« 詰将棋メモ(2017年10月30日) | トップページ | 詰将棋メモ(2017年10月31日) »

推理将棋第115回解答(2)

[2017年10月31日最終更新]
推理将棋第115回出題の115-2の解答です。推理将棋は将棋についての会話をヒントに将棋の指し手を復元するパズル。はじめての方は どんな将棋だったの? - 推理将棋入門 をごらんください。

関連情報: 推理将棋第115回出題  推理将棋第115回解答(1)  (2)  (3)
  推理将棋おもちゃ箱)  推理将棋(隣の将棋)  どんな将棋だったの? - 推理将棋入門


115-2 中級 Pontamon 作 タイガー(ダンシングクイーンB面) 10手

「懐かしい洋楽BGMで将棋の研究かい。昨日の将棋はどうだった?」
「着手は2つの筋だけの将棋で10手で勝ったよ。同じ駒を続けて指すことはなかったよ」
「ふ~ん」
「そうそう、3手目以降は駒を斜めに動かす手だけだったね」

(条件)

  • 10手で詰んだ
  • 3手目以降は駒を斜めに動かした
  • 着手は2つの筋だけで同じ駒の連続着手はなかった

出題のことば(担当 NAO)

 詰み形と着手する筋を推理しよう。

追加ヒント

 斜めに動ける生駒5種が動く。玉、角、金、銀ともう一つは何か?


推理将棋115-2 解答  担当 NAO

六歩 △四歩 ▲八玉 △四角
八金 △三桂 ▲七玉 △五角
八銀 △五桂 まで10手.

(条件)
・3手目以降は駒を斜めに動かした(3手目から▲48玉(59) △44角(22) ▲38金(49) △33桂(21) ▲37玉(48) △35角(44) ▲48銀(39) △45桂(33))
・着手は2つの筋(3筋と4筋)だけで同じ駒の連続着手はなかった(先手:歩→玉→金→玉→銀、後手:歩→角→桂→角→桂)

Suiri1152

本作は、"斜めの動き"がテーマの短編です。使える筋は2つだけなので比較的考えやすいでしょう。

  • 3手目以降の"斜め"に動ける駒は、玉、角、金、銀、桂の5種。最後まで持駒を打つ手がなく、同じ駒を続けて動かせないので後手の攻めは2種以上の駒で攻めることになる。足の長い角と桂を使う攻めが早く、角と桂を2回づつ動かして吊し桂の詰みを狙う。初手と2手目は角桂を活用する3筋の歩突き。初手から「▲36歩 △34歩」
  • 2つの筋は3筋と4筋。先手玉は48経由で37地点に移動すれば吊し桂の形が見える。玉の斜め前は△35角で塞ぎ、玉の後方は先手の飛金銀で塞げばよい。3手目から「▲48玉 △44角 ▲38金 △33桂 ▲37玉 △35角 ▲48銀 △45桂」まで。

玉と金が斜めにステップを踏む101-3 NAO作「ダンシングクイーン」とは対照的に、アンサーソングでは斜めに動く駒5種が活躍しました。

それではみなさんの短評をどうぞ。

Pontamon(作者) 「駒の斜め着手がテーマで、タイトルとは無関係。4筋:A、3筋:Bだと先後とも B ABBA なので、ダンシングクイーン(101-3)のB面のタイガーをタイトルにしました」

小山邦明 「桂馬は『斜め前方の1マス跳び超えた場所に動かすことができる』として斜めに動かせる駒の条件文に合致している駒として解答します。2手目までは歩の着手で、3手目以降の斜めに動かせる駒を、最初『角、金、銀、玉』で考えたのですが、同じ駒の連続着手が禁止なので5段目に来れる駒は角だけで、他の3つの駒は3段目までしかこれずこれで玉を詰ます事は無理だと判断し、桂馬も含める事にしました。タイガー(ダンシングクイーンB面)というタイトルは、ABBA(アバ)で3手目以降が、A(4筋)、B(3筋)、B(3筋)、A(4筋)で2手ずつの手順になっていると解釈しましたが、合っているでしょうか?」

■作者のコメント通り命名の推理も正解です。初手と2手目が3筋=B面です。

はなさかしろう 「先手玉は7段目までしか上がれない、となると、後手は角桂ですか!箇条書きの条件は、・着手は2つの筋だけ/・先手も後手も連続で着手した駒はなかった、とした方が解釈が紛れにくいように思います」

飯山修 「離れた2つの筋限定だとかなり難しくなるのでしょうね」

ほっと 「AABBAAAABB。101-3ダンシングクイーンと比較してみるのもまた一興」

斧間徳子 「類似作に、おもちゃ箱No.17-2(2008年)と詰パラNo.309(2016年)があるので新味はないですが、条件は前2作より秀逸」

小木敏弘 「見事な角桂のコンビネーション」

諏訪冬葉 「なぜか先手角を使用する順を考えて迷走。そういえばよく似た手順の問題作ってた(52-2 解答参照)」

■足の速い角桂の活用が鍵。

キリギリス 「桂馬の動きはY字型という軌跡が頭の中にあり、「斜め」と考えていませんでした。(確かに始点と終点を考えると"斜め"に移動している」

竹野龍騎 「玉金銀の限定は少し面白い。『斜め』に桂の動きが含まれるのは共通認識?」

原岡望 「桂の動きを斜めと言ってよいのか分かりませんが」

山下誠 「桂馬は斜めに動ける?がOKならば、これで良いのですが・・・」

S.Kimura 「桂馬が斜めに動くというのは違和感がありますが,どの2つの筋を使うのか分かっていなかったので,ヒントを見てもなかなか解けませんでした」

■桂の効きが"斜め"ということに違和感を感じられるかもしれませんが、"右か左に1路、前に2路"の動きは"斜め"に間違いありません。


正解:13名

  飯山修さん  S.Kimuraさん  斧間徳子さん  キリギリスさん  小木敏弘さん
  小山邦明さん  諏訪冬葉さん  竹野龍騎さん  はなさかしろうさん
  原岡望さん  ほっとさん  Pontamonさん  山下誠さん

(当選者は全題の解答発表後に発表)

|

« 詰将棋メモ(2017年10月30日) | トップページ | 詰将棋メモ(2017年10月31日) »

推理将棋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22735/65984728

この記事へのトラックバック一覧です: 推理将棋第115回解答(2):

« 詰将棋メモ(2017年10月30日) | トップページ | 詰将棋メモ(2017年10月31日) »