« 歩一色図式と豆腐図式 | トップページ | 5月の詰将棋 »

eureka作品集(40)

[2017年4月20日最終更新]
eurekaは、詰将棋創作プログラミングの取り組みで、コンピュータとTETSUが協力して創作した作品で使用しているペンネームである。作品は詰将棋創作プログラミング 17 eureka作品集でまとめている。各作品について解答、解説を順次掲載していく。

eureka作品集(40) 創作プログラミング 作品40

Tst040 作品40 eureka 39手

左右対称角一色図式

  • 詰将棋デパート4
     (詰将棋パラダイス 2017年1月)

▲5二銀打  △同 玉(51)▲5三角成(17)△6一玉(52)▲7三桂打△7二玉(61)
▲8四桂打  △8二玉(72)▲8一桂成(73)△9三玉(82)▲8五桂打△9四玉(93)
▲8三銀打  △同 玉(94)▲8二成桂(81)△9四玉(83)▲9三桂成(85)△同 玉(94)
▲9二桂成(84)△9四玉(93)▲8三銀打△9五玉(94)▲8六馬(53)△8四玉(95)
▲7五馬(86)△9五玉(84)▲9四銀成(83)△同 玉(95)▲9三成桂(92)△9五玉(94)
▲8六馬(75)△8四玉(95)▲8三成桂(82)△7四玉(84)▲6四馬(86)△8五玉(74)
▲7五馬(64)△9六玉(85)▲8六馬(75)
まで39手詰

詰将棋パラダイス2017年1月号詰将棋デパートでのeureka特集の4作目。

作品38と同様、詰将棋創作プログラミング 9 中央の角一色図式での、玉を角2枚で挟んでいる形での左右対称角一色図式の創作を、角挟み以外の配置に探索を拡張して創作したものである。

作品38でも書いたが、解答者向け、鑑賞者向けという観点でいえば、本作はまさに鑑賞者向けの作品。純対称無防備角一色図式、持駒銀桂3枚ずつという美しい初形から繰り出される銀桂のきれいな駒捌き。ぜひ、並べて鑑賞していただきたい。

幸い解答者にも好評だったが、変化が多く、それを読むことが作意鑑賞の妨げになるのではないかと危惧していた。鑑賞者の立場からは、作者が作意との関係で狙いとしている変化紛れ以外は気にしない方がすっきり鑑賞できる。その意味で、上記手順にはあえて変化手順は記載しなかった。

詰将棋パラダイス2017年4月号で、作品37から41の解説と解答者の短評を読むことができる。詰将棋パラダイス誌の入手方法は下記を参照。


柿木義一さんの Kifu for Flashを使わせていただいています。手順が鑑賞できない場合はFlash Playerをインストールしてください。

棋譜ファイルはブラウザで表示すると表示が乱れることがあります。ダウンロードしてKifu for Windows(柿木の将棋ソフトウェアにあります)や柿木将棋などで開いてください。

|

« 歩一色図式と豆腐図式 | トップページ | 5月の詰将棋 »

eureka作品集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22735/65172895

この記事へのトラックバック一覧です: eureka作品集(40):

« 歩一色図式と豆腐図式 | トップページ | 5月の詰将棋 »