« 詰将棋メモ(2015年7月11日) | トップページ | 詰将棋メモ(2015年7月12日) »

飛角詰の長手数記録

[2016年4月12日最終更新] 飛角詰・龍馬詰・立体飛角詰・立体龍馬詰 記録更新

飛角詰というのは、詰上りが飛角図式になる詰将棋。一色詰は一色図式よりメジャーな感じがするが、飛角詰はなぜか日陰の存在で、「飛角詰」という名前すらほとんど使われていない。

おもちゃ箱記録に挑戦!では各種の記録を登録しているが、詰上り趣向の長手数記録はあまり項目を立てられていない。それは、詰将棋データベースでは初形の駒種毎の枚数での検索はできるが、詰上りに対してはできないため。金一色図式は検索できるけれども四金詰は検索できないのである。

ところが、飛角詰だけは、柿木将棋のTumeBaseで検索できることに気がついた。趣向検索で飛角図式を検索できるのだが、検索局面が初形、詰上り、任意、途中の4つから選べるので、詰上りを選べば飛角詰が検索できるのだ。そこで、遅ればせながら飛角詰関連の長手数記録を調査して登録しようと思った次第。

意外に長手数の作品が少なくて、少し頑張れば記録更新できそうな手数だ。そこで、

  • これ以上の手数の既発表作品をご存じの方はコメントでご教示ください。
  • 記録を更新する作品(タイ記録は不可、双玉は不可)を創作できた方は、どの項目を更新する作品か明記してメール(omochabako@nifty.com     TETSUまで)で記録展示室にご投稿ください。2015年8月20日を一応締め切りとして、その時点の記録作を展示室にて出題します(更新された投稿作はボツ)。同手数は早い者勝ち。投稿作も含め、現在の記録手数は順次この記事で更新します。

1.飛角詰(詰上りが玉と飛角4枚。成生は任意)

2.純飛角詰(詰上りが玉と飛角4枚。すべて生駒)

3.龍馬詰(詰上りが玉と龍馬4枚)

4.立体飛角詰(初形と詰上りが玉と飛角4枚。成生は任意)

5.立体純飛角詰(初形と詰上りが玉と飛角4枚。すべて生駒)

6.立体龍馬詰(初形と詰上りが玉と龍馬4枚)

7.純飛角図式の龍馬詰(初形と詰上りが玉と飛角4枚。初形はすべて生駒、詰上りはすべて成駒)

  • 見つからず

8.完全立体飛角詰(全局面が玉と飛角4枚。成生は任意。当然持駒はなしになる)

記録を狙う方は25手以上で。

9.完全立体純飛角詰(全局面が玉と飛角4枚。すべて生駒。当然持駒はなしになる)

10.完全立体龍馬詰(全局面が玉と龍馬4枚。当然持駒はなしになる)

11.龍馬図式の純飛角詰(初形と詰上りが玉と飛角4枚。初形はすべて成駒、詰上りはすべて生駒)

7、純飛角図式の龍馬詰すら存在していないので、項目としてあげてなかったのですが、網羅性を考慮して追加しておきます。夢の詰将棋に入れた方がよいのかも。 (2015年10月7日)

  • 見つからず

|

« 詰将棋メモ(2015年7月11日) | トップページ | 詰将棋メモ(2015年7月12日) »

「詰将棋ネットイベント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22735/61872273

この記事へのトラックバック一覧です: 飛角詰の長手数記録:

« 詰将棋メモ(2015年7月11日) | トップページ | 詰将棋メモ(2015年7月12日) »