« 詰将棋メモ(2014年9月25日) | トップページ | 詰将棋メモ(2014年9月26日) »

推理将棋第81回解答(1)

[2014年9月26日最終更新]
推理将棋第81回出題の81-1の解答です。推理将棋は将棋についての会話をヒントに将棋の指し手を復元するパズル。はじめての方は どんな将棋だったの? - 推理将棋入門 をごらんください。

関連情報: 推理将棋第81回出題  推理将棋第81回解答(1)  (2)  (3)
  推理将棋おもちゃ箱)  推理将棋(隣の将棋)  どんな将棋だったの? - 推理将棋入門


推理将棋第81回解説  担当 NAO

担当の初回出題にどの程度解答をいただけるか心配しましたが、予想以上に多くの方から解答いただきました。


81-1 初級 NAO作  端桂戦法  9手

(条件)

  • 9手で詰んだ
  • 4手目は金
  • 7手目は端桂
  • 8手目は金
  • 9手目は金

出題のことば(担当 NAO)

 桂を使う前に角を活用しましょう。

追加ヒント

 5手目は角成りで金を取ります。


推理将棋81-1 解答 Suiri811

▲9六歩  △5四歩  ▲9七角  △4二 
▲同角成  △6二玉  ▲  △7二 
▲5二 まで9手

入門用にと7手で詰む手順に無駄手を加えました。7手詰は全部で29通りありますが、その中でも角が33から進入して5手目に42地点で金を取って金打までで詰ます手順は12通り。たとえば、▲76歩 △42金 ▲33角不成 △62玉 ▲42角成 △72金 ▲52金まで。

本問では、7手詰手順の▲76歩~▲33不成を▲96歩 △54歩 ▲97角に変更して、7手目に97桂(端桂)の1手が入ります。桂跳ねを用意しつつ角を活用するには初手96歩しかなく、後は導かれるまでに解けたことでしょう。

2手目54歩は97角の進入を助ける必然手。金を取る場所は42しかないので4手目は42金。同角成と取ってから7手目97桂、8手目72金に52金打まで。角の進入ルートを限定するための端桂条件でした。

それではみなさんの短評をどうぞ。

はなさかしろう 「まずはウォーミングアップ。ベースは7手の金使いの手順ですね。端桂がうまい手稼ぎでした。」

■客寄せとしてはまずまずでした。

斧間徳子 「初級にふさわしい易しい問題。94問題で、手順限定のために無駄手(97桂)を指定するのは新手筋か?」

■無駄手の指定は新手筋ではないと思いますよ。7手詰を9手詰にアレンジする時のテクニックの一つ。

飯山修 「端桂が遊びと判れば簡単」

■初級は易しさが一番大事。

まさ 「この端桂はあまり妙味が感じられません。」

■ベテランにとってはちょっと物足らない手順です。

小山邦明 「先手の7手目の手待ちがうまく限定できていると思いました。」

■無駄手ならではの限定でした。

渡辺 「論理的に桂が無駄手であることが推理できます。」

■しっかりロジカルに見抜かれてしまいました。

DD++ 「5手目を不成、6手目52玉としてずっと考えてしまいました。なるほど、初級出題ですもの成る方が自然ですよね。」

■一瞬でも不成を考えてもらえばうれしい限りです。42銀なら不成で取るんですけどね。

Pontamon 「94問題は初めてでしたが、9月は毎年恒例なのですね。会話が無いと何か寂しい感じです。「7手目は端桂」が引っ掛けとヒントと限定の三役で「端」の一文字が効いてました。」

■94問題は条件のみですぱっと出題します。次回はPontamonさんの作品で会話文を楽しめますね。

波多野賢太郎 「タイトル「端桂戦法」ということで、桂馬が詰みに関わるのだと考えてしまいました。角でトドメの金を取る、とわかれば詰みが見えますね。」

■一瞬で桂馬が詰みに関係ないとわかれば、推理将棋の上級者入りです。

ミニベロ 「7手目の端桂が詰に関係ないと分かれば、無駄なく端からの角の侵入が見える。7手基本詰の応用は、94問題に最適。」

■初代担当からは的確なコメントいただきました。

S.Kimura 「端桂が手待ちであることに気付くまでしばらくかかりました.新担当からの洗礼を浴びた気がしました」

■1分でも考えていただけたら、出題した甲斐があります。

諏訪冬葉 「端桂に何か意味があると思ったら初手の限定だった」

■限定の意味だけで、詰みには役立ちませんね。

チャンプ 「初級でなければ端桂に惑わされるところでした(笑)」

■悩ませるために上級で出題した方がよかったか(笑)

占魚亭 「7手目端桂が最大のヒント。」

■ヒントになる限定条件でした。

隅の老人B 「パスは出来ない、そこで桂を跳ねました。」

■余った1手を指定したんですね。

はらたっと 「端桂は限定のムダ手。」

■そのとおり。7手詰基本手順も侮れません。

たくぼん 「手としては無駄手(笑)の97桂が作品としての好条件なんですね」

■好条件か微妙ですが、取っつきやすい条件付けになったようです。


正解:18名

  飯山修さん  S.Kimuraさん  斧間徳子さん  小山邦明さん  隅の老人Bさん
  諏訪冬葉さん  占魚亭さん  たくぼんさん  チャンプさん  テイエムガンバさん
  DD++さん  波多野賢太郎さん  はなさかしろうさん  はらたっとさん
  Pontamonさん  まささん  ミニベロさん  渡辺さん

(当選者は全題の解答発表後に発表)

|

« 詰将棋メモ(2014年9月25日) | トップページ | 詰将棋メモ(2014年9月26日) »

推理将棋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22735/60374717

この記事へのトラックバック一覧です: 推理将棋第81回解答(1):

« 詰将棋メモ(2014年9月25日) | トップページ | 詰将棋メモ(2014年9月26日) »