« 詰将棋メモ(2022年5月24日) | トップページ | 詰将棋メモ(2022年5月25日) »

推理将棋第149回解答(3)

[2022年5月25日最終更新]
推理将棋第149回出題の149-3の解答、第149回出題の当選者(占魚亭さん)を発表します。推理将棋は将棋についての会話をヒントに将棋の指し手を復元するパズル。はじめての方は どんな将棋だったの? - 推理将棋入門 をごらんください。

関連情報: 推理将棋第149回出題  推理将棋第149回解答(1) (2) (3)
  推理将棋おもちゃ箱)  推理将棋(隣の将棋)  どんな将棋だったの? - 推理将棋入門


149-3 上級  はなさかしろう 作 渋滞のなくしかた    16手

「隣の将棋が終わったみたいだけど、どんな将棋だったの?」
「16手で詰んだよ。すべての手が同一筋への着手だったな」
「ふうん…ものすごく短い手数というわけではないね」
「そうだね。味方の駒の頭への着手がなかったからかな」
「なるほど。それは渋滞してしまいそうだね」
「うん。だからかな、味方の駒の尻への着手は6回あって、そのうち4回は味方の歩の尻への着手だったよ」

さて、どんな手順だったのでしょうか。

※ 駒の頭は直前、駒の尻は直後の地点を指します。例えば先手の17の歩の頭は16、尻は18の地点、後手の13の歩の頭は14、尻は12の地点をそれぞれ意味します。(作者)

(条件)

  • 16手で詰んだ
  • すべての手は同一筋への着手
  • 味方の駒の頭への着手はなかった
  • 味方の駒の尻への着手は6回あり、そのうち4回は味方の歩の尻への着手だった

出題のことば(担当 Pontamon)

 手数は少し長いですが、着手筋はひとつなのでどうにかなりそうな感触。

作者ヒント

 2 or 8筋では詰みを作れませんが、それでも飛をなんとかしたいですね。(はなさかしろう)

締め切り前ヒント

 先後とも玉が上がって5筋の歩を突く。先手の飛頭への歩打ちはOKです。先手玉は54で詰みます。


推理将棋149-3 解答 担当 Pontamon

58玉、△52玉、▲56歩、△54歩、▲57玉、△55歩、
58飛、△56歩、▲玉、△57歩、▲55玉、△58歩不成、
56歩、△57飛、▲54玉、△56飛成 まで16手

(条件)
・16手で詰んだ
・すべての手は同一筋への着手(全着手5筋)
・味方の駒の頭への着手はなかった(2手目△52金左右でも詰むが、これは玉頭への着手になる)
・味方の駒の尻への着手は6回あり、そのうち4回は味方の歩の尻への着手だった(初手▲58玉(歩尻)、2手目△52玉(歩尻)、5手目▲57玉(歩尻)、7手目▲58飛(玉尻)、13手目▲56歩(玉尻)、14手目△57飛(歩尻))

Suiri1493

Suiri1493a本問では厄介な条件が付いています。それは、自駒の駒頭への着手が禁じられている点と全手順がひとつの筋だけの点です。と金の頭に銀を打って詰めるように、支えの駒の駒頭への着手が本問ではできません。となると支えの駒は大駒や香のように遠距離の利きがある駒のはずです。端筋の香は入手できず、斜めに利きがある角はとどめとしては使えるものの最終手の支えにはなりません。つまり本問では飛の活躍が重要になるはずです。

次に着手筋ですが、はてるま手筋のような3筋の1間龍の形の場合、邪魔になる39の銀や49の金は3筋への移動ができるので盤上から外すことができます。また、玉自信が1手で移動できる4筋だけの着手や玉が5筋のままの手順もありそうです。

参考1図は、3筋だけの着手で詰み上がりは8段目と9段目の二枚の飛の形で詰めた手順になりますが、手数オーバーの20手になってしまいました。玉の退路を抑えるために△38飛の配置が必要で、最終手までは気にしていたのに最終手は自駒の駒頭への着手となる条件違反の△39飛打でした。

参考1図:▲38銀、△32銀、▲36歩、△34歩、▲37銀、△35歩、▲38飛、△36歩、▲39金、△37歩不成、▲同飛、△33銀、▲同飛不成、△32飛、▲38金、△33飛、▲32歩、△38飛不成、▲33銀、△39飛打 まで20手

Suiri1493b参考1図の手順の失敗を踏まえて、参考2図では41の飛を支えにして、△48飛成までの16手で詰めた手順になります。玉が居玉であっても△48飛成だと8段目を抑えているので▲68玉の逃げはできないはずでしたが、4筋の先手着手が品切れなったため、▲49玉が指されています。16手詰ですが、駒尻の条件を満たせていなくて失敗でした。

参考2図:▲48金、△44歩、▲46歩、△45歩、▲47金、△46歩、▲48飛、△47歩不成、▲同飛、△42金、▲同飛不成、△同飛、▲48銀、△41飛打、▲49玉、△48飛成 まで16手

もし、角をとどめに使うのであれば、△78飛成で8段目と69地点を抑えて、最終手で△77角と打つ形があります。とどめの角を取っておくほかに、68地点での合いができないように、金、銀、飛も取っておく必要があり、△77角を▲同桂できないように桂も取っておく必要があるため16手では手数が足りません。

居玉の横や上から攻めた3筋や4筋の手順では失敗したので、残るは5筋です。居玉を5筋上部から攻めようとしても玉の両脇の金の処理が問題です。詰みに邪魔だからと言って、▲58金右のようら玉頭の手を指して中段へ移動して後手に取らせるようなことができません。となると、玉自らが中段へ出て行き後手は玉の背後からの攻めで詰める方針になります。下記の例では歩成で金を取り、"と金"を引いて来て"と金"の駒尻へ金を打って詰める手順がありますが手数オーバーの18手になってしまいます。

例:▲58玉、△52玉、▲56歩、△54歩、▲57玉、△55歩、▲58金右、△56歩、▲同玉、△57歩、▲55玉、△58歩成、▲54玉、△57と、▲58歩、△56と、▲59金、△55金 まで18手

この例の手順で、56へ引いて来た"と金"の代わりに龍が56地点にいれば△55金を打つ必要が無く手数を減らすことができそうです。

初手から▲58玉、△52玉、▲56歩、△54歩、▲57玉、△55歩までは例と同じで7手目を▲58金右の代わりに▲58飛として8手目から11手目は例と同じ△56歩、▲同玉、△57歩、▲55玉。12手目は例で金を取った△58歩成の代わりに△58歩不成で飛を取れば14手目の△57飛が歩尻の手になります。13手目は▲56歩として次の△57飛の王手を防ぎ、15手目の▲54玉を可能にします。これで例と同じく先手玉は54地点へ到達して、最終手の△56飛成の一間龍での詰みとなりました。

駒尻の手の回数はご確認ください。

それではみなさんの短評をどうぞ。

(短評)

はなさかしろうさん(作者)「作意実現に16手もかかるので、同一筋条件と味方駒頭不着手条件で手数を稼いでいます。交通渋滞は車間距離を空けることで緩和できるらしいので、駒間を空けた最終図にちなんでタイトルをつけてみました。」

小山邦明さん「5筋が本命で、飛車を入手しないと詰まないと推理しました。面白い条件で楽しめました。」

■18手かかるけど"と金"と金でも詰みはあります。(駒尻条件は無視して)

NAOさん「頭の手を封じられると詰みづらいが、58歩生~57飛と56歩~54玉がぴったり。同一筋条件で角桂香を封じられると4筋と6筋がほぼ等価なので5筋を選択した。結局、4筋(6筋)も結構読まされるが4筋では味方の歩尻4回をクリアできない。」

■入手できない香、3筋や7筋着手なら入手できるけど使い道の無い桂、とどめにしか使えそうにない角なので、自力で"と金"を作るか5筋に出て来そうな金を使うか...。正解は飛でした。

ミニベロさん「美しい手順に美しい詰め上がり。豊かな発想力。この作家の長編は刮目して見る必要がある。」

■中・長編作を新しい切り口で投稿いただいています。

緑衾さん「なるほど玉を突っ込ませて後ろからですか。こういう気持ち悪い筋は好きです。頭への着手禁止もうまいですね。」

■渋滞の玉後方へワープして後ろから玉を追いかける。

飯山修さん「5筋で詰ますのは不可能と思い込み4筋6筋の2解作品と見当をつけたのが失敗。直前ヒントを見てビックリ。半信半疑で取り組んでみればなるほど飛車を取る手が成立。6個目の尻歩打が判れば解決。一つの筋しか使えなくても条件設定次第で面白くなるものですね。」

■自駒の駒頭への着手禁止が驚きの条件。

RINTAROさん「解ければ、な~んだなんだけど、かなり苦しめられました。
筋はほぼ分かっているのに、詰上り図が思い浮かばず、と金の尻の飛打ちばかり考えていました。合駒利かずもあったなと、気付いたときには拍子抜けでした。
最後の関門は、尻の着手が1回足りないのを先に56歩で解消するところ。58歩不成限定も含めて、かなりの好作品だと思います。」

■駒尻の着手回数を気にすると解き難いので、とりあえずは他の条件下で解いてみて、歩不成の手に納得しました。

べべ&ぺぺさん「詰み型が見えません。ヒントを見てもさっぱりです。錯覚や見落としがありそうです。」

■将棋の駒は前方に利きが多いのですが、後方はイマイチ。後ろからの攻めに弱い面があります。

桝彰介さん「締め切り前ヒントで手順が分かりましたが、手数が長くて暗算では何回駒尻の手が出てきたか数えられず、久しぶりに盤に並べて確認しました。」

■駒尻6回、うち歩尻が4回。一種類ならまだどうにかなったかも。

ほっとさん「条件設定が簡潔にして巧妙。条件を満たしているかどうか何度も見直してしまった。」

■条件指定で6回と言われると、見落としやすいです。

諏訪冬葉さん「玉の前に駒を出せないので最終ヒントを見るまで5筋は捨ててました。」

■52金や52飛は玉頭への着手なのでNG。42金からの4筋攻めでは僅かに条件未達成でした。

原岡望さん「詰み形の発見に苦労しました。」

■自駒の駒頭への着手禁止なので自駒の後ろが自駒で渋滞する。なら、敵玉の後ろから攻める。


正解:11名

  小山邦明さん  NAOさん  ミニベロさん  緑衾さん
  飯山修さん  RINTAROさん  はなさかしろうさん
  桝彰介さん  ほっとさん  諏訪冬葉さん  原岡望さん


(総評)

ミニベロさん「今月の上級の「すべて同じ筋」は、古くからあるテーマだが、駒頭を禁ずることによって新しいテーマになった。後発作家が決して不利ではない。」

■新テーマの発見・閃きがあれば新作を作れますね。

緑衾さん「今回は簡単とのことですが3問目は大変でした。」

■手数の割には簡単かなって思ったのですが。

飯山修さん「今回のように差し替えがあった時出来れば個別問題の方にも注記していただければ助かります。何故か上段の方には全く目がいきませんでした。」

■余詰作の出題はちょくちょくありますが、同問題出題や不詰作出題での差し替えは滅多にあることではないので、対処が完全ではなかったようです。詰パラのように解答者のメールアドレスを担当が知っている場合は直接連絡の手もあるのですが...。

RINTAROさん「1.2は簡単だったのになぁ。」

■上級問題で引っ掛かったくちですね。

べべ&ぺぺさん「今回は1問のみの解答です。とても残念です。」

■次回は頑張ってください。

桝彰介さん「今回は全問正解出来ませんでしたが、一問でも解けたらなるべく解答を送るのは継続していきたいと思います。」

■これからも解答、よろしくお願いします。

ほっとさん「割と早目に解けていたのに何故かギリギリの提出に。」

■担当は、そのまま送信忘れをしてしまったこと数度。

占魚亭さん「今回は1問解答。全く頭が働かない……。」

■睡眠は十分にとってますか?


推理将棋第149回出題全解答者: 13名

  小山邦明さん  NAOさん  ミニベロさん  緑衾さん
  飯山修さん  RINTAROさん  はなさかしろうさん
  べべ&ぺぺさん  桝彰介さん  ほっとさん  諏訪冬葉さん
  原岡望さん  占魚亭さん

当選: 占魚亭さん

おめでとうございます。
賞品をお送りしますので、賞品リストから選んだご希望の賞品と送付先をメールでお知らせください。

|

« 詰将棋メモ(2022年5月24日) | トップページ | 詰将棋メモ(2022年5月25日) »

推理将棋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 詰将棋メモ(2022年5月24日) | トップページ | 詰将棋メモ(2022年5月25日) »