« 詰将棋メモ(2017年10月14日) | トップページ | 詰将棋メモ(2017年10月15日) »

推理将棋第116回出題(11月10日まで)

[2017年11月3日最終更新] 締め切り前ヒント

将棋についての話をヒントに将棋の指し手を復元するパズル、推理将棋の第116回出題です。はじめての方は どんな将棋だったの? - 推理将棋入門 をごらんください。

解答、感想はメールで2017年11月10日までにTETSUまで (omochabako@nifty.com) メールの題名は「推理将棋第116回解答」でお願いします。 解答者全員の中から抽選で1名に賞品リストからどれでも一つご希望のものをプレゼント! 1題でも解けたらぜひご解答ください。

推理将棋第116回出題  担当 NAO

前回は解答者が減りましたので今回はやや易しめの選題。"端の手"と"金の手"を含んだ短編3問を9手、10手、11手と手数順に並べました。

初級は渡辺さん作の9手詰。例の形・・・と言えばわかるでしょう。

中級は担当作の10手詰。1筋か9筋か、先手か後手か、端金の謎を解き明かしてください。

上級はPontamonさん作の11手詰。10手目と11手目のみの簡素条件に謎が潜んでいます。


■本出題


■締め切り前ヒント (11月2日 NAO)

116-1初級:7手目に角を打ち、9手目は"同"の付かない▲24角。
116-2中級:端の金は後手ではなく先手の金。"右"が付くのは金ではなく角。
116-3上級:止めは1筋に桂が成る開き王手。


116-1 初級 渡辺秀行 作  24まで       9手

「おお、9手で詰んでいるとは。棋譜の最終手に24と書いてあるね」
「うん、金の着手の後、別の指し手があってから、15に着手していたよ」

(条件)

  • 9手で詰んだ
  • 最終手の棋譜に24と書いてあった(※)
  • 金の着手の後、間を空けて、15の着手があった

※"同"が付くのはダメ。8手目が24への着手ではないことも暗に含んでいます。


116-2 中級 NAO 作   端に金       10手

「たったの10手で負けちゃった。初手から玉が動いて守り重視のはずだったのに」
「"右"の付く手もあったけど、端に指した金の手が勝負を分けたね」

(条件)

  • 10手で詰んだ
  • 初手は玉が動いた
  • 端に金の手があった
  • 棋譜上"右"の付く手があった

116-3 上級 Pontamon 作  端への桂成り    11手

「桂をどっちへ成るのか観戦していて興味津々だったよ」
「10手目の金の着手を見て、次の止めの桂成りは端にしたんだ」

(条件)

  • 11手で詰んだ
  • 10手目の金の着手に端への桂成りで応じた

推理将棋の問題も募集しています

このコーナーで出題する問題を募集します。入門用の易しい問題を歓迎。作者名、問題、解答、狙いなどを記入して「推理将棋投稿」の題名でTETSUにメール(omochabako@nifty.com)してください。

|

« 詰将棋メモ(2017年10月14日) | トップページ | 詰将棋メモ(2017年10月15日) »

推理将棋」カテゴリの記事

コメント

締め切り前ヒントです。

116-1初級:7手目に角を打ち、9手目は"同"の付かない▲24角。
116-2中級:端の金は後手ではなく先手の金。"右"が付くのは金ではなく角。
116-3上級:止めは1筋に桂が成る開き王手。

投稿: NAO | 2017.11.02 22:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22735/65919972

この記事へのトラックバック一覧です: 推理将棋第116回出題(11月10日まで):

« 詰将棋メモ(2017年10月14日) | トップページ | 詰将棋メモ(2017年10月15日) »