« 詰将棋メモ(2019年9月28日) | トップページ | 詰将棋メモ(2019年9月29日) »

推理将棋第119回解答(3)

[2019年9月29日最終更新]
推理将棋第119回出題の119-3の解答、第119回出題の当選者(変寝夢さん)を発表します。推理将棋は将棋についての会話をヒントに将棋の指し手を復元するパズル。はじめての方は どんな将棋だったの? - 推理将棋入門 をごらんください。

関連情報: 推理将棋第119回出題  推理将棋第119回解答(1) (2) (3)
  推理将棋おもちゃ箱)  推理将棋(隣の将棋)  どんな将棋だったの? - 推理将棋入門


119-3 上級 Pontamon 作 8マス移動で詰み 12手

「駒成なく、12手目の8マス移動の手で詰んだよ」
「へぇ、どんな将棋だったの?」
「端の筋以外へ駒を打つ手があったよ」

(条件)

  • 12手目の8マス移動の手で詰み
  • 端の筋以外へ駒を打つ手があった
  • 駒成なし

出題のことば(担当 Pontamon)

 8マス移動の駒種と詰み形を推理しましょう。

追加ヒント

 8マス移動は飛。駒打ちは角ですが、48地点の駒をピンする形ではありません。


推理将棋119-3 解答 担当 Pontamon

▲76歩、△32飛、▲33角不成、△42銀、▲22角不成、△37飛不成、
31角打、△同飛不成、▲56歩、△57角、▲58金右、△39飛不成
まで12手

(条件)
・12手目の8マス移動(8手目△31同飛不成、12手目△39飛不成)の手で詰み
・端の筋以外へ駒を打つ手があった(7手目▲31角打、10手目△57角)
・駒成なし

Suiri1193

8マス移動が可能なのは、飛・角・香ですが、駒成なしの条件なので香は除外できます。

角の8マス移動は隅から隅への斜め8マス移動になりますが、不成なのでその手で王手はできません。なぜなら隅の生角で王手なのであれば玉は対角線上にいなければならず、移動前の隅でも王手のはずです。

つまり、最終手の駒は飛です。

9段目への飛の着手で詰むなら思い浮かぶのははてるま手筋。しかし本問では駒成なしなので玉の退路が出来てしまいます。

Suiri1193a思い浮かぶ詰み形は参考1図のように、玉の退路になる48地点を駒で埋め、その駒を動けないようにピンする形です。後手の飛が出ていくための鉄板手順の▲76歩、△32飛、▲33角不成を角か飛で取る手順ですが、ゆくゆくは48駒をピンするために、4手目△33同角と取って、その後△15角とする手順が見えますが、条件では駒を打つ手が必要とのこと。ならば、4手目を△33同飛で角を取り、その角を打てばいいことに気付きます。でも、駒打ちは端の筋はダメとのことなので△26角にすれば良い。後手角の移動手順の除外と角の打ち場所限定のための条件を見破ったり!

本当にそうでしょうか?参考1図で先後の手数を数えてみます。先手は、▲76歩、▲33角不成、▲48銀、▲58金右、▲68金上の5手なので1手の余裕がありOK。ところが後手は、飛の着手だけで△32飛、△33同飛、△37飛不成、△31飛不成、△39飛不成で5手を要します。8マス移動のためにスタート地点を空けるための△42銀と48の銀をピンするための△26角が必要なので後手は1手足りません。

後手の着手を減らす工夫として、▲33角不成を即取るのではなく、その王手を渡りに船でゆくゆく必要になる△42銀とする手順があります。△33飛が無い分1手短縮できますが、駒打ちするための角の入手ができていませんので、5手目▲22角不成のあとに▲31角不成として、8マス移動のスタート位置に戻ってくる△31飛不成で角を入手することができます。

Suiri1193b参考2図はこの手筋で12手目まで指してみたものです。

▲76歩、△32飛、▲33角不成、△42銀、▲22角不成、△37飛不成、
▲31角不成、△同飛不成、▲58金右、△26角、▲48銀、△39飛不成 まで12手

68の退路が残っていますし、持ち駒に角があるので▲49角で合い駒も可能です。

3手戻した▲58金右までの局面を思い浮かべてください。合い駒にできる角を持っていますが、これは22の角を▲31角不成で移動して後手に進呈したものですが、そこで▲31角打で持ち駒の角を手放せば合い駒としては残りません。そうした時、後手の退路は48と68の2箇所で残っている手数は3手戻したので3手で内訳は後手の2手(最終手含む)と先手の1手。つまり、先手と後手の1手ずつで玉の退路2地点の措置をしなれればいけません。

48地点はピンされなくても、後ろに動けない香や桂があればそれらの駒で玉の退路を塞ぐことができますが香や桂を入手する暇がありません。もし、桂の持ち駒が後手だったら、△56桂の1手で48と68をカバーでき、先手は1手余ります。

無いものねだりをしても仕方ないので、持っている角を活用するしかありません。先手の協力手の▲56歩によって角の打ち場所を提供し、△57角で48と68地点を制圧することができました。

それではみなさんの短評をどうぞ。

(短評)

Pontamon(作者)「上谷直希作の102-2からの派生作。駒成なしにしても2手増でおさまりました。」

山下誠「5七角の手が浮かばず、堂々巡りをしてしまいました。」

■桂があれば48と68地点をカバーできると気付けば代替案の57角はすぐそこ。駒を打つのが1回だと勘違いすると57角が浮かばないかも。

斧間徳子「基本的なはてるま8手詰を4手延長。4手も延長すると煩雑になりそうだが、少ない条件でスッキリとまとめているのは流石。31角打や56歩、57角がすべて限定されているのが痛快。」

■作図の際、先手の持ち駒に角が残るので困ってました。▲31角打に気付くのに時間がかかったこと。(笑)

神在月生「まず中段の横運動に山をかけたが、手数超過&非限定ばかりでハズレ。3筋の縦運動は非限定がありそうに感じたが、57角とその角を縦運動中に31で得て一手節減できることを発見し解消。しかし最初は31角生としてしまい、あれっ?。31角打は妙手・好手というよりも面白い手といった感触の好感度が高い手。」

■紛れ筋一通りを検討されたようですが、それにも関わらず出題翌日の解答とは恐れ入りました。

RINTARO「3手目までは決め打ちで4手目同飛から端玉を1筋から9筋に飛を回る手で詰ます筋を考えました。次に39飛不成で詰ます筋を考えました。4手目同飛の呪縛から解放されたときに解けました。42銀が効率のいい手ですね。」

■4手目42銀は、8マス移動で詰みの102-2でも出ていた手筋でした。

諏訪冬葉「成る手がないなら最終手は飛車。とすると102-2の手順だが、生飛車なので48をふさぐ必要がある。で、この解答なのですが「端の筋以外へ駒を打つ手があった」の「端の筋」が全然絡んでないので不安です。」

■この1~2年、必須ではない条件も追加することを考えています。たとえば「初手は歩」。3手目に飛を振ったり、玉が中段へ向かう場合には初手と3手目で手順前後があるのでこのような条件が必須になりますが、「初手は歩」が必ずしも必要ではない作意順にこの条件を入れておくと、解図の際に明後日の方へ向かったり、解図できても不安が残ったり。

占魚亭「ちょっと自信ないですが。角を持駒にする手立てが考え所でした。」

■5手目に▲66角生、△同角、▲56歩、△57角打、▲58金右、△37飛生 なら次の後手番で△39飛生で詰みですが、8マス移動ではないので失敗。後手が角を持駒にするには先に先手が持駒にしてから渡す必要があり、遠回りしているようで不安だったのでしょうか。

ほっと「後手の8マス移動ならやはり3筋の飛。しかし「端の筋以外へ駒を打つ手あり」の条件がどこに利いているのか判らなかった。」

■締め切り前ヒントの通り、解図の際、角打ちで48の駒をピンする手筋を考えるだろうと思っていたのです。結局、△26角と打つ筋での詰みはないのですが…。

小山邦明「7手目の31角打が先手の合駒をなくす巧手だと思いました。」

■▲31角打と△57角が先後の肝。

緑衾「いいですねこれ。シンプルな条件の中にギリギリで駄目な筋がたくさん詰まってます。ようやく解けたと思ったら角合されました。それから、端への駒打ち禁止の意味が分かりません。」

■初解答でヒント前に全問正解とは強豪解答者とお見受けしました。

はなさかしろう「最終手の飛は横か縦か。第一感は横だったので抜け出すのに時間を要しました。」

■解図を楽しまれたようですね。

S.Kimura「飛車を1筋から9筋(もしくはその逆)に移動すること考えていましたが,うまくいきませんでした.最終的にたどり着いたのは,はてるま手筋(これも覚えていました)の応用で,31から39へ行く形でした.2回目の駒打ちは48に利きがあるけど,ヒントと違う?」

■角の利きと玉の間にある駒が動けない(ビンされている)、つまり端の手は無いので26角で48の駒をピンする角打ちではないというのがヒントでした。

ミニベロ「これも景色が全く見えない。そもそも「合駒なし詰」に、3手目駒を持たせる発想が凄い。各タイミングも絶妙。119回に99飛車。こんなシャレにも今頃気づくとは。解図力落ちました。」

■角の受け渡しが忙しい。119番の救急車は119回の採用狙いで2年前に作ったもの。手順を覚えていなくて、こちらは記憶力が落ちました。

飯山修「33角の王手の移動合が非限定になるのがイヤでどうしても同飛と取ってしまい31を空ける手段に苦労する。そして3筋ではないのかと他の筋を探す情けないパターン。」

■解答の最終手だけが「39飛」で「生」の記載がありませんでしたが、単に書き忘れと判断して正解とさせていただきました。

原岡望「横8マスと即断し大苦戦。ヒントに助けられた。」

■ヒントに助けられたということは、26角で48の銀をピンする手順も読んていたようですね。

NAO「8路移動の発射台31地点で角を取らせる。57角が入りまとまった。」

■うっかり22の角を移動して31で取らせると合い駒が残って失敗。


正解:17名

  山下誠さん  斧間徳子さん  つつじさん  神在月生さん  RINTAROさん
  諏訪冬葉さん  占魚亭さん  ほっとさん  小山邦明さん  緑衾さん
  はなさかしろうさん  S.Kimuraさん  ミニベロさん  津久井康雄さん
  飯山修さん  原岡望さん  NAOさん


総評

山下誠「推理将棋の再開は嬉しい限り。楽しい問題を期待しております。」

■楽しい問題を選題できるのだと思いきや在庫が…。

斧間徳子「この推理将棋のコーナー、解答を募集しておいてそのまま何の説明もないまま1年半も音沙汰無しだったのは正直不愉快でしたが、何はともあれ気鋭のPontamonさんが後任となって復活したことは喜ばしいことです!」

■年賀推理以外の通常問題の投稿を期待しています。よろしくお願いします。

神在月生「今回はウォーミングアップということで、次回から難度が上がるかもしれないが、第一問のような客寄せは必要だと思います。あと、担当者出題分には、素敵な一条件作を期待しております。」

■120回の問題の構成を変更して易し目にしました。一条件作とはハードルが高いです。(笑)

RINTARO「久しぶりに推理将棋を解きましたが、楽しかったです。」

占魚亭「担当就任、おめでとうございます。コーナーの再開を待っていました。推理将棋脳が衰えていますが、回復できるよう頑張りますのでよろしくお願いします。」

■RINTAROさん、占魚亭さん、解答常連者の参加はコーナー継続の後押しになります。よろしくお願いします。

ほっと「祝、再開!ところで在庫状況はどうなんでしょうか。」

■120回の新旧担当特集で拙作以外で2作出題しましたので担当作以外の在庫数は片手で間に合います。

小山邦明「推理将棋の再開ありがとうございます。Pontamonさんは推理将棋作品を多数発表されている方なので解説も楽しみにしています。」

■既に4回分の結果稿を書きましたが、グダグタと長いだけです。

緑衾「初めての解答です。」

■末永くお付き合いいただければと思います。

はなさかしろう「新装開店おめでとうございます。襲名披露に相応しく、今回いずれも好条件の問題で楽しかったです。最近解けないことも多くなってきましたが、少しずつでも参加させていただこうと思います。よろしくお願いいたします。」

■11手以下の初中級作品の投稿を期待しています。よろしくお願いします。

S.Kimura「推理将棋の復活を歓迎いたします.新担当のPontamonさんには,無理はなさらず,長く続けていっていただくことを願っています.それにしても,2年前の問題の結果が公開され,その当時の自分の短評をもう一度読むことになりましたが,覚えていないものが意外と多いですね.今回は,私にしては珍しくヒントなしで全問解けましたが,これを書いている時点で,既にヒントが公開されていました.」

■夜更かしはできなくなったし、記憶力も怪しい。自作は3ヶ月もすれば手順を忘れています。2年前に作った中級の「救急車?」は99飛車のダジャレだということだけは覚えてました。(笑)

ミニベロ「推理将棋再開おめでとうございます。解図力落ちましたが、全問正解めざして頑張ります(涙)。」

■しばらくは余詰みを出さないように易問を出題しようと思います。ベテランは頑張ることなく全問正解で行けるでしょう。

変寝夢「推理将棋コーナーが再開ということで、毎月の楽しみがまた一つ増えました。こちらの人間の脳が頼りないので、ソフトの力も使いながら格闘しようか思っています。」

■機械検証できる環境が欲しいです。

津久井康雄「9/5に1題だけ解答送付しましたが、残り2題について、追加ヒントを見て答えが見つかったように思いますので、再提出します。よろしくどうぞ。」

■おもちゃ箱ならではのヒント投入がありますので、活用してください。

飯山修「復活はうれしいですが、解けずに悩む日々がまた戻ってくる事を考えると恐ろしい。」

■出題中の120回は問題の構成を変更して易し目にしました。

原岡望「復活歓迎。今回は青息吐息。〆切日解答とは情けない。」

■詰パラの締め切りと近いので、早めに解図に取り掛かりましょう。

NAO「前担当のNAOです。推理将棋コーナーを再開いただきありがとうございます。Pontamonさんには感謝の言葉しかありません。新担当のPontamonさんの3作品、いずれも狙いがわかりやすく初回向けにぴったり。担当のときに投稿いただいた作品も含んでいますが、改めて解き直しています。解答を送るのは5年ぶりになりますが、解けて楽しい感触が蘇りました。これからは微力ながら解答と投稿で応援したいと思います。
みなさまへ>11手以下の初中級問題のご投稿をよろしくお願いいたします。」

■事ある毎に書きますが、皆様の投稿をお願いします。既存作を異条件で作図するのがいいかも。

米澤歩登「二問の解答です。」

■一問の解答でも、コメントだけでも結構ですのでよろしくお願いします。


推理将棋第119回出題全解答者: 19名

  山下誠さん  斧間徳子さん  つつじさん  神在月生さん  RINTAROさん
  諏訪冬葉さん  占魚亭さん  ほっとさん  小山邦明さん  緑衾さん
  はなさかしろうさん  S.Kimuraさん  ミニベロさん  変寝夢さん
  津久井康雄さん  飯山修さん  原岡望さん  NAOさん  米澤歩登さん

当選: 変寝夢さん

おめでとうございます。
賞品をお送りしますので、賞品リストから選んだご希望の賞品と送付先をメールでお知らせください。

|

« 詰将棋メモ(2019年9月28日) | トップページ | 詰将棋メモ(2019年9月29日) »

推理将棋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 詰将棋メモ(2019年9月28日) | トップページ | 詰将棋メモ(2019年9月29日) »