« 都玉純対称一色図式 | トップページ | 詰将棋メモ(2014年8月29日) »

推理将棋第80回解答(1)

[2014年8月29日最終更新]
推理将棋第80回出題の80-1の解答です。推理将棋は将棋についての会話をヒントに将棋の指し手を復元するパズル。はじめての方は どんな将棋だったの? - 推理将棋入門 をごらんください。

関連情報: 推理将棋第80回出題  推理将棋第80回解答(1)  (2)  (3)
  推理将棋おもちゃ箱)  推理将棋(隣の将棋)  どんな将棋だったの? - 推理将棋入門


推理将棋第80回解説  担当 DD++

ツイン×2はさすがにヘビーでしたかね。次回は全て9手ですから、ここ2回苦労した方も次回はぜひリベンジを。


80-1 初級 DD++作        将棋ソフトの謎戦術 (A)  9手

「この将棋ソフト、なんか戦術おかしくない?」
「どうも棋譜に『44角』と記録されると必ず『62飛』と応じるみたいだね。
 実際にそのやりとりが行われた棋譜が2つある」
「どちらも9手で詰んでるね。
 こっちは先手が成る手2回で銀歩を取ったのか。
 もう1つは先手が成る手2回で金歩を取ってるんだね」
「何にしろ、このソフトは使い物にはならないね」

さて、どんな将棋だったのだろうか?

(条件)

  • 9手で詰んだ
  • 「44角」に「62飛」と応じた(どちらも棋譜上表記)
  • 先手は成る手2回で銀歩を取った

出題のことば(担当 DD++)

 条件は棋譜上表記で指定されているので「44角不成」などではダメです。ご注意を。

追加ヒント

 ▲44角に△62飛と応じます。3手目は不成で。


推理将棋80-1 解答 Suiri801

▲7六歩    ▽3四歩    ▲2二角不成▽5二玉
3一角成  ▽5一金左  ▲4四角    ▽6二飛
5三角成 まで9手

成る手2回で銀歩を取った。成る手以外で駒を取ってもよいわけですが、いずれにせよ銀は取らねばなりません。後手銀は31と71にいますが、71の銀を狙うと「▲76歩△54歩▲44角」としたところで強制的に「△62飛」と銀への利きを遮られて失敗します。よって狙うのは31の銀ですが、その場合▲44角と途中下車すると「▲76歩~▲44角~▲53角不成~▲31角成」で、あと1手ではもう1枚の駒成ができません。

というわけで発送の転換。31銀を取るのに「▲76歩~▲22角不成~▲31角成」とすると持ち駒に角があるので、「▲44角」と打ってこっちで条件をクリアすればいいのです。最後はもちろん駒成で歩を取らなければならないので「▲53角成」しかないですね。

こうなると先手の手は全て見え、後手も2手目「△34歩」と8手目「△62飛」は確定しているのであと2手。詰ましてもらうためには4手目6手目で「△52玉△51金左」でいいですね。

なお、5手目に44に角を打ち7手目に「▲31角成」とする順は、22に残っている生角が44に利いているせいで棋譜が「▲44角」ではなく「▲44角打」になってしまうため、失敗です。

それではみなさんの短評をどうぞ。

斧間徳子 「成る手が2回あり、しかも44角という手があるため、22角不成は指しにくい。」

■逆にそこさえ指せればあとは絶連かと。

Pontamon 「「角成りで取った銀を2段玉の腹へ打って、53銀成りで歩を取って詰み」が第一感。でも、62飛が邪魔だし最後の53銀成りの目標の歩が居なくなる。「あれっ?手順前後の非限定?」と思いきや、一方は「打」が付くのが見事で、2回騙されました。」

■62飛は詰みには無意味なのですが、余詰消しには大活躍でした。

NAO 「銀歩取るのは無理のない手順」

■角が自然に利く場所にいますからね。

小山邦明 「銀を取る時に成りが必要という事で、22角不成が限定できるところが良いと思いました。」

■テクニカルな限定方法です。あまり狙ってできる方法ではありませんが、うまくはまるとインパクト大きめ。

飯山修 「まずは先手で考えればこの手順は常道。」

■44角にさえ騙されなければこちらは素直です。

チャンプ 「棋譜上の条件で手順前後を回避するのは熟練の技ですね。ただ、これ初級にしては難しくないですかね?(笑)」

■あら、難しいですかね? 間違えるとしたら44角を88から持ってくる思い込みだけのつもりでしたが。

諏訪冬葉 「「成らないときに別の駒を取っていい」ことを見落としていました。」

■推理将棋で一番怖いのが、誤った先入観。

波多野賢太郎 「こちらはスンナリ解けました。」

■やはりこちらを先にして正解でした。

隅の老人B 「22角生に52王の応手が好手。それほどの手でもないか」

■62飛を引っ張るためにさっさと玉周辺を整える、ということですね

はなさかしろう 「金銀の対が綺麗で個性的な姉妹。好条件のツインですね。姉はオーソドックス。棋譜表記で限定するのが良い感じです。」

■誕生順で言うと実はこっちが妹。手順の幅がほどほどにあるので、飛成の方を限定できる条件をいくつか探して、その中から対になる条件でこっちも限定できるものを探して作ったのでした。

S.Kimura 「44から53に角を成ることに気付いて割と簡単に解けました.」

■53でトドメを指す形は見えやすいですよね。

占魚亭 「44角の条件に惑わされて、角を取る筋をうっかりしていました。」

■初級でも油断するとこんなことも。

はらたっと 「棋譜「44角」で限定なんですね。7手目じゃないと44角打になってしまうのですね。」

■そういうことです。うまいでしょう。


正解:13名

  飯山修さん  S.Kimuraさん  斧間徳子さん  小山邦明さん  隅の老人Bさん
  諏訪冬葉さん  占魚亭さん  チャンプさん  NAOさん  波多野賢太郎さん
  はなさかしろうさん  はらたっとさん  Pontamonさん  

(当選者は全題の解答発表後に発表)

|

« 都玉純対称一色図式 | トップページ | 詰将棋メモ(2014年8月29日) »

推理将棋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22735/60225088

この記事へのトラックバック一覧です: 推理将棋第80回解答(1):

« 都玉純対称一色図式 | トップページ | 詰将棋メモ(2014年8月29日) »