« 詰将棋メモ(2016年4月22日) | トップページ | 詰将棋メモ(2016年4月23日) »

推理将棋第101回出題(5月20日まで)

[2016年5月28日最終更新] 101-3解答、第101回出題当選者

将棋についての話をヒントに将棋の指し手を復元するパズル、推理将棋の第101回出題です。はじめての方は どんな将棋だったの? - 推理将棋入門 をごらんください。

解答、感想はメールで2016年5月20日までにTETSUまで (omochabako@nifty.com) メールの題名は「推理将棋第101回解答」でお願いします。 解答者全員の中から抽選で1名に賞品リストからどれでも一つご希望のものをプレゼント! 1題でも解けたらぜひご解答ください。

推理将棋第101回出題  担当 NAO

今月は第101回に因んで「10手詰1条件」特集。

初級と中級は前回に引き続き、渡辺さんの10手詰1条件作品。前回「難度ゼロ」よりは、少し難しめの作品を選題です。上級は担当からの出題。具体的な棋譜情報がない分、上級としましたがこれが1番易しく感じられるかもしれません。

初級、中級、上級と分けましたが、通常出題ならいずれも難度は中級クラスです。シンプルな1条件は解くためのヒント情報が少なく、読みの迷路に入って意外に難しく感じられることも多くあります。推理のツボを押さえて手順を導いてください。


■本出題


■締め切り前ヒント (5月13日 NAO)

締め切り前ヒントです。

101-1初級:67経由で76地点まで玉が進出。
101-2中級:48地点の飛に更に"角の効き"で取りを掛ける手が36歩。
101-3上級:初手76歩。


101-1 初級  渡辺秀行 作   75飛まで   10手

「どうだ!10手目この75飛で詰みだ」
「参りました」

さて、どんな将棋だったのだろうか?

(条件)

  • 10手目75飛で詰んだ

101-2 中級  渡辺秀行 作   念には念を   10手

「9手目相手の飛を取っても良かったんだけどね。念には念を入れて、36歩と指してさらにその飛に取りをかけたんだよ」
「そんな悠長なことしているから10手目に詰まされるんだよ」

さて、どんな将棋だったのだろうか?

(条件)

  • 10手で詰んだ
  • 9手目の36歩は取れる飛にさらに取りをかける手

101-3 上級  NAO 作 ダンシングクイーン  10手

「70年代の洋楽がBGMとは懐かしいね。将棋の調子はどうだい?」
「おかげさまで右へ左へ軽やかなステップを踏んで10手で詰ませたよ。隣り合う2つの筋をA、Bとすると着手した筋は『ABBA、ABBA、AB』の順番だったんだ」

さて、どんな将棋だったのだろうか?

(条件)

  • 10手で詰んだ
  • 隣り合う2つの筋をA、Bとすると、着手した筋は"ABBAABBAAB"の順番だった

推理将棋の問題も募集しています

このコーナーで出題する問題を募集します。入門用の易しい問題を歓迎。作者名、問題、解答、狙いなどを記入して「推理将棋投稿」の題名でTETSUにメール(omochabako@nifty.com)してください。

|

« 詰将棋メモ(2016年4月22日) | トップページ | 詰将棋メモ(2016年4月23日) »

推理将棋」カテゴリの記事

コメント

締め切り前ヒントです。

101-1初級:67経由で76地点まで玉が進出。
101-2中級:48地点の飛に更に"角の効き"で取りを掛ける手が36歩。
101-3上級:初手76歩。

投稿: NAO | 2016.05.13 07:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22735/63523584

この記事へのトラックバック一覧です: 推理将棋第101回出題(5月20日まで):

« 詰将棋メモ(2016年4月22日) | トップページ | 詰将棋メモ(2016年4月23日) »