« 詰将棋メモ(2015年1月10日) | トップページ | 詰将棋メモ(2015年1月11日) »

二上達也九段「将棋魔法陣」

[2015年5月9日最終更新]
2015年1月31日、二上達也九段の詰将棋作品集「将棋魔法陣」が発行、1月31日まで先行予約中(現在は終了)。

二上九段が1953年五段のとき発行した「将棋魔法陣」は、81格すべてのマスに玉を配置し、かつ全作品不成が入っている作品集で、注目を集めた。ちなみに81格に作品番号を埋めると魔法陣になっており、それが題名の由来。それに番外19作を加え、100作品が収録されている。解説は全くなく、図面と手順だけが記載されている。

将棋魔法陣は1974年に野口ブックスで復刻されているが、今回の「将棋魔法陣」は、単なる復刻ではなく、全作解説を加え、更にそれ以外の二上九段の代表作100番、二上詰将棋珠玉篇も収録した、二上詰将棋の集大成となっている。


『将棋魔法陣』二上達也詰将棋作品集  目 次

序 文 『将棋魔法陣』について 羽生善治
 
第1部 『将棋魔法陣』
 作品の部 初版序文 他
 解説の部 不成八十一番 解説
      番外十九番 解説
 
第2部 『二上詰将棋珠玉篇』 
 作品の部 『二上詰将棋珠玉篇』について
 解説の部
      『将棋魔法陣』修正リスト
 
第3部 巻末付録
 解 題 若島 正
 補遺作品解説
 インタビュー(1)「週刊将棋」現代詰将棋をめぐる人たち
 インタビュー(2)「近代将棋」詰棋人伝
 エッセイ(1)『詰め物そぞろある記』抜粋
 エッセイ(2)『二上詰将棋選集』コラム抜粋
 エッセイ(3)「私の履歴書」詰将棋
 寄 稿(1)「名著 復刻は当然」内藤國雄
 寄 稿(2)「出版を祝して」勝浦 修
 年 譜

2015年5月9日

  • たのしく、うつくしく。好作紹介 #6 (my cube
     「・・・ 二上達也というと、棋界に詳しくない僕としては名前しか聞いたことがないんですよね……。ちょっと調べてみたところ、将棋連盟元会長、羽生善治の師匠、四段から八段到達の最短記録などなど、ものすごい方らしいです。詰将棋に関しても第一人者とされるようですが、なにしろ世代が……。この本を読んで少しは知っておかねばなりませんね。 ・・・」

2015年2月25日

  • 書籍情報 (詰将棋パラダイス
     「二上達也詰将棋作品集。「将棋魔法陣」(1953年発売)の81題に、珠玉編100題、番外編19題をを加えた合計200題を収録。
    価格 5,184円 (数に限りがありますので、ご注文はお早めに!)
     (定価4,800円+税384+送料無料)」

2015年2月24日

  • 『将棋魔法陣 二上達也詰将棋作品集』(2015) (TStudyのブログ
     「・・・ 解題で若島正氏が「古典詰将棋の影響が濃厚で、時代が時代だけに、まだ近代的な詰将棋の感性を獲得するに至っていない」と古図式の『図巧』『精妙』そして『無双』の影響を書いていた。もちろん、プロットや収束手順などに本歌取りの影響を認めることができよう。60年間の現代詰将棋の技術進歩からすれば古臭い作図かもしれない。しかし、解くものを驚嘆させる手順を発見するとき、詰将棋の楽しさを十分に味あわせてくれることは間違いない。 ・・・」

2015年2月14日

  • 「将棋魔法陣 二上達也詰将棋作品集」 (詰将棋の街路樹
     「・・・ 早速第1番を解いてみました。二上九段が提示した作意最終手と私が選択した最終手が完全一致しました。味わい深い作品が揃っていそうで全題自力で解く意気込みです。二上九段のエッセイを読むと余詰などに寛容な姿勢も見られます。詰将棋ちょっと入選の私には精神的に余裕はなくガチガチで、今のところそれが心地いいです。 ・・・」
  • 将棋魔法陣3回目の補正かな (おおた 葉一郎のしょーと・しょーと・えっせい
     「二上達也氏の『将棋魔方陣』が発売。限定1000部の予約である。買いたい人が多数いるようなので、予約は遠慮したのだが、『将棋魔方陣』は、1953年(昭28)に発表されている。1932年生まれなので、まだ21歳の頃だ。その後、1974年(昭49)に、いわゆる野口文庫(野口益雄氏発行)で再版をなしていて、さらに2年後の1976年に第二版。44歳である。この時の第二版(つまり三回目)を持っている。 ・・・」

2015年2月8日

  • ランス@lance_tume
     「将棋魔法陣の将棋世界の紹介記事。打診中合作が変化に現れる作品を、打診中合をいち早く作品に取り入れた、と書かれてしまったのは、とても残念。マニアな内容は良く理解している人が書かないとダメという実例。なによりあれを代表作として取り上げられた二上先生が気の毒過ぎる。」

2015年2月4日

2015年2月3日

  • 節分 (すくらっぷのにーよん三昧
     「・・・ やはりハードカバーで函付なので、存在感は段違いですね。クソ難しい問題はスルーして、解けそうな問題はせっかくだから、解こうと思いました。」

2015年2月1日

  • 「将棋魔法陣」到着 (風みどりの玉手箱
     「・・・ 第1部は「将棋魔法陣」の再刊。野口文庫版でも修正できていなかった不完全作を角さんと添川さんで一掃したのが特徴。第2部は「二上詰将棋珠玉篇」。これが労作。なにしろあの膨大な作品群の中から100題を選別したのだから。小林さんと磯田さんの協力を得たとある。第3部は付録。若島さんの解題や補遺作品の解説など。 ・・・」

2015年1月23日

  • 1月31日発売! 将棋魔法陣 ―二上達也詰将棋作品集― 二上詰将棋の集大成
     (日本将棋連盟
     「・・・ 将棋盤81マスのすべての箇所に玉を配置し、かつ全ての作品に「不成」の趣向が入った二上九段の若き日の代表作「将棋魔法陣」(1953年発売)81題に、これまでに発表された作品の中から厳選された珠玉編100題、さらに曲詰などの番外編19題、合計200題を収録しています。さらに巻末には詰将棋に関するエッセイも掲載します。まさに二上詰将棋の集大成ともいえる一冊。 ・・・」

2015年1月19日

2015年1月16日

2015年1月15日

2015年1月11日

2014年12月19日

2014年12月18日

2014年12月17日

2014年12月16日

2014年12月14日

2014年12月12日

|

« 詰将棋メモ(2015年1月10日) | トップページ | 詰将棋メモ(2015年1月11日) »

「詰将棋の本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22735/60957065

この記事へのトラックバック一覧です: 二上達也九段「将棋魔法陣」:

« 詰将棋メモ(2015年1月10日) | トップページ | 詰将棋メモ(2015年1月11日) »