« 詰将棋メモ(2015年6月28日) | トップページ | 詰将棋メモ(2015年6月29日) »

推理将棋第90回解答(2)

[2015年6月28日最終更新]
推理将棋第90回出題の90-2の解答です。推理将棋は将棋についての会話をヒントに将棋の指し手を復元するパズル。はじめての方は どんな将棋だったの? - 推理将棋入門 をごらんください。

関連情報: 推理将棋第90回出題  推理将棋第90回解答(1)  (2)  (3)
  推理将棋おもちゃ箱)  推理将棋(隣の将棋)  どんな将棋だったの? - 推理将棋入門


90-2 初級  渡辺秀行さん作  歩の遅早  9手

「9手で詰められちゃったよ。最初に62金としたのがダメなのかな?」
「途中で歩が成ったのが勝負の分けめじゃないか?」

さて、どんな将棋だったのだろうか?

(条件)

  • 9手で詰んだ
  • 2手目は62金
  • 最終手以外で歩が成った

出題のことば(担当 NAO)

 歩が成るのは9手目より前。7手目に歩が成る形を推理しよう。

追加ヒント

 7手目の歩成で金を取る。


推理将棋90-2 解答  担当 NAO

▲5六歩    △6二金    ▲5五歩    △5四歩
▲同 歩    △5三金    ▲同歩成    △7二銀
▲6二金  まで9手.   

Suiri902

 歩が成ってから次の手で止めを刺す。簡単な狙いですが、2手目62金の限定だけで手順が決まります。難度ゼロ特集にふさわしい易問題でした。

 歩が成るのは最終手以外ですが、後手の歩成は62金の1手を指しているため明らかに不可能です。(実は62金を指さなくても9手詰で後手番の歩成はありません)従って、歩成は先手番の7手目と解ります。

 歩成でできた"と金"を拠点に、取った駒を打って詰みの形を描いてみましょう。
玉の周囲には金銀のほか飛の効きがあります。したがって、後手番の協力手は、62に上がった金を3段目で取らせる手と玉周辺の駒の利きを逸らす手です。

 歩が成るのはどの筋か?

  • 5筋歩成「▲56歩 △62金 ▲55歩 △54歩 ▲同歩 △53金 ▲同歩成」 →53と
  • 6筋歩成「▲66歩 △62金 ▲65歩 △64歩 ▲同歩 △63金 ▲同歩成」 →63と

 後手も歩を突いて3段目に取らせる金を上がって協力。53か63の"と金"が残り両者似たような形だが、"53と"形が42,52,62の3つの効きがあり正着。8手目の72銀が62への飛銀の効きを一度に消してぴったり。とどめは2手目と同じ62金。7手目以降「▲53同歩成 △72銀 ▲62金」まで。6筋攻め"63と"形は一手で42の退路を塞ぎながら飛金銀の効きを消すことができない。

  • 歩成までの7手詰を応用して2筋歩成は?

 9手詰の中には2筋の歩を突いて、26~25~24と進めて、7手目に23歩成と成る手順では28飛の効きを活かして9手目に"22と"で詰める形があるが、本作の場合2手目△62金と噛み合わない。

 それではみなさんの短評をどうぞ。

作者 「簡単な手順で歩による詰めが意外に早いことを知ってもらうのが狙い」

■先手は歩成まで4手掛かりますが+1手で詰む形が他にもいろいろありますね。

斧間徳子 「これぞ正に難度ゼロ問題ですね」

DD++ 「これぞ難易度ゼロ。歩成を7手目とまで書いちゃってもよかったかもしれませんね」

加賀孝志 「一直線サービス問題」

■難度ゼロ特集。他の問題もホントはこれくらいの難度で揃えたかったんです。

占魚亭 「始めも終わりも62金。一番やさしかったです」

たくぼん 「62金の呼応が美しい」

■とどめの一手は2手目と同じ手。この手で引き締まりました。

Pontamon 「最終手以外で歩が成ったとのことで、7手詰みの筋で23歩成から22と。と思いきや、2手目が62金では無理なので中央突破」

■少しでも2筋を考えてもらえてもらえましたか。

孔明 「▽6二金にミスリードされて6筋での歩成を考えていました。金なので5筋でも取れると気付いてすぐに解けました」

NNN 「始めは62金に釣られてなんとなく6筋の歩をのばしてみましたが、筋悪ですね」

■6筋も考えてもらえました。"63と"形、9手ではちょっと詰みませんでした。

小山邦明 「2手目を62金という条件が、どの歩を突いていくかを考えさせます」

飯山修 「9手で歩が成る手は限られるのでどこの歩を突くかを推理する問題」

■62金を奪う手を推理すれば簡単でした。

金少桂 「途中の歩成が7手目しか考えられない(後手の歩成は意味がなさそうなので)ので、どの歩を突くかだけ考えればいいので楽でした。これだけの条件で出動する歩が5筋に限定できちゃうところがすごい」

山下誠 「玉の死命を制すると金の位置は中央の5筋でした」

枡彰介 「5三のと金に負けは無かった。伏線の初手が良いヒントでした」

隅の老人B 「一歩、一歩で王に近づく。千里の道も一歩から、ですね」

■遅いようで早い5筋歩の中央突破。

S.Kimura 「8手目に,41の金ではなく,玉から離れた銀を動かすのが面白い」

はなさかしろう 「最終手以外で歩が成った、が巧みで、第一感を2筋に釣られてしまいました。△72銀はアシストの鑑、いつ見ても光っています」

■42の退路はと金で塞ぎ、飛銀の効きをいっぺんに消す72銀は絶好のアシスト。

諏訪冬葉 「7手目に『何か取る』から読み始めました」

■取るのは2手目に動いた金しかありません。

鈴木康夫 「余詰が有りそうに感じられましたが、ちゃんと成立しているみたいですね」

■シンプルな条件で限定されてますね。

やまかん 「角を使わないのかなと思ったら閃きました」

■歩の攻めは盲点になりやすい。


正解:20名

  飯山修さん  S.Kimuraさん  NNNさん  小木敏弘さん  斧間徳子さん
  加賀孝志さん  金少桂さん  孔明さん  小山邦明さん  鈴木康夫さん
  隅の老人Bさん  諏訪冬葉さん  占魚亭さん  たくぼんさん  DD++さん
  はなさかしろうさん  Pontamonさん  枡彰介さん  やまかんさん  山下誠さん

(当選者は全題の解答発表後に発表)

|

« 詰将棋メモ(2015年6月28日) | トップページ | 詰将棋メモ(2015年6月29日) »

推理将棋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22735/61808649

この記事へのトラックバック一覧です: 推理将棋第90回解答(2):

« 詰将棋メモ(2015年6月28日) | トップページ | 詰将棋メモ(2015年6月29日) »