« 詰将棋メモ(2017年8月11日) | トップページ | 詰将棋メモ(2017年8月12日) »

推理将棋第113回解答(1)

[2017年8月12日最終更新]
推理将棋第113回出題の113-1の解答です。推理将棋は将棋についての会話をヒントに将棋の指し手を復元するパズル。はじめての方は どんな将棋だったの? - 推理将棋入門 をごらんください。

関連情報: 推理将棋第113回出題  推理将棋第113回解答(1)  (2)  (3)
  推理将棋おもちゃ箱)  推理将棋(隣の将棋)  どんな将棋だったの? - 推理将棋入門


推理将棋の結果稿の遅延が続いており、皆様にはご迷惑とご心配をおかけしております。

昨年末に担当の身内の不幸がありました。 2月までは諸々あり全く推理将棋に関わることができず、その後は落ち着きましたが公私とも忙しくなり担当の怠慢もあって現在まで積み残しのまま解説をこなせないままでいるのが現状です。 この間、多数の方々から健康面への心遣い、励ましのお言葉、お叱りのお声を賜りました。 ありがとうございます。

今後ですが、遅延を取りもどすべく以下のように進めたいのでよろしくお願いします。

1)最近2回の113回、114回の順に結果解説を進める。
2)8月出題はお休みし、積み残しの109~112回の解説を優先して進める。

NAO


推理将棋第113回解説  担当 NAO

6月出題の第113回は23名から解答いただきました。 簡素条件を揃えたお陰でか、大盛況。感謝、感謝です。


113-1 初級 渡辺秀行 作  同馬と寄る(その2)    9手

「また同馬と寄る手に参ったよ」
「そうか、また9手で詰んだんだね」
「うん、今度の同馬と寄る手は22だったんだ」

(条件) 

  • 9手で詰んだ
  • 22同馬と寄る手があった※

※棋譜に「寄」と付く必要はありません


出題のことば(担当 NAO)

 寄る前の馬の位置を推理しよう。

追加ヒント

 12地点の馬が寄って32地点の玉が詰む。


推理将棋113-1 解答

▲7六歩  △3四歩  ▲2二角成 △4二玉
▲1二馬  △3二玉  ▲3三角  △2二
同 馬 まで9手.

(条件)
・22同馬と寄る手(8手目△22銀~9手目▲22同馬)があった

Suiri1131

本作は着手する駒と場所を示す簡素な1条件、"同馬と寄る"の第2弾です。 馬が22地点に寄るためには一旦は玉と反対方向の12に避けること、22同馬とするのが7手目でなく止めの9手目と見極めることが解図のポイントになります。

  • 角を22地点で成って12地点に避け、後手玉は22地点に近づける。 初手から「▲76歩 △34歩 ▲22角成 △42玉 ▲12馬 △32玉」
  • "22同馬"と寄って詰むように7手目から「▲33角 △22銀 同馬」まで。

それではみなさんの短評をどうぞ。

渡辺秀行(作者) 「簡単でシンプルな条件3題。どれも逆算すれば簡単かと。"22同馬"は、馬の往復の感触」

小山邦明 「馬をいったん玉から離して呼び寄せる感じですね」

平井康雄 「最終ヒントが出るまでは別の位置ばかり探してました。1回よけて戻るという発想はなかなかおきません」

占魚亭 「33→32→22と思いきや、22→12→22でしたか」

■22の馬が往復する間に玉を近づけるのが好手順。

波多野賢太郎 「2二同馬を7手目にしようとするとうまくいかないんですね。とどめの一手なら1二から寄るんだろうとわかりました」

S.Kimura 「その1と同じように7手目に馬を寄ろうとして悩みました」

諏訪冬葉 「22馬だと玉から遠いから最終手ではないだろうと思ったら予想が外れました」

小木敏弘 「22同馬が最終手とは気が付かず、しばらく悩みました」

Pontamon 「今月は同馬と寄る手に『参った(投了)』だったのですんなり解けました」

■会話の"参った"は、"投了"か"負けを覚悟した"のいずれかの意味でしょうが、今回は詰まされた後の"参った"でした。

ほっと 「『22同馬と寄る』という条件だけで手順前後が消えているのはうまい」

まさ 「12馬とする筋は自分でも作ったことがあるのですぐ見えました。シンプルでうまい条件付けと思います」

斧間徳子 「22同馬を急ぐと苦戦する。12馬と33角がとぼけた良い味」

たくぼん 「簡単なんですが33角の味は良いと思います」

■12馬と玉から離れるとすんなり33角が打てる、理屈です。

飯山修 「このシリーズ長く続く事を期待します」

原岡望 「寄るなら端から」

山下誠 「1二馬を横移動すると考えれば容易でした」

RINTARO 「一瀉千里」

竹野龍騎 「易問。『同』馬で角の打場所を限定」

はなさかしろう 「簡潔な条件に導かれるままに解ける。初級にぴったりでした」

隅の老人B 「22同馬、それなら先ずは角を成らなくちゃ。そして22に寄るには? 理路整然、これで解決」

キリギリス 「『22同馬』より最終形が想定できました」

■一目で詰み形が浮かんだ方には易問題です。


正解:23名

  飯山修さん  S.Kimuraさん  斧間徳子さん  キリギリスさん  小木敏弘さん
  小山邦明さん  隅の老人Bさん  諏訪冬葉さん  占魚亭さん  たくぼんさん
  竹野龍騎さん  チャンプさん  テイエムガンバさん  のくせにさん
  波多野賢太郎さん  はなさかしろうさん  原岡望さん  平井康雄さん
  ほっとさん  Pontamonさん  まささん  山下誠さん  RINTAROさん

(当選者は全題の解答発表後に発表)

|

« 詰将棋メモ(2017年8月11日) | トップページ | 詰将棋メモ(2017年8月12日) »

推理将棋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22735/65653063

この記事へのトラックバック一覧です: 推理将棋第113回解答(1):

« 詰将棋メモ(2017年8月11日) | トップページ | 詰将棋メモ(2017年8月12日) »