« 詰将棋メモ(2020年7月12日) | トップページ | 詰将棋メモ(2020年7月13日) »

推理将棋第130回出題(8月10日まで)

[2020年8月3日最終更新] 締め切り前ヒント

将棋についての話をヒントに将棋の指し手を復元するパズル、推理将棋の第130回出題です。はじめての方は どんな将棋だったの? - 推理将棋入門 をごらんください。

解答、感想はメールで2020年8月10日までにTETSUまで (omochabako@nifty.com) メールの題名は「推理将棋第130回解答」でお願いします。 解答者全員の中から抽選で1名賞品リストからどれでも一つご希望のものをプレゼント! 1題でも解けたらぜひご解答ください。

推理将棋第130回出題  担当 Pontamon

今月は偶数手3題で、初級は担当の8手、中級はけいたんさんの10手、上級はミニベロさんの12手です。


■本出題


■締め切り前ヒント (8月3日 Pontamon)

130-1初級:先手の28銀はトドメの金の打ち場所を作る協力手。
130-2中級:角を88で成って、その馬を2手使って56へ移動します。
130-3上級:9手目も玉の手。10手目は王手ではない。


130-1 初級  Pontamon 作   珍しい28銀   8手

「初手は7筋の普通の手だったのに、たった8手で詰まされたよ」
「8手とは早かったね。何か新手はあったのかな?」
「そうだね、28銀は珍しい手かな」
(条件)
  • 8手で詰み
  • 初手は7筋
  • 28銀があった

130-2 中級  けいたん 作   56馬まで  10手

「56馬まで10手で詰みか」
「初手は6筋の着手だったな」
「不成はなかったね」

(条件)

  • 10手目の56馬で詰み
  • 初手は6筋
  • 不成なし

130-3 上級  ミニベロ 作   三捨利警部の推理(4手前のアリバイ・オマージュ)12手

「警部、またまた4手前のアリバイ事件です。
 8手目と12手目は、同一駒を同一地点に着手されています」
「またかね。もう4手前のアリバイは、
 アリバイとして認められないと判例も出ているんだよ」
「ところが今度は、11手目に玉が動いているんです」
「なに!それは不思議だ。
 それなら幻の13手目に、直前にいた地点に逃げられるはずだが・・・」
「当然成る手はありません。いったいどうなっているんでしょうか」 
「もしかしたら、あの手を使ったのかもしれん」

三捨利警部は何か閃いたのでしょうか。
皆さんも一緒に、このカラクリを解いてくださいね。

(条件)

  • 駒成なく12手で詰み
  • 8手目と12手目は、同一駒を同一地点に着手
  • 11手目は、「玉」

このコーナーで出題する問題を募集します。入門用の易しい問題を歓迎。作者名、問題、解答、狙いなどを記入して「推理将棋投稿」の題名でTETSUにメール(omochabako@nifty.com)してください。

|

« 詰将棋メモ(2020年7月12日) | トップページ | 詰将棋メモ(2020年7月13日) »

推理将棋」カテゴリの記事

コメント

締め切り前ヒントです。
130-1初級:先手の28銀はトドメの金の打ち場所を作る協力手。
130-2中級:角を88で成って、その馬を2手使って56へ移動します。
130-3上級:9手目も玉の手。10手目は王手ではない。

投稿: Pontamon | 2020.08.03 00:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 詰将棋メモ(2020年7月12日) | トップページ | 詰将棋メモ(2020年7月13日) »