« 詰将棋メモ(2017年3月27日) | トップページ | 詰将棋メモ(2017年3月28日) »

大道棋よもやま話 第37回 金問題の新展開 その5

[2017年3月28日最終更新]
詰将棋パラダイスで連載中の記事です。詰パラでスペースの関係で掲載できなかった資料全文なども補足していきます。

関連情報: 大道詰将棋よもやま話  ドキドキストリート (おもちゃ箱


詰将棋パラダイス 2016年8月号掲載
大道棋よもやま話  第37回 金問題の新展開 その5  加藤 徹

 大道棋ファンにとって明るいニュースが入りました。以前、大道棋教室を担当していたあっちゃんが復帰し、11月号から大道棋教室を再開するとのこと。半年に3~4題ベースだそうですが、どのような形になるのか、楽しみですね。

 ブログも「あっちゃんずぶろぐ3」で再開、自作大道棋の好作を紹介しています。

 さて、一休みしていた金問題の新展開、小山邦明さんが54銀型の金問題を見て、53銀型もおもしろいのではないかと検討して、投稿していただきました。今回はそれを懸賞出題します。

 詰方53銀の金問題は珍しいので、どんな感じになるのか、トレーニング問題を作ってみました。まずはこちらでご研究ください(25手)。

Y037a

 前回は金少桂さんの角香問題を出題しました。大道棋36の解答の前に、前回紹介したドキ展53の解答を書いておきましょう。

 82香、92玉、83角、93玉、94角成、同玉、54龍、74銀合、同龍、同飛、
 61角、84玉、74と、同玉、65銀、63玉、64飛、73玉、74飛、82玉、
 72飛成、93玉、83龍迄23手

 84香や63角という有力な誘い手の中でびっくり香短打。龍切りを取らずに74銀合、61角の離し打ちと攻防の妙手があり、おもちゃ箱出題時にもかなり解答者を悩ませた好作です。

 おもちゃ箱展示室の6月出題は詰パラ連動企画で角香問題特集でした。この中から双子問題を紹介します。

Y037b

 この図がドキ展57。そして、この図から55銀を金に置き替えた図がドキ展58です。銀と金で何が変わるのでしょうか。答はおもちゃ箱のドキドキストリートで。

◇大道棋36 金少桂 正解

Y036

 63角、72歩合、84香、83銀合、72角成、同角、83香、同角、82歩、92玉、
 81銀、93玉、83と、同玉、61角、93玉、94龍、82玉、72角成迄19手。

 84香が初級者向けの誘い手で、83桂中合で逃れる(銀合は詰み)。

 63角の捨駒が中級者向けの誘い手。同角に84龍が客の読み筋だが、72歩の捨て合が妙防。取れば同角で83に利いてきて逃れ。

 そこで84香とすれば、今度桂合なら41龍で簡単。72に利かせる83銀の受けが絶対で、72角成から83香と2枚の合駒を取って収束する。

波多野賢太郎「王手に対する合駒の変化が存分に楽しめて、この型の原型と言える作品だと思いました。駒数が少なく、手を出しやすいのも良いですね。」

長谷繁蔵「84香から入って一本取られる。初手63角には72桂合と思ったが歩合だった。」

★全短評をおもちゃ箱で掲載。

【正解者】 解答23名、全員正解 (省略)
【当選者】 (省略)

◇懸賞詰将棋 大道棋37 小山邦明

Y037

 53銀型の金問題。65が空いているが64馬があるので大丈夫。40手台、とどめは馬。

 解答は8月末までに下記(省略)まで。最終手と手数(と短評)だけでOKです。

 正解者から抽選で2名に大道棋類型辞典などを贈呈。


注1)上記のドキドキ展示室No.57,58の解説はこちらから。

注2)上記の大道棋36の解説および全短評はこちら。

注3)上記の大道棋37の解答募集は終了しています。解説および全短評はこちら。

|

« 詰将棋メモ(2017年3月27日) | トップページ | 詰将棋メモ(2017年3月28日) »

大道詰将棋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22735/65075075

この記事へのトラックバック一覧です: 大道棋よもやま話 第37回 金問題の新展開 その5:

« 詰将棋メモ(2017年3月27日) | トップページ | 詰将棋メモ(2017年3月28日) »