« 詰将棋メモ(2020年7月24日) | トップページ | 詰将棋メモ(2020年7月25日) »

推理将棋第129回解答(3)

[2020年7月25日最終更新]
推理将棋第129回出題の129-3の解答、第129回出題の当選者(RINTAROさん)を発表します。推理将棋は将棋についての会話をヒントに将棋の指し手を復元するパズル。はじめての方は どんな将棋だったの? - 推理将棋入門 をごらんください。

関連情報: 推理将棋第129回出題  推理将棋第129回解答(1) (2) (3)
  推理将棋おもちゃ箱)  推理将棋(隣の将棋)  どんな将棋だったの? - 推理将棋入門


129-3 上級 ミニベロ 作  誤解?      11手

「誤解したんだって?」
「そう、全部で5回ずつ、端の手と不成りがあったの」
「11手目の開き王手で詰んだやつだろ」
「そう、難しかったね」
「大丈夫。不正解でもおもちゃ箱の推理将棋は景品当るから」
「何か誤解しているみたい」
「ええっ、不正解だともらえないの」
「それも誤解だよ。そもそも僕は正解してるし」

(条件) 

  • 11手目の開き王手で詰んだ
  • 端の手と不成りが5回ずつあった※

※端の手と不成りは、一つの手で重複している場合があります


出題のことば(担当 Pontamon)

 今月は空き王手。両王手は空き王手の一種なので似ている手筋があるかも。

締め切り前ヒント

 端の手5回に1筋は無く全て9筋。そのうちの4回は不成の手でもあります。


推理将棋129-3 解答 担当 Pontamon 

▲76歩、△62玉、▲66角、△72玉、▲93角不成、△62銀、
82角不成、△97香不成、▲92飛、△98香不成、▲93角不成 まで11手


(条件)
・11手目の開き王手で詰んだ(9手目▲92飛、11手目▲93角不成)
・端の手と不成りがそれぞれ5回ずつあった(5手目▲93角不成、7手目▲82角不成、8手目△97香不成、9手目▲92飛、10手目△98香不成、11手目▲93角不成)

Suiri1293

Suiri1293a端の手が5回と不成が5回となると、先後ともに端から角が出ていけば4回の端の手を確保できます。その角を相手陣で不成した後に戻ってくれば、端と不成が重複した手になり、端5回はクリアできます。この方針で11手で詰めてみたのが参考1図です。

参考1図:▲96歩、△52玉、▲97角、△14歩、▲53角不成、△13角、▲31角不成、△57角不成、▲42角不成、△13角不成、▲53銀 まで11手

後手の協力手があれば7手で詰む基本形ですが、空き王手で詰ますのを忘れていました。

かと言って9手目以降を▲53角不成、△51歩、▲58飛、△13角不成、▲55飛、△62飛、▲31角不成 にして空き王手で詰ますと15手掛かってしまいます。

Suiri1293b空き王手の最短手順と言えば、9手の両王手の手順で、92飛と端に打つ手もあり、11手だと余った2手で端の手を指すことができますが、後手は詰み形のために4手必要なので端の手を指せても1手だけですし、不成も82角不成と64角不成の2回しかできそうにありません。かと言って、▲15角や▲95角から▲53飛不成の両王手の筋も中の筋の着手が多くて無理そうです。9手の両王手の筋で最終手を▲91角不成とか▲93角不成とする空き王手で詰ませれば、不成回数や端の手を稼げそうです。この方針で指してみたのが参考2図です。最終手▲93角不成だと73地点が空いたままなので玉に脱出されますし△82銀の合いが利くので、最終手▲91角不成で合いが利かなてように△62銀としてもらい空いた71地点を△99角不成で取った香で埋めてもらいます。着眼は良かったのですが、指してみると13手ですし、不成も端の手も4回ずつで失敗でした。

参考2図:▲76歩、△62玉、▲55角、△72玉、▲73角不成、△34歩、▲82角不成、△99角不成、▲92飛、△62銀、▲16歩、△71香、▲91角不成 まで13手

空き王手の時に△82銀の合いをされては困るので△62銀は譲れそうにありません。最終手▲93角不成だと空いた71地点を角が睨んでいるので△71香で埋める手は不要になりますが、73への玉の脱出や王手している92の飛車を△92香で取られてしまって詰みません。
・73の退路を作らずに82の飛を取る
・91の香が居座っていては困る
・不成と端の手を増やす
という課題を一気に解決するのが▲93角不成です。82の飛を取るために△74歩とか▲73角不成で73地点を空けてしまわずに、▲66角から▲93角不成としてから▲82角不成で飛を取ります。93の歩が無くなるので後手は91の香を移動して、△92香をできなくします。初手から、▲76歩、△62玉、▲66角、△72玉、▲93角不成、△62銀、▲82角不成 で飛を取ります。先手の次の手は▲92飛と打つので、後手の香移動は今しかありません。8手目から△9x香、▲92飛で最終手は▲93角不成ですので、端の手の回数と不成回数を数えてみると、端の手があと1手、不成が2回足りていません。ということで8手目の香の手は△97香不成として不成を稼ぎます。残る10手目は、端の手且つ不成の手が必要なので△98香不成で一件落着となります。

それではみなさんの短評をどうぞ。

(短評)

ミニベロさん(作者)「他愛ない順だが、△9八香不成がちょっと気に入っている。
香を取ってしまえば合駒ができてしまうから、と言いたい所だが、それは強制成りの手なので、だれも間違わない、というおそまつ。」

NAOさん「先手の93角不成2回と後手の香不成2回の4手が端の手と不成の手を2回ずつ稼ぐ重複手。端単独が1手と不成単独が1手で、結局、端または不成の手は6手だけ。これに気がつかないと回数不足になる。端角(97)の筋を追うと全然足りません。」

■先後とも端角を使うと端条件と不成回数はクリアできますが空き王手になりませんね。

はなさかしろうさん「こちらも悩みました。空き王手条件がなくても、例えば▲9六歩△1四歩▲9七角△1三角▲5三角不成△5七角不成▲3一角不成△5二玉▲4二角不成△1三角不成▲5三銀までと、端5回生5回はぎりぎりなのに、序の4手は悠然。本譜の端はすべて9筋ですが、条件が端なのでなかなか絞れませんでした。92飛形の場合、91角生と香を取りつつ空き王手をかけたくなりますが、97香生―98香生が盲点で、ぴったりでした。」

■解説の参考1図になる別手順。来月からは担当解説を短くしてもいいのかも。(笑)

渡辺さん「端で生を稼ぐとなると、こういう筋しかないですね。条件は美しいが、手がかりがなく思いつかないと解けない。自分は大量の過去問データを眺めるという反則技が使えますが、、、、。」

■端だけの条件なら1筋と9筋の活用ができますが、生の手を稼ぐには後半勝負。

ほっとさん「8手目以降で怒涛の条件消化。」

■端条件をクリアするために、96歩、97角で開始したいところが罠。

RINTAROさん「2のせいで3を考える時間がありませんでした(笑)。ヒント有でもかなり考えました。」

■ヒント後だと、96歩、97角ではないのが明白(端の手4手が不成と重複)ですが、のんびりした76歩、66角はすぐには見えなかったかも。

リ-グ戦ファンさん「ひさびさにヒントに頼りました。解いてみたらなんと!過去に考えたことのある空き王手筋でした。香の行き先と無駄手をまとめた「不成5回」、なるほどです。」

■香が居るままだと92香で飛を取られる。74歩を突いて82角不成で飛を取ってから最終手91角不成だと71地点を抑えることができない。あちらを立てればこちらが立たず。作図は難しいものですね。

飯山修さん「不成の回数稼ぎに香が活躍」

■先手陣へ直射しているとできる協力手。角の不成は考えても香は考慮対象から外してしまいます。

山下誠さん「9筋に飛車を打っての開き王手を想定すれば、意外と容易に解けました。」

■▲93角不成の発見がカギになります。

原岡望さん「端玉にするには手が足りないと気付き、なんとなく盤に並べて解決。「不成り」 はまずい気がします。 「ならず」 なので、 「り」 は余計です。」

■棋譜の「不成」の読みとしては「ならず」ですが、会話では「ふなり」と言う人も居ると思います。(実は担当もそうなので違和感がありませんでした。第102-1参照)
開き王手も空き王手も「あきおうて」と読むそうですが、「ひらきおうて」と解説したプロもいるので、会話では言いたいことが伝わればよしということで御勘弁を(笑)。

諏訪冬葉さん「最終手は香車を取る▲91角不成だと思っていたので71を埋める方法を考えていました。」

■解説の参考2図の筋だったでしょうか。

神在月生さん「空き王手の原資である飛を得るのは、55経由か66経由か。66経由の方に、73を空けない・93歩消去という大きな利点があった。」

■後手の飛を取る王道は55経由だと思うので、手数の掛かる66経由は見逃しがちです。


正解:12名

  ミニベロさん  NAOさん  はなさかしろうさん  渡辺さん
  ほっとさん  RINTAROさん  リ-グ戦ファンさん  飯山修さん
  山下誠さん  原岡望さん  諏訪冬葉さん  神在月生さん


総評

NAOさん「意外に解答の出足が遅いようですね。中級と上級の2題が結構骨のある問題かもしれません。自作含め3題分を楽しめました。」

■出題が難しかったようで解答者数も減ってしまいました。出題中の第130回も同様になってしまうか?

はなさかしろうさん「今回はいつにも増して凄い問題揃いで楽しかったです。特に中級上級は苦手な待ち手条件でしたが、最短手数探索の地平を離れてプルーフゲームの世界に踏み込んだ感があり、衝撃的でした。」

■先手、後手の手数がピッタリな図がなくなりつつあるのですかね?9手でも発掘されていない図があればいいのですが....。

渡辺さん「久しぶりに解きましたが難しいですね。」

■今年の詰パラも毎月難問出題が続いているようですね。

ほっとさん「3作とも完全なようで、内容も良く、楽しめました。」

■出題ページに赤ペンが入らなくて良かったです。

RINTAROさん「2にはまってしまい、ヒント待ちになってしまった。今月は三者三様で高品質の問題ばかりでした。条件優秀、手順優秀、直前ヒント優秀ということで解後感抜群でした。」

■上級のヒントは明かし過ぎないようにしたつもりでしたが、適度な甘さでしたでしょうか。

リ-グ戦ファンさん「今回は「成・不成限定」「受側の無駄手」が各2問。無駄手が条件になるのが嫌いな方もおいでのようですが、私は大好きです。」

■凝った形にしようとすると、どちらかに無駄手が発生してしまいがちです。

飯山修さん「直前ヒントに詰み位置が明示されると思考範囲が相当絞られるので筋or段だけとか中段玉とかを使っては。あと『桂を使う』より『角はダメ』くらいが妥当かと(上級問題だけ)」

■上級のヒントは甘くなり過ぎないようにしたのが災いだったのか解答数が減りました。

原岡望さん「今月はやや早めに解けて一安心。2 3 はまたまたヒントのお世話になりました。」

■セーフでした。寝てる間に届いていたメールは前日扱い!?大いにヒントを活用してください。と言いつつ辛目のヒントだともっと解答数が減るのかを確認すべきかどうか迷い始めました。

諏訪冬葉さん「3問で角不成が5回も出るとは」

■気付いていませんでしたが、そういう観点で選題するのも手ですね。

変寝夢さん「2番3番は問題文を読んだ瞬間投了でした。」

■それでも解答をいただけて感謝です。


推理将棋第129回出題全解答者: 14名

  ミニベロさん  NAOさん  はなさかしろうさん  渡辺さん
  ほっとさん  RINTAROさん  リ-グ戦ファンさん  飯山修さん
  山下誠さん  原岡望さん  べべ&ぺぺさん  諏訪冬葉さん
  神在月生さん  変寝夢さん

当選: RINTAROさん

おめでとうございます。
賞品をお送りしますので、賞品リストから選んだご希望の賞品と送付先をメールでお知らせください。

|

« 詰将棋メモ(2020年7月24日) | トップページ | 詰将棋メモ(2020年7月25日) »

推理将棋」カテゴリの記事

コメント

藤井棋聖は「ふなり」と目隠し詰将棋解図で言ってました。「ならず」と言って欲しかったですが…。

投稿: マツダ | 2020.07.26 22:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 詰将棋メモ(2020年7月24日) | トップページ | 詰将棋メモ(2020年7月25日) »