« 詰将棋メモ(2017年2月26日) | トップページ | 詰将棋メモ(2017年2月27日) »

大道棋よもやま話 第34回 金問題の新展開 その3

[2017年2月27日最終更新]
詰将棋パラダイスで連載中の記事です。詰パラでスペースの関係で掲載できなかった資料全文なども補足していきます。

関連情報: 大道詰将棋よもやま話  ドキドキストリート (おもちゃ箱


詰将棋パラダイス 2016年2月号掲載
大道棋よもやま話  第34回 金問題の新展開 その3  加藤 徹

 金問題の新展開、その3では双玉の金問題を考えてみます。

 92玉型の金問題では、95玉や96玉を配置した問題がよくあります。持駒は金ではなく銀のことが多く、これは83銀、72銀不成から83馬という誘い手を作るためです。

Y034a

 逆王手(83桂合など)のために双玉にすることが多いですが、玉の利きを利用して詰める問題もあります。

 95玉型の金問題では双玉は珍しく、調べたところ10題しかありませんでした。詰方の玉位置は35、47、52、53、68、69、78、82と様々です。

 形が広がったり不自然になったりで、好形の良問題を作るのは難しいようです。なるべく自然な配置で、手順もおもしろく発展性のある問題が作れないでしょうか。

Y034b

 昨年ドキドキ展示室の金問題特集で出題した問題(29手)。58銀が動いて詰むのですが、58玉にすればその手はなくなります。実際に58玉を置いてあれこれ試してみたら、いろいろとおもしろい手順が成立するようです。今月出題しましたので、ぜひ挑戦を。

◇大道棋33 小山邦明 正解

Y033

 96金、84玉、87香、86飛合、85金、同飛、同香、同玉、86飛、75玉、
36飛、84玉、87香、85角合、同香、同玉、86飛、75玉、42角、53香合、
 同角成、同歩、36飛、84玉、87香、85角合、同香、同玉、86馬、84玉、
 62角、73香合、同銀不成、同桂、同角成、同玉、64馬、84玉、87香、85桂合、
 同香、93玉、83香成、同玉、84歩、同玉、96桂、83玉、86飛、72玉、
82飛成、61玉、73桂、51玉、52龍、同玉、53金、51玉、52歩、41玉、
 42金迄61手。

72玉は63金、81玉、93桂、92玉、32飛成以下。
すぐに93玉は85桂、84玉、73桂成、95玉、96飛、同玉、86馬迄。
72玉は63金、61玉、31飛成以下。

 86馬から73でばらす従来の筋なので解きやすく、61手の長手数に20名を超える解答が。

 52歩43歩が飛成を邪魔しているため、

  • 42角として52歩を53に上げる
  • 飛を3筋(より右)に振る

という工夫が必要。もっとも46飛としても86飛から振り直せば大丈夫。

 64馬以降も85桂捨合、龍捨てと見応えのある手順が続く。最後は駒も余らずぴったり詰み、好評だった。

 ワナも随所にあり、奉納も続出。

96飛。86香の捨合で逃れ。
96馬、84玉、62角。73金合で逃れ。

その他変別や逃げ間違えも。

 43歩はで63馬(63金)以下の余詰防ぎ。実戦では省いてよいかも。

山下誠「4度の角香交換から飛車を成りこむ意表の展開。これが作意ならば駒も余らず素晴らしい新作です。」

★全短評をおもちゃ箱で掲載。

【正解者】 解答23名、正解19名 (省略)
【当選者】 (省略)

◇懸賞詰将棋 大道棋34 加藤徹

Y034

 初の58玉型金問題。30手前後、駒余り。大道棋屋さん84を指さして「この辺で詰むよ」

 解答は2月末までに下記(省略)まで。最終手と手数(と短評)だけでOKです。

 正解者から抽選で2名に大道棋類型辞典などを贈呈。


注1)上記のドキドキNo.95の解説はこちらから。

注2)上記のドキドキ展示室No.47の解説はこちらから。

注3)上記の大道棋33の解説および全短評はこちら。

注4)上記の大道棋34の解答募集は終了しています。解説および全短評はこちら。

|

« 詰将棋メモ(2017年2月26日) | トップページ | 詰将棋メモ(2017年2月27日) »

大道詰将棋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22735/64946966

この記事へのトラックバック一覧です: 大道棋よもやま話 第34回 金問題の新展開 その3:

« 詰将棋メモ(2017年2月26日) | トップページ | 詰将棋メモ(2017年2月27日) »