« 詰将棋メモ(2016年7月23日) | トップページ | 詰将棋メモ(2016年7月24日) »

推理将棋第104回出題(8月20日まで)

[2016年9月4日最終更新] 104-3解答、第104回出題当選者

104-3について、斧間徳子さんから余詰めのご指摘をいただきました。粗検深くお詫び申し上げます。
次のように会話文と条件を変更して修正といたします。

104-3修正
会話文:「駒を取る手が3回もあったねぇー」
→「駒を取る手が3回もあったけどぉ、3回とも桂で取る手だったねぇー」
条件文:「駒を取る手が3回あった」
→「3回あった駒取りは全て桂で取る手だった」

なお、解答につきましては元の条件を満たしていれば正解とさせていただきます。

(7月31日 NAO)

将棋についての話をヒントに将棋の指し手を復元するパズル、推理将棋の第104回出題です。はじめての方は どんな将棋だったの? - 推理将棋入門 をごらんください。

解答、感想はメールで2016年8月20日までにTETSUまで (omochabako@nifty.com) メールの題名は「推理将棋第104回解答」でお願いします。 解答者全員の中から抽選で1名に賞品リストからどれでも一つご希望のものをプレゼント! 1題でも解けたらぜひご解答ください。

推理将棋第104回出題  担当 NAO

7月17日、今年も詰将棋全国大会に参加し、ツメキスト、スイリストの皆さまと熱く楽しいひとときを過ごしました。

さて、今月の出題は、初級10手、中級13手、上級14手の3問。

初級は、絶好調のPontamonさんの簡素な10手詰作品を出題。最終手のみの指定でどんな手順が飛び出すでしょうか。

中級は、初登場のほっとさんの記念作品を出題。毎月名古屋で開催されている詰将棋の会合、香龍会が300回を迎えられるとのこと、おめでとうございます。

上級はチャンプさんの美野樫九兄妹シリーズから出題。今回は、健一、隆二、八重、九美が登場。年の離れた四兄妹が繰り出すサイド攻撃が見所です。


■本出題


■締め切り前ヒント (8月13日 NAO)

締め切り前ヒントです。

104-1初級:68地点で取った銀を87地点に打つ。
104-2中級:9手目の同飛成で取った香を龍頭に打つ。
104-3上級:29桂成で取った桂を8筋に打つ。先手玉は8筋で詰まされる。


104-1 初級 Pontamon 作  87銀まで          10手

「この87銀で詰みだね」
「ありゃ、10手で負けちゃった」

さて、どんな将棋だったのだろうか?

(条件)

  • 10手目の87銀で詰んだ

104-2 中級 ほっと 作   香龍会300回記念対局    13手

「記念対局を指したんだって?」
「そうそう、僕が先手なんだけど、途中で、僕の香のすぐ下に龍が居る局面が出現したよ。つまり、先手から見てこんな配置だね」

Kyouryuu

「へえ、珍しい形だね」
「それがさあ、その直後に後手は龍頭の香を取る手を指してきたんだよ。
 せっかくの配置を崩すなんて、呆れたよ。まあ、13手目で詰まして勝ったけどね」
「勝ったならいいじゃん。で、盤上に龍があるということは、成る手を指したんだね」
「うん、飛車を3マス移動させて成ったよ。飛成以外の成る手は、先手が0回、後手も0回だった」
「今、ゼロを無理矢理2回使ったね……」

さて、どんな将棋だったのだろうか?

(条件)

  • 13手で詰んだ
  • 先手は香・龍を縦に並べたが、その直後に龍頭の香を後手に取られた。
  • 先手は飛をマス移動させて成る手を指した。
  • 飛成以外の成る手は、先手が回、後手が回。

104-3 上級 チャンプ 作 美野樫9兄妹の一局(その12)  14手

健一「ようやく源三もエンジン全開ってとこだな」
四郎「六実のお陰だね」
源三「スマンかったな六実、気ぃ遣わせてもうて」
六実「ん~?なんのこと~?」
隆二「やれやれ・・・(どうやら買い被り過ぎのようだぜ)」

八重「九美、戦の支度はよろしくて?」
九美「いつでも行けるよぉー」
健一「お、それなら隆二俺たちも一緒にどうだ?」
隆二「兄貴に誘われちゃ断れないな」
圭五「よっしゃー!サイド攻撃で崩してオレのヘディングが炸裂って、おーい!」
七海「4人で行ってしまわれました・・・」

九美「ウチ達の後手だよぉー」

・・・対局開始・・・

圭五「ストライカー不在で誰がシュート決めるんだよー!」
四郎「ははは、でも心配いらなかったみたいだよ?」

隆二「ちゃんと14手で詰ましておいたぜ」
八重「ま、熱い方がいなくとも快勝ですわ」
健一「そういや全員、成も不成も付かない桂の手を指してたよな?」
九美「駒を取る手が3回もあったねぇー」
九美「駒を取る手が3回もあったけどぉ、3回とも桂で取る手だったねぇー」

さて、どんな将棋だったのだろうか?

(条件)

  • 14手で詰んだ
  • 後手は1、2、8、9筋への着手のみで4つ全ての筋で成も不成も付かない桂の着手があった
  • 駒を取る手が3回あった
  • 3回あった駒取りは全て桂で取る手だった

推理将棋の問題も募集しています

このコーナーで出題する問題を募集します。入門用の易しい問題を歓迎。作者名、問題、解答、狙いなどを記入して「推理将棋投稿」の題名でTETSUにメール(omochabako@nifty.com)してください。

|

« 詰将棋メモ(2016年7月23日) | トップページ | 詰将棋メモ(2016年7月24日) »

推理将棋」カテゴリの記事

コメント

締め切り前ヒントです。

104-1初級:68地点で取った銀を87地点に打つ。
104-2中級:9手目の同飛成で取った香を龍頭に打つ。
104-3上級:29桂成で取った桂を8筋に打つ。先手玉は8筋で詰まされる。

投稿: NAO | 2016.08.13 00:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22735/63959532

この記事へのトラックバック一覧です: 推理将棋第104回出題(8月20日まで):

« 詰将棋メモ(2016年7月23日) | トップページ | 詰将棋メモ(2016年7月24日) »