« 詰将棋メモ(2015年11月23日) | トップページ | 詰将棋メモ(2015年11月24日) »

推理将棋第96回出題(12月20日まで)

[2015年12月29日最終更新] 96-3解答、第96回出題当選者

度重なる余詰めで申し訳ありません。
96-2再修正。"角打ちまで"15手で詰んだ。【】条件を追加いたします。
会話文「【角打ちまでの】15手で仕上げてやったぜ」
条件文「【角打ちまでの】15手で詰んだ」
(11月29日NAO)

96-3修正も余詰がありました。再度の修正(成駒→直前の手で成った駒)で申し訳ありません。
(11月26日NAO)

96-2および96-3は余詰がありました。 粗検深くお詫び申し上げます。

  • 96-2:不手際があり修正前の問題を出題してしまいました。修正版に差し替えいたします。
  • 96-3:「駒を取らない1筋の手が1手だけあった」を追加して修正といたします。

なお、解答につきましては元の条件を満たしていれば正解とさせていただきます。
(11月25日 NAO)

将棋についての話をヒントに将棋の指し手を復元するパズル、推理将棋の第96回出題です。はじめての方は どんな将棋だったの? - 推理将棋入門 をごらんください。

解答、感想はメールで2015年12月20日までにTETSUまで (omochabako@nifty.com) メールの題名は「推理将棋第96回解答」でお願いします。解答者全員の中から抽選で1名に賞品リストからどれでも一つご希望のものをプレゼント! 1題でも解けたらぜひご解答ください。

推理将棋第96回出題  担当 NAO

今月は9手易問から15手難問まで3題を出題いたします。

初級は簡素な二条件9手詰。マイスター渡辺さんからの易問を出題します。
中級はチャンプさんの美野樫九兄妹シリーズの第10弾15手詰。隆二と七海、歳の離れた兄妹二人がコンビを組んで戦います。
上級は骨のある15手詰。今年もトリははなさかしろうさんから本格推理問題の出題です。


◇年賀推理将棋の作品募集◇

恒例の年賀推理将棋特集を年末に出題する予定です。難易度問わず作品を募集します。投稿〆切12月4日。

  • 第97回、98回出題:年末年始、年賀詰("2016", "16", "28", "11", 干支"申"、にちなんだ推理将棋)

その他、下記特集を予定。作品募集中です。

  • 第99回出題:9手詰(究極の9手、難解作)
  • 第100回出題:10手詰+難度ゼロ
  • 第101回出題:10手詰+1条件

■本出題

今回より作者の敬称は省略させていただきます。


■締め切り前ヒント (12月13日 NAO)

締め切り前ヒントです。
96-1 初級: 6手目は51に金を寄る手。
96-2 中級: 8手目は同銀。15手目は6回目の22地点着手。
96-3 上級: 駒成りは6手目△17角成と13手目▲11香成。両王手で詰み。


96-1 初級 渡辺秀行 作  金引の謎 9手

「謎だなぁ、この41金引という棋譜は。たった9手で詰んだというのに」
「2手目と3手目は同じ筋に指したんだね」

さて、どんな将棋だったのだろうか?

(条件)

  • 9手で詰んだ
  • 41金引という棋譜表記があった
  • 2手目と3手目は同じ筋に着手した

96-2 中級 チャンプ 作 美野樫9兄妹の一局(その10) 15手

健一「九美があんなに強くなってたとは驚きだな」
六実「八重ちゃんが一番相手になってあげたんだよね~」
八重「勝って当然ですわ」

隆二「兄貴、今日はやけに静観だな、やらないのかい?」
健一「ああ、なんか見てる方が面白くなってきてな」
隆二「らしくないこともあるもんだな」
健一「お前こそ、まだ物足らない感じなんじゃねぇのか?」
隆二「そうかもな、じゃ次は七海と二人で行かせてもらおうか」
七海「え・・・わたくしとですか?」
九美「おぉー?二人でするのぉー?」
隆二「引き立て役二人で敵を蹴散らしてやろうぜ」
七海「予期せぬ事態に動揺を隠せません・・・」

源三「なんや、珍しいペアで行きよったな」
六実「隆ちゃん頼りになるから大丈夫よ~」
四郎「ああ見えて七海も相当強いからね」

隆二「こっちの先手だな、さぁ行くぜ七海」
七海「は、はい・・・」

・・・対局開始・・・

四郎「あ、終わったみたいだよ」

隆二「角打ちまでの15手で仕上げてやったぜ」
隆二「俺と七海、二人で交互に指してやったよ」
隆二「成る手は無かったが、お互い角を打つ手があったな」
隆二「成る手は無かったが、同じ地点に6回も着手があったな」
七海「・・・察するに10手目の△33玉が問題かと」

圭五「二人ともすげぇー!息の合ったパス回しに感動したぜー」
源三「ほぉ・・・やりよるなぁ・・・」

さて、どんな将棋だったのだろうか?

(条件)

  • 角打ちまでの15手で詰んだ
  • 先手は2筋と7筋の手を交互に指した(初手は2筋か7筋のいずれか)
  • 成る手は無かった
  • 先手後手ともに角打ちがあった
  • 同一の地点に6回着手があった
  • 10手目は△33玉

96-3 上級 はなさかしろう作 一番街の駒取り祭 15手

「どうだった? 最近町が静かすぎるから、リアル将棋祭を企画したんだけど」
「うん、面白かったよ。15手で詰んだみたいだけど、その間に直前の手で成った駒が2回と生駒が3回も取られたからね。しかも駒取りはすべて、目の前の1筋で起きたからラッキーだった。駒を取らない1筋の手はたったの1手だけだったよ
「そりゃなんたって駒取りが華だから、特別観覧席のある一番街でやる決まりなのさ」
「なるほどそういうことか。実は、なにしろ盤が大きいから、局面がどうなっているのかまではよくわからなかったんだ。先手が歩の手を1回だけ指したのと、その手に対して後手が三段目の手で応じたのが、ちょっと変わってるなぁとは思ったんだけど」
「やっぱり見づらいかぁ。大型スクリーンとかドローンとか、工夫がいるかなぁ」

さて、どんな将棋だったのだろうか?

(条件)

  • 15手で詰んだ
  • 駒取りは1筋のみで、直前の手で成った駒が2回、生駒※が3回取られた
  • 駒を取らない1筋の手が1手だけあった
  • 先手唯一の歩の手に対して後手は三段目の手で応じた

※生駒というのは成駒ではない駒のことです。


推理将棋の問題も募集しています

このコーナーで出題する問題を募集します。入門用の易しい問題を歓迎。作者名、問題、解答、狙いなどを記入して「推理将棋投稿」の題名でTETSUにメール(omochabako@nifty.com)してください。

|

« 詰将棋メモ(2015年11月23日) | トップページ | 詰将棋メモ(2015年11月24日) »

推理将棋」カテゴリの記事

コメント

今回の問題については担当切り替えの直前で余詰め筋に気がついて修正したので、NAOさんに上手く伝わってなかったようです。ちゃんと1から問題文を送り直すべきでした。お手数をお掛けして申し訳ありません。とはいえ果たして修正前の条件下で余詰め筋に気が付く方がいるかどうか、実はそちらの方にも興味があったりするので、結果オーライかもしれません(笑)
また、遅くなりましたが渡辺さんより「美野樫」という苗字に何か意味があるのか?という質問に回答をさせて頂きます。といっても特に意味なんて無いんですが、作品化するにあたって9兄妹の下の名前だけでは何となく味気無いなと思い、ちょうど観ていたプロ野球で見逃し三振の場面があって、ゴロが面白いから「美野樫」にするか!みたいなノリで付けました。それとこの作品の大会は冷静に考えるとおかしな点がいくつかあります。 一例として美野樫メンバーは複数人数で一つの将棋を指しています。大会なのにそれってどういうこと?そういった疑問に対してや、もし余詰めがあった場合は見逃して頂きたいなという思いも含まれています(笑)幸いなことに後者につきましては、DD++さんとNAOさんの検討力のおかげで今まで奇跡的に余詰めが無い状態が続いているのは有り難いことです。最後までこのまま行けるか?作者的には1つの目標でもあります。
今後とも9兄妹をよろしくお願いします。以上、長文失礼しました。

投稿: チャンプ | 2015.11.26 00:44

チャンプさん、「美野樫」のいきさつについてコメントありがとうございます。

投稿: NAO | 2015.11.28 10:19

"今まで奇跡的に余詰めが無い状態が続いて"いましたが、96-2の修正条件についても余詰があり、多数の方からそのご指摘をいただきました。粗検申し訳ありません。再修正までいま少しお待ちください。

投稿: NAO | 2015.11.28 10:20

96-3の余詰、大変申し訳ございません。
場合分けして検討していながら、なぜこんなにたくさんの余詰筋を見逃していたのやら、茫然としております。

複数の余詰手順を頂いておりますが、現在までに頂いた分につきましては
以下の修正で回避しています。

•15手で詰んだ
•駒取りは1筋のみで、直前の手で成った駒が2回、生駒が3回取られた
•先手唯一の歩の手に対して後手は三段目の手で応じた

なお、一度目の修正で導入した以下の条件は、二度目の修正の結果、付け足しになりました。

•駒を取らない1筋の手が1手だけあった

条件がミニマムでないと裏推理などの手段が使いにくいかもしれないため、
一旦整理したく、ご連絡する次第です。
もしよろしければ、修正条件でも解いていただけると幸いです。

投稿: はなさかしろう | 2015.11.28 20:16

締め切り前ヒントです。

96-1 初級: 6手目は51に金を寄る手。
96-2 中級: 8手目は同銀。15手目は6回目の22地点着手。
96-3 上級: 駒成りは6手目△17角成と13手目▲11香成。両王手で詰み。

投稿: NAO | 2015.12.13 02:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22735/62738987

この記事へのトラックバック一覧です: 推理将棋第96回出題(12月20日まで):

« 詰将棋メモ(2015年11月23日) | トップページ | 詰将棋メモ(2015年11月24日) »