« 詰将棋メモ(2014年8月28日) | トップページ | 推理将棋第80回解答(1) »

都玉純対称一色図式

[2014年9月2日最終更新]
詰将棋創作プログラミングで、中央の金一色図式中央の角一色図式を調べたので、他の駒も含めて、初形盤面が下記条件の作品をまとめてみた。

  1. 都玉(55玉)
  2. 純対称(左右対称、上下対称、または回転対称)
    *対称位置の駒は向きも同じであること
  3. 一色(玉以外の駒は1種全駒)
    *生駒と成駒は区別する

最近の作品など、抜けがあると思うので、気付いた方はご教示ください。

関連情報: 詰将棋創作プログラミング
  詰将棋創作プログラミング 7 中央の金一色図式
  詰将棋創作プログラミング 9 中央の角一色図式


1.歩の都玉純対称一色図式

  • なし

2.香の都玉純対称一色図式

  • なし

3.桂の都玉純対称一色図式

  • なし

4.銀の都玉純対称一色図式

  • 35銀53銀57銀75銀|55玉|飛角歩歩 21手 余詰
    高濱禎「ひし形詰」 詰将棋精選29番 1916年
  • 33銀37銀73銀77銀|55玉|角金金 13手 キズ
    平山邦男 詰パラ1966年12月
    *作意は44角、45玉、46金、54玉以下だが、46金のところ36金でも詰む。54玉だと作意同様だが、56玉も13手駒余らずなので、単純な非限定とはいいきれない。
  • 35銀45銀65銀75銀|55玉|なし 1手
    はぎ原博 詰パラ1982年1月
  • 35銀53銀58銀75銀|55玉|金金歩6 35手
    志駒屋十政 詰パラ1987年10月
  • 35銀53銀57銀75銀|55玉|角金 7手 キズ
    山腰雅人 将棋ジャーナル1988年4月
    *初手44銀上でも44銀引でもいい
  • 35銀63銀67銀|55玉75銀|角角 3手
    吟遊詩人 近代将棋1993年2月
  • 35銀47銀67銀75銀|55玉|飛 3手
    森英生 詰パラ1994年5月
  • 33銀37銀73銀77銀|55玉|角金金 13手 キズ
    竪山道助 詰棋めいと第9号 1989年7月
    *平山邦男 詰パラ1966年12月と同一図

5.金の都玉純対称一色図式

  • 35金57金75金|53金55玉|角角銀 19手
    河内勲 おくろう記 第4番 2003年12月 *2014年9月2日追記
  • 25金52金58金85金|55玉|角銀4歩 19手
    eureka 詰将棋メモ 2014年2月 中央の金一色図式 作品8
    (おもちゃ箱 2014年6月 アート展示室 No.30

6.角の都玉純対称一色図式

  • 45角65角|55玉|金金銀歩 21手
    大浦淳司 詰パラ1976年3月
  • 18角92角|55玉|金金銀銀 27手
    竪山道助 詰パラ2003年1月
  • 54角56角|55玉|金金銀銀香3 35手
    竪山道助 詰パラ2006年1月
  • 45角65角|55玉|金銀3桂3 27手
    eureka 詰将棋メモ 2014年8月 中央の角一色図式 作品15
  • 53角57角|55玉|金3香 19手
    eureka 詰将棋メモ 2014年8月 中央の角一色図式 作品16

7.飛の都玉純対称一色図式

  • なし

8.と金、成香、成桂、成銀の都玉純対称一色図式

  • なし

9.馬の都玉純対称一色図式

  • 35馬75馬|55玉|銀3 17手 余詰
    下岡俊朗 近代将棋1979年7月
  • 35馬75馬|55玉|銀銀歩3 27手
    平山邦男 詰パラ1993年11月
    *発表時誤指摘で余詰とされたが、完全作である

10.龍の都玉純対称一色図式

  • なし

詰将棋として鑑賞に堪えうる作品は非常に少なく、この条件でよい作品を創作・発見するのはかなり難しそうだ。飛・龍が1作もないのは不思議で、ねらい目かもしれない。

|

« 詰将棋メモ(2014年8月28日) | トップページ | 推理将棋第80回解答(1) »

「詰将棋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22735/60223206

この記事へのトラックバック一覧です: 都玉純対称一色図式:

« 詰将棋メモ(2014年8月28日) | トップページ | 推理将棋第80回解答(1) »