手台。解答は10月末までに左記まで。収束いろいろな詰があるので、解答確認効率化のため、今回は最終手だけでなく手順全体を書いてください。

 正解者から抽選で1名に加藤徹好形大道棋50番「ドキドキストリート」などを贈呈。


注1)上記の大道棋19の解説および全短評はこちら。

注2)上記の大道棋20の解答募集は終了しています。解説および全短評はこちら。

|

« 詰将棋メモ(2014年3月8日) | トップページ | 詰将棋メモ(2014年3月9日) »

大道詰将棋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22735/59259705

この記事へのトラックバック一覧です: 大道棋よもやま話 第20回 妙防の活かし方:

« 詰将棋メモ(2014年3月8日) | トップページ | 詰将棋メモ(2014年3月9日) »