« 詰将棋メモ(2015年1月21日) | トップページ | 詰将棋メモ(2015年1月22日) »

大道棋よもやま話 第25回 プログラムで香歩問題

[2015年1月22日最終更新]
詰将棋パラダイスで連載中の記事です。詰パラでスペースの関係で掲載できなかった資料全文なども補足していきます。

関連情報: 大道詰将棋よもやま話  ドキドキストリート (おもちゃ箱


詰将棋パラダイス 2014年8月号掲載
大道棋よもやま話  第25回 プログラムで香歩問題  加藤 徹

 前回の懸賞詰将棋、プログラミングしながら創作したと書きましたが、いったいどうやって、と思った方も多いでしょう。また、コンピュータに全てを委ねるのはどうか、と心配される方もいらっしゃいました。

 将棋ソフトは、新定跡を産み出すようなところまで進化しつつあります。しかし、詰将棋創作では何がよい作品かという判断が難しく、ソフトだけで優れた作品を創作するにはまだまだブレークスルーが必要です。

 そこで人間とソフトが協力して、となるわけです。7月号のおもちゃ箱だよりに「持駒サーチ」など開発した機能を説明しました。では、どうすれば香歩問題が創作できるでしょうか。

 大道棋の類型には、いろいろ誘い手を含む共通の駒配置(原型)があります。香歩問題の代表的な原型はこの図(不詰図)。

Y025a

 また、原型の61桂63歩の2枚を61歩に置き換えた形もよく使われます。

 そこで、集客度も考慮して、この二つの図に5×7の範囲内(黄色の位置)に駒を1枚か2枚追加して置いた図を考えます。

 持駒は香歩で固定なので持駒サーチは必要なく、置き駒サーチと駒位置サーチを組み合わせればすべての配置を生成することができます。

 これらをすべて柿木将棋に解図させ、既存の問題にはなく、良さそうな図を人間が判断して抽出します。

 今回の懸賞詰将棋もそうして創作・発見したもの。また、この図を見て私が考えた図をトレーニング問題とします。二つの手順を比べると、おもしろさがわかると思います。

Y025b

 詰将棋創作プログラミング6大道詰将棋を作る、で詳しく説明しています。

◇大道棋24 eureka 正解

Y024

 83桂不成、81玉、82歩、92玉、94香、93角合、91桂成、同玉、
 93香不成、92角合、81歩成、同玉、63角、91玉、92香成、同玉、
 74角成、81玉、72金、同玉、64桂、81玉、63角、91玉、
 73馬、82金合、同馬、同玉、72角成、93玉、94金、92玉、
 83金、91玉、82金迄35手。

同香成、同玉、74角以下37手、および
92香成、同玉、74角以下37手 の迂回成立、これも正解。

 形から予想される通りの手順で、全員正解。37手の解答も多かった。

 73金を捨てて64桂に置き換え、73馬の余地を作るのがポイント。

小山邦明「56桂配置で、72金捨てと82金合いが出てくる収束の手順の感触は良く、また22手目71玉の変化では、64桂からの成り捨ての手順もあって、とても良い作品だと思いました。」

山下誠「金捨てから桂跳ねの辺りが考えどころ。懐かしい手触りの一局。」

占魚亭「すっきり素直な手順。数十年後にはコンピュータの大道棋屋が出現する?」

★全短評をおもちゃ箱で掲載。

◇解答者 18名 全員正解
【正解者】 (省略)
【当選者】 (省略)

◇懸賞詰将棋 大道棋25 eureka

Y025

 駒が余っても最長手順でご解答ください。といっても無駄合はしないでね。

 解答は8月末までに下記(省略)まで。最終手と手数(と短評)だけでOKです。

 正解者から抽選で1名に加藤徹好形大道棋50番「ドキドキストリート」などを贈呈。


注1)創作プログラミングでの香歩問題創作の詳細はこちら。

注2)上記の大道棋24の解説および全短評はこちら。

注3)上記の大道棋25の解答募集は終了しています。解説および全短評はこちら。

|

« 詰将棋メモ(2015年1月21日) | トップページ | 詰将棋メモ(2015年1月22日) »

大道詰将棋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22735/61011642

この記事へのトラックバック一覧です: 大道棋よもやま話 第25回 プログラムで香歩問題:

« 詰将棋メモ(2015年1月21日) | トップページ | 詰将棋メモ(2015年1月22日) »