« 詰将棋メモ(2014年8月10日) | トップページ | 詰将棋メモ(2014年8月11日) »

アトリエ、年鑑2014、幻の城、般若一族

[2017年2月17日最終更新]
第30回詰将棋全国大会に向けて、4冊の詰将棋の本が発行された。

Zt30c02 発行されたのは、この4冊。

いずれも濃い内容で、詰将棋マニアなら必読。

大会アルバム(2)フリータイム (詰将棋全国大会)より)


2017年2月6日

  • 般若一族作品集 (九州G
     「・・・ これは、詰将棋作品集という名のノンフィクションですね。掲げてある詰将棋は絵画のようで、俗にいう「詰将棋」とは一線を画していました。 ・・・」

2015年8月24日

2015年4月4日

  • 幻の城 (おおた 葉一郎のしょーと・しょーと・えっせい
     「・・・ 大変不思議なのは、解説者は数名の方が分担しているのだが、ほとんどの解説者が作者に対して批判的な意見をならべている。かつて読んだ色々なジャンルの本でも、解説者が著者に冷淡というのは記憶にない。原稿料が超超格安だったのだろうか。 ・・・」 

2015年2月3日

  • 山北製麺株式会社 投稿画像 (Blend*Board
     「山北製麺のフェイスブックページに毎月1日と15日の2回詰将棋の問題を出している山北製麺の三輪勝昭が詰将棋の作品集の本を出しました
    『三輪勝昭 詰将棋作品集 詰パラ別館 幻の城』 という本です ・・・」

2014年8月13日

  • 書籍情報 (詰将棋パラダイス
     「般若一族全作品 伝説の詰将棋創作集団「般若一族」(塚田賞2回、半期賞3回)の全26作を完全収録。 価格 1,835円 (定価1,500円+税120+送料215円)       
    詰パラ別館 幻の城  三輪勝昭詰将棋作品集。短編や曲詰など半期賞6回の100作(補遺2作)を収録。 価格 1,511円 (定価1,200円+税96+送料215円) 」

2014年8月11日

  • 幻の城/三輪勝昭著 (あーうぃ だにぇっと
     「・・・ 10人以上の錚々たるメンバーを揃えた解説陣。特に旬の若手、宮原さん鈴川さん武島さんが加わっているところに三輪さんのパワーを感じた。 ・・・」

2014年8月8日

  • 別の世界観? (雑色駅前将棋サロン
     「・・・ 般若一族全作品  近藤郷 著 ・・・ この本の良いところは、詰将棋を解く本としてでは無く、謎の詰将棋集団般若一族を通して、詰将棋に魅せられた人たちの人間模様の一端が見えるところだと思います。 ・・・」

2014年7月26日

2014年7月23日

2014年7月22日

  • 夏休みの課題図書? (不況になると口紅が売れる
     「全国大会に行けなかったので、将棋連盟で2冊、本日入手。
    「般若一族 全作品」は解説読んでも並べてもわからん(笑)という代物。
    「幻の城」三輪勝昭著は、最高のエンタテインメントだ。
    夏休みの課題図書である。しかし、こういう凄い人たちの作品集を見れば見るほど、自分で創れなくなる…症候群に陥るわけでね。 ・・・」

2014年7月21日

  • 般若一族作品集 (ROAD-ROAD
     「・・・ 一階の売店で般若一族作品集を発見したので購入。詰将棋は苦手だけど、小学生高学年から中学生の頃にかけて、大井町将棋センターに通ってたので、その頃のことが記述されているらしいので・・・ ・・・」

2014年7月19日

  • 詰将棋作品集「アトリエ」販売 大橋光一さん (おもちゃ箱掲示板
     「東京詰将棋工房の第4作品集「アトリエ」を全国詰将棋連盟書籍部で販売します。
    今回は19名の作家が各々3題出品し、その解説は別の人にしてもらうという内容です。
    エッセイも2編収録。
    ・A5判 本文 128ページ (重量 195グラム)
    ・定価 1,000円(送料含む)
    ご注文は郵便振替で  振替口座 〔番号〕00290-9-81015 〔口座名〕大橋光一」

2014年7月18日

  • 「詰将棋解答選手権2014」を販売 大橋光一さん (おもちゃ箱掲示板
     「「詰将棋解答選手権2014」を販売します。
    定価は1,080円(税込)、送料180円(117グラム)、合計1,260円です。
    ご注文は郵便振替で  振替口座 〔番号〕00290-9-81015 〔口座名〕大橋光一」

2014年7月17日

  • 解答選手権2014 解答欄魔さん (おもちゃ箱掲示板
     「「詰将棋解答選手権2014」発刊!
    今年3月30日に行われたチャンピオン戦、4月12日に行われた初級戦・一般戦の
    全問題とその解説、全国総合順位等を掲載。
    解説は選題を担当した田中徹(初級戦)、宮浦忍(一般戦)、芹田修(チャンピオン戦1R)、橋本哲(同2R)各氏が執筆。
    目玉は、若島正氏によるチャンピオン戦の優勝自戦記。ツイッターでつぶやいたものを再構成したとのことで、臨場感のある筆致となっています(表紙も若島氏)。
    ・A5判 本文88ページ。
    ・定価1080円(税込価格)」
  • 三輪勝昭詰将棋作品集 「詰パラ別館 幻の城」 出版記念作品展 (名無し名人の題名のないブログ
     「・・・ 当ブログで個展を行なっている三輪勝昭氏の詰将棋作品集 「詰パラ別館 幻の城」が出版されました。
    半期賞受賞作からブログ出題作まで、傑作がずらりと収録されています。
    また、詰パラを模した画期的なスタイルを取り入れており、カテゴリー別に総勢12名の豪華なメンバーが分担して解説しているところも見どころです。
    そんな素晴らしい作品集の出版を記念して、三輪氏の作品展を行います。 ・・・」

2014年7月15日

  • 般若一族全作品 解答欄魔さん (おもちゃ箱掲示板
     「詰将棋作品集「般若一族全作品」(近藤郷編著)発刊!
    詰パラ初登場のあの衝撃から30余年。
    難解すぎるという理由で塚田賞を獲れなかったデビュー作「今井光作品」から、名作「虎バサミ」「千山」まで、伝説の詰将棋創作集団「般若一族」の塚田賞長篇賞2回、詰パラ半期賞3回を含む26作を収録。
    当時一族と行動を共にしていた近藤郷氏が、一族結成から創作現場の内幕に
    ついても語っています。
    ・変型B6判 本文176ページ。
    ・定価1620円(税込価格)」
  • 幻の城 解答欄魔さん (おもちゃ箱掲示板
     「三輪勝昭氏作品集「詰パラ別館 幻の城」発刊!
    半期賞6回受賞、昨年詰パラ同人入りした同氏の代表作100作(+補遺2作)を収録。
    詰パラの形式を模して、カテゴリー別に担当者が解説。執筆は、飯尾晃・風みどり・小林敏樹・新ヶ江幸弘・鈴川優希・角建逸・関半治・武島宏明・田中徹・冬眠蛙・堀内真・宮原航の12名(五十音順)。
    良問を解きたい方、創作を目指す方なら必見の作品集と言えるでしょう。
    ・変形B6判(詰パラと同じサイズ)144ページ。
    ・定価1296円(税込価格)
    将棋連盟販売部あるいは詰パラ通販でお求めください。
    川崎で開催される詰将棋全国大会会場でも販売します。」

2014年7月14日

2014年7月13日

2014年7月6日

  • 「幻の城」 (my cube
     「・・・ いつもお馴染みの三輪さんによる百番作品集です。渋い色の表紙ですね。
    ご縁があってそのうちの10作の解説を、僕が書かせてもらいました。
    この作品集の最大の特徴は、解説者がなんと12人! ・・・」

|

« 詰将棋メモ(2014年8月10日) | トップページ | 詰将棋メモ(2014年8月11日) »

「詰将棋の本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22735/60133453

この記事へのトラックバック一覧です: アトリエ、年鑑2014、幻の城、般若一族:

« 詰将棋メモ(2014年8月10日) | トップページ | 詰将棋メモ(2014年8月11日) »