« 詰将棋メモ(2021年2月22日) | トップページ | 詰将棋メモ(2021年2月23日) »

推理将棋第135回解答(5)

[2021年2月23日最終更新]
推理将棋第135回出題の135-5の解答です。推理将棋は将棋についての会話をヒントに将棋の指し手を復元するパズル。はじめての方は どんな将棋だったの? - 推理将棋入門 をごらんください。

関連情報: 推理将棋第135回出題  推理将棋第135回解答(1) (2) (3)
  (4) (5) (6) (7) (8)
  推理将棋おもちゃ箱)  推理将棋(隣の将棋)  どんな将棋だったの? - 推理将棋入門


135-5 中級  NAO 作   令和3年の決め手     11手

「あけましておめでとう。指し初めの一局はどうだった?」
「11手で詰ませて勝ったよ。成の手、不成の手、同の付く手、玉頭の手は各々1回ずつだった」
「新年早々"1"尽くしとはめでたいね」
「それだけじゃないよ。3連続王手を掛けて2一の手が決め手だった」
「令和3年元旦の指し初めに相応しい一局だね。今年もよろしく」

さて、どんな将棋だったのだろうか。そして令和3年、貴方の勝負手は?

(条件) 

  • 11手目に21地点の着手で詰んだ
  • 先手は3連続で王手を掛けた
  • 成の手、不成の手、同の付く手、玉頭の手は各々1回ずつだった

出題のことば(担当 Pontamon)

 決め手(最終手?)は21。他に勝敗を分ける決め手があるのか?

作者ヒント

 初王手で止めの金を取る(NAO)

締め切り前ヒント

 後手玉の右側から連続王手で玉を4筋、3筋へ追い、21の腹金で仕留める。


推理将棋135-5 解答  担当 Pontamon

▲76歩、△34歩、▲22角不成、△同銀、▲72角、△33桂、
61角成、△42玉、▲43馬、△31玉、▲21金 まで11手


(条件)
・11手目に21地点の着手で詰んだ(11手目▲21金)
・先手は3連続で王手を掛けた(7手目▲61角成、9手目▲43馬、11手目▲21金)
・不成の手、同の付く手、玉頭の手は各々1回ずつだった(3手目▲22角不成、4手目△22同銀、8手目△42玉-9手目▲43馬)

Suiri1355

1回ずつ指された手が4種類ありますが、普通に考えると、成や不成の手と玉頭の手は攻めている先手側の手でしょう。

同の手が先手なら3手目の同の手は▲44同角しか無いので、おそらく5手目以降でしょう。▲44同角は王手にはならないので、5手目の同の手で駒を入手するか、7手目以降の同の手で初王手になるか、それ以降の合い駒を同の手で取っての王手の手になるはずです。

後手が同の手を指すのなら先手の攻め駒を取られてしまうか捨て駒することになります。先手の駒が取られても良いようにするには先手が2枚以上の駒を取る必要があります。

Suiri1355a3連続王手が5手目からだと最終手の11手目の王手と合わせて4連続王手になるので、3連続王手は3手目から7手目の3連続か7手目から11手目の3連続のどちらかになります。連続王手は3回ですが、王手は3回だけとは言われていないので、3手目の王手と7手目から11手目までの3連続王手を合わせて4回の王手とか、3手目からの3連続王手と最終手の王手を合わせて4回という可能性もあります。

この4回王手の手順で詰ましたのが参考1図の手順です。先手は7手目に▲21角と王手で角を打ち捨てて後手が△同玉、続いて▲31角成での駒成の王手と最終手の▲21銀の駒打ちで詰ましました。玉頭の手は後手が△33桂で自玉の頭への桂跳ねで実現していますが、棋譜を見ると不成が2回あったので失敗でした。(手順がスイスイ思い浮かぶと思ったら前問の135-4の作意順でした)

参考1図:▲76歩、△42玉、▲33角不成、△32玉、▲22角不成、△33桂、▲21角、△同玉、▲31角成、△12玉、▲21銀 まで11手

Suiri1355b参考2図は、角での王手を同の手で取らせて、玉頭への駒打ちでの王手、21への駒成での王手の3連続王手で詰めた図です。同の手は後手、不成、成、玉頭の3種の王手を連続で実現しているので解図完了だと思いきや参考1図と同様に不成の手が2回ありました。3連続王手の条件があるので1回ずつの4種の手のうちの3つは王手の手のはずだと思い込んだのが間違いでした。成、不成、玉頭、同の手は通局での条件でした。

参考2図:▲76歩、△34歩、▲22角不成、△33桂、▲12角、△42玉、▲31角不成、△同玉、▲32銀、△22玉、▲21角成 まで11手

参考1図の手順も参考2図の手順も不成が2回になって原因は、後手陣へ角が不成で侵入してからさらに後手陣内で移動する必要があったからです。同の手を後手が指す場合、先手は駒を1枚取られることになるので詰みにするには2枚以上の駒を取る必要があります。(単騎詰み以外)参考2図の手順で▲31角不成の代わりに▲31角成で駒を捨てると最終手の成の手と合わせて成が2回になるので、駒取りのために不成で敵陣に入った駒を成の手で動かすのは効率が悪いようです。となると、3手目に▲22角不成で後手角を入手した後の22の角は動かさずに先手は放置して、取った後手角を使ってもう一枚の攻め駒を入手することになりす。5手目に角を打つことになるので7手目の角成で王手しながら駒を取るか、9手目に馬を動かす時に駒を取って、その持ち駒と馬とで詰みに持って行く必要がありす。最終手の着手地点は21なので、9手目に駒を取ったのであれば21への駒打ちが王手になる必要があります。7手目に駒を取る場合は駒を打つのは9手目か11手目で、どちらであっても王手での駒打ちになります。9手目に王手での駒打ちをした場合の11手目は21地点への馬移動か9手目に打った駒の移動になります。

初手から、▲76歩、△34歩、▲22角不成となった後、7手目に駒を取れるように5手目の角打ちを何処にできるのかを考えると、駒取りの対象となる駒は金しかありません。銀を取るために42や62地点へ角を打つと5手目に王手になってしまうため条件をクリアできないからです。3手目の▲22角不成を△同銀や△同飛で取った場合は31への角打ちで7手目に▲22角成で銀か飛を取ることはできますが、それは王手にはならないので駄目です。7手目から11手目までの3手全ては王手である必要があるからです。

玉頭の着手条件もあるので5手目に▲52角と打った次の手で▲61角成で金を取る手が王手になるには6手目に玉を動かすことはできません。41の金を角成で取るのであれば6手目に△42玉と上がることはできますが、▲41角成の王手での逃げ場は△33玉になり、中段へ玉を逃がしてしまいます。

5手目から▲52角、△何か、▲61角成、△42玉になりますが、ここで9手目に王手になるように▲52金と打ってしまうと11手目に21の着手ができないので9手目は馬を引く▲43馬での王手。42の玉の逃げるための地点を空けるには3手目の▲22角不成を△同銀で取って、31地点を空けておく必要があります。また、9手目が馬での王手であるため、11手目は持ち駒の金を21へ打つ手になりますが、そのためには桂をどかしておく必要があるので6手目の"△何か"は△33桂が確定します。

9手目から▲43馬、△31玉、▲21金で詰みました。

これで安心してはいけません。5手目の▲52角も9手目の▲43馬の手も玉頭の手になっているのでこの手順は正解ではありません。9手目の▲43馬は必須ですので、5手目を▲52角ではなく▲72角とすることで作意順となります。

それではみなさんの短評をどうぞ。

(短評)

NAOさん(作者)「3手目が意外性あるかも。」

■3手目でわざわざ成るのは何の為?4手目の△同銀も意外な手でこの2手でぐっと難易度アップ。

ミニペロさん「これは難問。ヒント待ち。一つ一つの条件はきつくないのに、全部揃えるのは大変。際どい順が満載で、よく推敲されていると思う。
解いてみれば、無理のない流れるような順で、私が作者でも中級にしたと思うが、何とも不思議な作品。他の人の感想も聞いてみたい。」

■4手目の△同銀で22の馬を取る手が盲点だったという感想が多かった感じです。

諏訪冬葉さん「135-5に135-4と同じ回答を書こうとして不成が1回多いことに気付いた。まさか角を取られるとは思いませんでした。」

■筋違い角を打つための角入手の役目が終わったら取られてもいいのは後になれば分かるけど、指し難い手順です。

飯山修さん「こんな都合のいい手順は作者のヒントを見るまで考えもしなかった。NAOさん甘いヒントありがとうございました。早速詰上り図面DBに追加します」

■詰上り図面DB、いいなぁ。どんなものだろう?作りたいと思ってたけど、似た図を検出する方法が未だ見つからず。

小山邦明さん「最終手は王手なので、3連続の先手の王手は、7手目、9手目、11手目となり考えやすかった。」

■担当は「3手目からの3連続王手+最終手」や「3手目王手+7手目からの連続王手」の計4回王手も要チェック。

ほっとさん「4手目取ってしまうのが盲点。これも条件が多くて気を遣う。」

■単に1回ずつなので条件は覚えやすいはず。成・不成・同はよく出てくるけど玉頭の条件が少し珍しかったかも。

ジェシーさん「2二に行った角をすぐ同銀と取るのは、推理将棋では案外盲点かも・・・。」

■皆さんの短評からも分かりましたが確実に盲点だったようです。

原岡望さん「玉頭条件よし」

■▲52角の紛れ筋と思い付き難い▲43馬の二重の罠。

RINTAROさん「自然な22同銀が上手いです。」

■指し将棋なら▲22角成に△同銀は自然ですが、推理将棋では同で取るのが不自然。

山下誠さん「玉頭の手が4三馬と気づくまでが一苦労でした。」

■玉頭の手で思い浮かぶ▲52角は失敗します。31空いているのが実現できた▲43馬でした。

はなさかしろうさん「なるほど。61の金を取りにいくんですね。」

■過去問の経験からだと▲52角から取りに行ってしまいそうなので要注意。41の金を取る手順が多いと思いますが。


正解:11名

  NAOさん  ミニベロさん  諏訪冬葉さん  飯山修さん
  小山邦明さん  ほっとさん  ジェシーさん  原岡望さん
  RINTAROさん  山下誠さん  はなさかしろうさん

(当選者は全題の解答発表後に発表)

|

« 詰将棋メモ(2021年2月22日) | トップページ | 詰将棋メモ(2021年2月23日) »

推理将棋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 詰将棋メモ(2021年2月22日) | トップページ | 詰将棋メモ(2021年2月23日) »