« 詰将棋メモ(2015年2月25日) | トップページ | 詰将棋メモ(2015年2月26日) »

桑原辰雄「榛名図式」

[2015年4月5日最終更新]
「「桑原流」と呼ばれる豪快な作風で知られる著者の1987年以降に発表した詰将棋の中から120作を選んだ傑作集。前著『実戦に強くなるガチンコ詰将棋』の上級編。」

「妙義図式」、「赤城図式」に続き上毛三山の名を冠した詰将棋作品集が完結した。


2015年4月4日

  • 榛名図式 (リー監督 たいくつ
     「桑原辰雄氏の榛名図式が出版された。その第一番はどこかで見たことがあるな、と思っていたら、氏の『勝つための詰将棋』という問題集の中にあった。すぐに手筋が見えたのはそういう意味だったのか、とガッカリする。 ・・・」

2015年3月12日

2015年2月26日

  • 『榛名図式』 (将棋ペンクラブログ
     「・・・ 桑原辰雄さんは、優秀な詰将棋作品に贈られる塚田賞で短篇、中篇部門各1回を受賞している著名な詰将棋作家。詰将棋作品は「近代将棋」入選300回 以上、「将棋世界」入選200回以上、その他多数発表。また、アマ名人戦群馬県代表3回、関東アマ名人位獲得1回のアマ強豪でもある。「桑原流」の特徴は、
    ・ 実戦型…実際の対局に出現しそうな局面を元にした問題
    ・ 初手の一手に苦心がある。桑原さん自身は「初手が命の桑原流」と書いている。
    ・ 時にはゴツゴツした筋悪に見える手も出てくる、実戦的で力強い個性的な作風
    詰める力のみならず、終盤力も身につけることができる詰将棋と言われている。 ・・・」

2015年2月23日

  • 榛名図式 (バビル3世ブログ
     「・・・ どれくらい難しいのかなと思って まず1問目を解いてみる。これは、3分くらいで解けた。 13手詰めである。まあまあのレベルやなと思いながら2問目に挑戦したが大苦戦。いわゆる盲点にはまってしまったというやつである。その日 20分くらい考えたが詰まず、翌日考え直すとようやく詰んだというもの。実は、変化手順で盲点があり本筋に進めなかった。 ・・・ こんな調子ならこの本相当長くお付き合いになりそうである。 ・・・」

2015年2月18日

  • 『榛名図式』桑原辰雄詰将棋作品集 (双峰社
     「桑原辰雄著 『榛名図式』桑原辰雄詰将棋作品集
    ISBN978-4-904686-06-5/本体価格1300円+税/B6判変型・248頁
    2015年2月23日刊
    「桑原流」と呼ばれる豪快な作風で知られる著者の1987年以降に発表した詰将棋の中から120作を選んだ傑作集。
    前著『実戦に強くなるガチンコ詰将棋』の上級編。
    序文:内藤國雄九段。
    【本書の構成】
    ・11~13手詰 21題
    ・15~17手詰 70題
    ・19~29手詰 29題
    (発表年月順の掲載になっており、詰め手数は順不同) ・・・」

2015年2月17日

|

« 詰将棋メモ(2015年2月25日) | トップページ | 詰将棋メモ(2015年2月26日) »

「詰将棋の本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22735/61198458

この記事へのトラックバック一覧です: 桑原辰雄「榛名図式」:

« 詰将棋メモ(2015年2月25日) | トップページ | 詰将棋メモ(2015年2月26日) »