« 詰将棋メモ(2016年5月21日) | トップページ | 詰将棋メモ(2016年5月22日) »

推理将棋第102回出題(6月20日まで)

[2016年6月30日最終更新] 102-3解答、第102回出題当選者

将棋についての話をヒントに将棋の指し手を復元するパズル、推理将棋の第102回出題です。はじめての方は どんな将棋だったの? - 推理将棋入門 をごらんください。

解答、感想はメールで2016年6月20日までにTETSUまで (omochabako@nifty.com) メールの題名は「推理将棋第102回解答」でお願いします。 解答者全員の中から抽選で1名に賞品リストからどれでも一つご希望のものをプレゼント! 1題でも解けたらぜひご解答ください。

推理将棋第102回出題  担当 NAO

短編推理将棋では、前回出題のように簡素な1条件だとヒントが少なすぎて難しくなる面があり、他方4条件以上だと煩雑で条件が覚えにくくなる面があって、2~3条件くらいがちょうど取り組みやすいと思います。さて、今月は面白いテーマの作品が揃いましたので、第102回に因んだ「10手詰2条件」の3題を出題します。

初級はPontamonさんから"フナリ"がテーマの易しい作品。不成と歩成、両方の"フナリ"を手順に織り込みます。

中級はフェアリー短編で活躍中の上谷さんが初登場。最大の"駒移動"を10手詰で実現します。

上級は金少桂さんから、"歩頭"がテーマの作品。如何に多く"歩頭"に着手できるか、謎を解き明かしましょう。


■本出題


■締め切り前ヒント (6月12日 NAO)

締め切り前ヒントです。

102-1初級:7段目に不成の歩を8段目で成る。
102-2中級:先手は成った馬を2回続けて引き、後手は単騎の龍を1段目から9段目に移動する。
102-3上級:『先手の歩頭』への着手は5、6、8手目。『後手の歩頭』への着手は3、5、10手目。5手目が『先手の歩頭』と『後手の歩頭』を兼ねる。


102-1 初級  Pontamon 作   2つのフナリ  10手

「10手で詰んだ対局で歩成が2回あったと聞いたけど、本当?」
「歩成りが2回じゃなくて、不成と同歩成の着手があったんだよ」

さて、どんな将棋だったのだろうか?

(条件)

  • 10手で詰んだ
  • 不成の着手があった
  • 同歩成の着手があった

102-2 中級  上谷直希 作   最遠移動    10手

「10手で勝ったらしいね。どんな対局だったの?」
「最後は最遠移動で詰ませたよ。あとは、成駒を連続で動かす手順が双方にあったなあ」

さて、どんな将棋だったのだろうか?

(条件)

  • 10手で詰んだ
  • 止めは最遠移動(10手目は8マス分動く手)
  • 先後双方ともに成駒を連続して動かした

102-3 上級  金少桂 作    不当な関係   10手

「隣の10手で詰んだ将棋、歩頭への着手がやたらと目立っていたね」
「数えてみたら、"先手の歩頭"への着手が3回、"後手の歩頭"への着手も3回あったよ」

さて、どんな将棋だったのだろうか?

(条件)

  • 10手で詰んだ
  • 『先手の歩頭』への着手が3回
  • 『後手の歩頭』への着手が3回

推理将棋の問題も募集しています

このコーナーで出題する問題を募集します。入門用の易しい問題を歓迎。作者名、問題、解答、狙いなどを記入して「推理将棋投稿」の題名でTETSUにメール(omochabako@nifty.com)してください。

|

« 詰将棋メモ(2016年5月21日) | トップページ | 詰将棋メモ(2016年5月22日) »

推理将棋」カテゴリの記事

コメント

表紙で、102回へのリンクのはずが100回へのリンクになっています。

投稿: 渡辺 | 2016.05.23 00:11

渡辺さん、ご指摘ありがとうございます。修正しました。

投稿: TETSU | 2016.05.23 14:03

締め切り前ヒントです。

102-1初級:7段目に不成の歩を8段目で成る。
102-2中級:先手は成った馬を2回続けて引き、後手は単騎の龍を1段目から9段目に移動する。
102-3上級:『先手の歩頭』への着手は5、6、8手目。『後手の歩頭』への着手は3、5、10手目。5手目が『先手の歩頭』と『後手の歩頭』を兼ねる。

投稿: NAO | 2016.06.12 06:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22735/63665481

この記事へのトラックバック一覧です: 推理将棋第102回出題(6月20日まで):

« 詰将棋メモ(2016年5月21日) | トップページ | 詰将棋メモ(2016年5月22日) »