« 詰将棋メモ(2021年11月12日) | トップページ | 詰将棋メモ(2021年11月13日) »

推理将棋第145回出題(12月10日まで)

[2021年11月13日最終更新]

将棋についての話をヒントに将棋の指し手を復元するパズル、推理将棋の第145回出題です。はじめての方は どんな将棋だったの? - 推理将棋入門 をごらんください。

解答、感想はメールで2021年12月10日までにTETSUまで (omochabako@nifty.com) メールの題名は「推理将棋第145回解答」でお願いします。 解答者全員の中から抽選で1名に賞品リストからどれでも一つご希望のものをプレゼント! 1題でも解けたらぜひご解答ください。

推理将棋第145回出題  担当 Pontamon

今回が2021年最後の出題となります。上級の手数は長いので初級と中級を9手詰で揃えました。
上級問題の投稿は11手目から始まる連続両王手の最長手順の35手詰でした。毎年、トリの問題は難し目ですが、手数が35手では皆さんの解図欲が失われる心配があったので19手作に手直ししていただきました。


■本出題


■中間ヒント (11月26日頃 作者)

■締め切り前ヒント (12月3日頃 Pontamon)


145-1 初級 NAO 作     高飛車くん(その7)    9手

「見たかい。俺の5段飛車」
「相変わらず高飛車だな。たったの9手で詰みか。君の5段目への飛の手に対し、相手は6筋への飛の手で応じていたね」

さて、どんな手順だったのでしょうか。

(条件)

  • 9手で詰んだ
  • 5段目への飛の手に対し6筋への飛の手で応じた

145-2 中級 ミニベロ 作    93問題          9手

93問題は、「〇手目は、〇〇」の書式の条件を3つ提示した9手詰問題です。
(条件)
  • 初手は、2手目と同筋同種駒
  • 3手目は、4手目と同筋同種駒
  • 5手目は駒を取る手で、6手目と同種駒

145-3 上級 はなさかしろう 作 攻方連続両王手詰 その1 19手

「隣の将棋が終わったみたいだけど、どんな将棋だったの?」
「19手で詰んだよ。11、13、15、17、19手目は互いに異なる局面での両王手だったな」
「へぇ、先手の5手連続両王手で詰みだったんだね。ほかに目を引く手はなかった?」
「そうだねぇ…2筋の手に対して2筋に成る手で応じたことがあったよ」
「なるほど。まぁ、手数は長いけれど、結局10手目までの準備が肝だね」

さて、どんな手順だったのでしょうか。

(条件)

  • 19手で詰んだ
  • 11、13、15、17、19手目は互いに異なる局面での両王手
  • 2筋の手に対して2筋に成る手で応じたことがあった

このコーナーで出題する問題を募集します。入門用の易しい問題を歓迎。作者名、問題、解答、狙いなどを記入して「推理将棋投稿」の題名でTETSUにメール(omochabako@nifty.com)してください。

次回は2022年元旦に年賀詰の出題を予定。2022年、令和4年、トラ、虎、寅などに因んだ年賀詰作品を募集中です(12月15日まで)。奮っての投稿をよろしくお願いします。

|

« 詰将棋メモ(2021年11月12日) | トップページ | 詰将棋メモ(2021年11月13日) »

推理将棋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 詰将棋メモ(2021年11月12日) | トップページ | 詰将棋メモ(2021年11月13日) »