カテゴリー「eureka作品集」の記事

eureka作品集(31)

[2017年3月29日最終更新]
eurekaは、詰将棋創作プログラミングの取り組みで、コンピュータとTETSUが協力して創作した作品で使用しているペンネームである。作品は詰将棋創作プログラミング 17 eureka作品集でまとめている。各作品について解答、解説を順次掲載していく。

eureka作品集(31) 創作プログラミング 作品31

Tst031_2 作品31 eureka 27手

龍一色図式

▲6六龍(68)△5六金打  ▲5七角打  △4五玉(46)▲2五龍(28)△4四玉(45)
▲3五角(57)△3三玉(44)▲6三龍(66)△4三銀打  ▲2四龍(25)△3二玉(33)
▲4三龍(63)△同 玉(32)▲4四龍(24)△5二玉(43)▲5三龍(44)△4一玉(52)
▲4二銀打  △3二玉(41)▲3三龍(53)△2一玉(32)▲3一銀成(42)△1一玉(21)
▲1三龍(33)△1二歩打  ▲4四角(35)
まで27手詰

持駒角の龍一色図式。飛一色・龍一色図式の長手数ものは、看寿の裸玉(将棋図巧第98番、11玉持駒飛金金銀)の横追いの筋か、岡田秋葭の裸玉(81玉持駒飛飛金歩)の縦追いの筋のどちらかになることが多いが、それではあまりおもしろくない。 収束まで含めて全く新しい追い方の作品はないか探して発見したもの。

合駒の変化も多く、かなり難解。 こういう作品は、解付きで発表して鑑賞していただいた方がいいような気もする。

おもちゃ箱展示室で出題。詳細な解説および解答者の感想をアート展示室 No.36 eurekaで見ることができる。


柿木義一さんの Kifu for Flashを使わせていただいています。手順が鑑賞できない場合はFlash Playerをインストールしてください。

棋譜ファイルはブラウザで表示すると表示が乱れることがあります。ダウンロードしてKifu for Windows(柿木の将棋ソフトウェアにあります)や柿木将棋などで開いてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

eureka作品集(30)

[2017年3月27日最終更新]
eurekaは、詰将棋創作プログラミングの取り組みで、コンピュータとTETSUが協力して創作した作品で使用しているペンネームである。作品は詰将棋創作プログラミング 17 eureka作品集でまとめている。各作品について解答、解説を順次掲載していく。

eureka作品集(30) 創作プログラミング 作品30

Tst030 作品30 eureka 15手

馬一色図式 上下左右対称

▲5六銀打  △同 玉(55)▲5七銀打  △4五玉(56)▲5六銀打  △4四玉(45)
▲3四金打  △5四玉(44)▲3六馬(58)△6四玉(54)▲6三馬(36)△7五玉(64)
▲8五馬(63)△6四玉(75)▲6三馬(52)
まで15手詰

本作は左右上下対称の都玉馬一色図式。こういう条件だと端の方に逃げられるパターンが多いのだが、本作は馬の利きが作る菱形からはみ出ることなく、9手目から馬の大回転できれいにまとまった。持駒もすっきり、変化紛れも多くなく、楽しんで解けたのではないか。

おもちゃ箱展示室で出題。詳細な解説および解答者の感想をアート展示室 No.31 eurekaで見ることができる。


柿木義一さんの Kifu for Flashを使わせていただいています。手順が鑑賞できない場合はFlash Playerをインストールしてください。

棋譜ファイルはブラウザで表示すると表示が乱れることがあります。ダウンロードしてKifu for Windows(柿木の将棋ソフトウェアにあります)や柿木将棋などで開いてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

eureka作品集(29)

[2017年3月25日最終更新]
eurekaは、詰将棋創作プログラミングの取り組みで、コンピュータとTETSUが協力して創作した作品で使用しているペンネームである。作品は詰将棋創作プログラミング 17 eureka作品集でまとめている。各作品について解答、解説を順次掲載していく。

eureka作品集(29) 創作プログラミング 作品29

Tst029 作品29 eureka 21手

実戦型詰将棋自動生成

▲2三銀打  △3三玉(22)▲3四銀成(23)△4二玉(33)▲4三銀打△5三玉(42)
▲5四銀成(43)△5二玉(53)▲6三成銀(54)△4一玉(52)▲3二銀打△同 玉(41)
▲5四角(45)△4一玉(32)▲4二銀打  △同 玉(41)▲4三成銀(34)△4一玉(42)
▲5二成銀(63)△3一玉(41)▲3二成銀(43)
まで21手詰

本作も実戦型詰将棋のランダム生成を利用して創作した作品(詰将棋創作プログラミング 12 ランダムに自動創作 続き参照)。

銀一色持駒の簡素図式。妙手バリバリの作品もよいのだが、こういう、リズム感のあるゆるい作品も私は好きである。


柿木義一さんの Kifu for Flashを使わせていただいています。手順が鑑賞できない場合はFlash Playerをインストールしてください。

棋譜ファイルはブラウザで表示すると表示が乱れることがあります。ダウンロードしてKifu for Windows(柿木の将棋ソフトウェアにあります)や柿木将棋などで開いてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

eureka作品集(28)

[2017年3月23日最終更新]
eurekaは、詰将棋創作プログラミングの取り組みで、コンピュータとTETSUが協力して創作した作品で使用しているペンネームである。作品は詰将棋創作プログラミング 17 eureka作品集でまとめている。各作品について解答、解説を順次掲載していく。

eureka作品集(28) 創作プログラミング 作品28

Tst028 作品28 eureka 21手

実戦型詰将棋自動生成

▲3三金打  △同 桂(21)▲2一飛打  △1三玉(22)▲1二桂成(24)△同 玉(13)
▲2二金打  △1三玉(12)▲2三金(22)△1四玉(13)▲2四金(23)△1五玉(14)
▲2五金(24)△1六玉(15)▲2六金(25)△1七玉(16)▲2七金(26)△1八玉(17)
▲2八金(27)△1九玉(18)▲2九金(28)
まで21手詰

本作も実戦型詰将棋のランダム生成を利用して創作した作品(詰将棋創作プログラミング 12 ランダムに自動創作 続き参照)。

本作も4×4簡素図式。その割には手数が長いが、解いてみるとすぐにそのわけがわかる。


柿木義一さんの Kifu for Flashを使わせていただいています。手順が鑑賞できない場合はFlash Playerをインストールしてください。

棋譜ファイルはブラウザで表示すると表示が乱れることがあります。ダウンロードしてKifu for Windows(柿木の将棋ソフトウェアにあります)や柿木将棋などで開いてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

eureka作品集(27)

[2017年3月21日最終更新]
eurekaは、詰将棋創作プログラミングの取り組みで、コンピュータとTETSUが協力して創作した作品で使用しているペンネームである。作品は詰将棋創作プログラミング 17 eureka作品集でまとめている。各作品について解答、解説を順次掲載していく。

eureka作品集(27) 創作プログラミング 作品27

Tst027 作品27 eureka 17手

実戦型詰将棋自動生成

▲4四角打  △3三歩打  ▲1三銀打  △同 香(11)▲3一角打  △2三玉(22)
▲1三歩成(14)△2四玉(23)▲2五香打△同 玉(24)▲2六金打  △3四玉(25)
▲3五金(26)△4三玉(34)▲5三角成(44)△3二玉(43)▲4二馬(53)
まで17手詰

本作も実戦型詰将棋のランダム生成を利用して創作した作品(詰将棋創作プログラミング 12 ランダムに自動創作 続き参照)。

本作も簡素図式で、4×4に収まっている。持駒は豊富だが、桂香の守りも利いているので、どう攻めるか考えどころ。

詰工房で今回の作品を見てもらったら、本作、7手目13角成など有望そうな紛れがあり、一番難しかったようだ。


柿木義一さんの Kifu for Flashを使わせていただいています。手順が鑑賞できない場合はFlash Playerをインストールしてください。

棋譜ファイルはブラウザで表示すると表示が乱れることがあります。ダウンロードしてKifu for Windows(柿木の将棋ソフトウェアにあります)や柿木将棋などで開いてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

eureka作品集(26)

[2017年3月18日最終更新]
eurekaは、詰将棋創作プログラミングの取り組みで、コンピュータとTETSUが協力して創作した作品で使用しているペンネームである。作品は詰将棋創作プログラミング 17 eureka作品集でまとめている。各作品について解答、解説を順次掲載していく。

eureka作品集(26) 創作プログラミング 作品26

Tst026 作品26 eureka 13手

実戦型詰将棋自動生成

▲1四桂打  △同 香(11)▲1三金打  △同 桂(21)▲3三金打  △同 銀(32)
▲3二金打  △1二玉(22)▲1一金打  △同 玉(12)▲4一龍(43)△1二玉(11)
▲2一龍(41)
まで13手詰

本作も実戦型詰将棋のランダム生成を利用して創作した作品(詰将棋創作プログラミング 12 ランダムに自動創作 続き参照)。

守りが強いが、持駒が豊富なので、順番に守備を崩していけばよい。普通の手筋もの。


柿木義一さんの Kifu for Flashを使わせていただいています。手順が鑑賞できない場合はFlash Playerをインストールしてください。

棋譜ファイルはブラウザで表示すると表示が乱れることがあります。ダウンロードしてKifu for Windows(柿木の将棋ソフトウェアにあります)や柿木将棋などで開いてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

eureka作品集(25)

[2017年3月16日最終更新]
eurekaは、詰将棋創作プログラミングの取り組みで、コンピュータとTETSUが協力して創作した作品で使用しているペンネームである。作品は詰将棋創作プログラミング 17 eureka作品集でまとめている。各作品について解答、解説を順次掲載していく。

eureka作品集(25) 創作プログラミング 作品25

Tst025 作品25 eureka 11手

実戦型詰将棋自動生成

▲3一馬(53)△2三玉(22)▲3四銀打  △同 玉(23)▲3五金打  △2三玉(34)
▲3三角成(24)△同 桂(21)▲2四銀打△1四玉(23)▲3二馬(31)
まで11手詰

変化:2手
△同 玉(22)▲4二銀打  △3二玉(31)▲3三金打  △同 桂(21)▲同 角成(24)
△2一玉(32)▲3二銀打  △1二玉(21)▲2三馬(33)
まで11手詰 駒余り

変化:6手
△4三玉(34)▲4二角成(24)△5四玉(43)▲6四馬(42)△4三玉(54)▲4二馬(31)
まで11手詰 駒余り

詰将棋創作プログラミング 11 ランダムに自動創作の取り組みで、まだまだ工夫が必要なことがわかったので、いろいろと改善を試みた(詰将棋創作プログラミング 12 ランダムに自動創作 続き参照)。効率アップしたプログラムで一日走らせておいたら、数十作の詰将棋が生成された。

生成された詰将棋を一通り見てみると、捨駒回数でフィルタリングしているので、一応は詰将棋になっているのだが、遊び手も多く、詰パラなどに投稿するのはどうか、というレベルが多い。 やはり手順を分析して、よい作品だけを出力するフィルターを開発する必要がありそうだ。

しかし、数十作もあれば、なかには私が担当だったら採用するかなあ、という作品もあったので、いくつか選んでみた。作品25から作品29の5作である。

今回の自動生成では「盤面11香21桂22玉を含む7枚以下、持駒5枚以下」は保証されているので、いずれも解きたくなるようないい形。本作はさらに簡素図式で、5×5に収まって持駒3枚となれば、表紙に出題してもいいかも。

初手いきなり馬捨てから入り、取れば42銀から33金があるので23玉と逃げるが、34銀捨てから35金と押さえて角成捨てが決め手。


柿木義一さんの Kifu for Flashを使わせていただいています。手順が鑑賞できない場合はFlash Playerをインストールしてください。

棋譜ファイルはブラウザで表示すると表示が乱れることがあります。ダウンロードしてKifu for Windows(柿木の将棋ソフトウェアにあります)や柿木将棋などで開いてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

eureka作品集(24)

[2017年3月14日最終更新]
eurekaは、詰将棋創作プログラミングの取り組みで、コンピュータとTETSUが協力して創作した作品で使用しているペンネームである。作品は詰将棋創作プログラミング 17 eureka作品集でまとめている。各作品について解答、解説を順次掲載していく。

eureka作品集(24) 創作プログラミング 作品24

Tst024 作品24 eureka 13手

実戦型詰将棋自動生成

▲3二飛打  △2三玉(22)▲3四飛成(32)△1四玉(23)▲2三角打△1五玉(14)
▲2四龍(34)△同 玉(15)▲3四角成(23)△1四玉(24)▲1五歩打△同 玉(14)
▲2五馬(34)
まで13手詰

これまで、ある条件を満たす図をすべて生成して完全作を見つけてきたが、チェックできる数は、せいぜい1日あたり数千から数万といったところで、かなり狭い条件にしなければ全検は現実的ではない。そこで、全検ではなく、ある条件の範囲でランダムに生成することを試行してみた。

「盤面後手11香21桂22玉を含む7枚以内、持駒5枚以内」の条件で、既存作品からの切り張りでランダムに生成、詰将棋ポイントを導入して効率化、「同x」の数で簡易フィルタリングしたところ、10000回の生成で6作が出力された(詰将棋創作プログラミング 11 ランダムに自動創作参照)。

本作はそのうちの一つで、形は良いが紛れ不足。どこかで見たような手順で、新作とはいいにくい。

入選級の作品を生成するためには、まだまだ工夫が必要そうだ。


柿木義一さんの Kifu for Flashを使わせていただいています。手順が鑑賞できない場合はFlash Playerをインストールしてください。

棋譜ファイルはブラウザで表示すると表示が乱れることがあります。ダウンロードしてKifu for Windows(柿木の将棋ソフトウェアにあります)や柿木将棋などで開いてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

eureka作品集(23)

[2017年3月12日最終更新]
eurekaは、詰将棋創作プログラミングの取り組みで、コンピュータとTETSUが協力して創作した作品で使用しているペンネームである。作品は詰将棋創作プログラミング 17 eureka作品集でまとめている。各作品について解答、解説を順次掲載していく。

eureka作品集(23) 創作プログラミング 作品23

Tst023 作品23 eureka 31手

飛一色図式 角一色持駒 途中で角一色図式に

▲3五角打  △2三玉(13)▲1四角打  △3三玉(23)▲4二飛成(44)△同 玉(33)
▲2二飛打  △4三玉(42)▲3二角(14)△3四玉(43)▲2四飛成(22)△4五玉(34)
▲4四龍(24)△3六玉(45)▲5四角成(32)△3七玉(36)▲4六龍(44)△2八玉(37)
▲4八龍(46)△3八歩打  ▲4六角(35)△2九玉(28)▲1八馬(54)△同 玉(29)
▲3八龍(48)△1七玉(18)▲2八龍(38)△1六玉(17)▲1七歩打  △1五玉(16)
▲2四龍(28)
まで31手詰

変化:15手
▲4六龍(44)△2七玉(36)▲5四角成(32)△2八玉(27)▲4八龍(46)△3八歩打
▲4六角(35)△2九玉(28)▲1八馬(54)△同 玉(29)▲3八龍(48)△1七玉(18)
▲2八龍(38)△1六玉(17)▲1七歩打  △1五玉(16)▲2四龍(28)
まで31手詰

作品21、22と同様、21手以上の角一色持駒の飛一色図式を探索して創作した作品(詰将棋創作プログラミング 10 陣内竜堂はいつ出現するか参照)。

飛一色図式の角一色持駒。それだけではなく、手順を進めると4手目に飛角図式になり、そして6手目にはなんと角一色図式に変身する。その後の大駒の追い回しもおもしろい。

15手目と17手目、手順前後のキズあり。

おもちゃ箱展示室で出題。詳細な解説および解答者の感想をアート展示室 No.37 eurekaで見ることができる。


柿木義一さんの Kifu for Flashを使わせていただいています。手順が鑑賞できない場合はFlash Playerをインストールしてください。

棋譜ファイルはブラウザで表示すると表示が乱れることがあります。ダウンロードしてKifu for Windows(柿木の将棋ソフトウェアにあります)や柿木将棋などで開いてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

eureka作品集(22)

[2017年3月10日最終更新]
eurekaは、詰将棋創作プログラミングの取り組みで、コンピュータとTETSUが協力して創作した作品で使用しているペンネームである。作品は詰将棋創作プログラミング 17 eureka作品集でまとめている。各作品について解答、解説を順次掲載していく。

eureka作品集(22) 創作プログラミング 作品22

Tst022 作品22 eureka 31手

左右対称飛一色図式 角一色持駒

▲4九角打  △5九玉(58)▲7七角打  △6八歩打  ▲同 角(77)△6九玉(59)
▲1三角成(68)△7八玉(69)▲6八馬(13)△8八玉(78)▲8九歩打△同 玉(88)
▲6七角(49)△9八玉(89)▲9五飛(65)△9七歩打  ▲7六角(67)△8七桂打
▲同 角(76)△同 玉(98)▲8五飛(45)△9八玉(87)▲9七飛(95)△同 玉(98)
▲8九桂打  △9八玉(97)▲9九歩打  △同 玉(98)▲7七馬(68)△9八玉(99)
▲8八馬(77)
まで31手詰

変化:21手
▲4七飛(45)△8八玉(87)▲8五飛(95)△9八玉(88)▲9七飛(47)△同 玉(98)
▲8九桂打  △9八玉(97)▲9九歩打  △同 玉(98)▲7七馬(68)△9八玉(99)
▲8八馬(77)
まで33手詰

作品21と同様、21手以上の角一色持駒の飛一色図式を探索して創作した作品(詰将棋創作プログラミング 10 陣内竜堂はいつ出現するか参照)。

飛一色図式の角一色持駒。左右対称の美しい形。残念ながら21手目からの4手を別手順の6手で作意に合流するキズがある。柿木将棋は迂回手順と判断するが、余詰と見る人もいるかもしれない。


柿木義一さんの Kifu for Flashを使わせていただいています。手順が鑑賞できない場合はFlash Playerをインストールしてください。

棋譜ファイルはブラウザで表示すると表示が乱れることがあります。ダウンロードしてKifu for Windows(柿木の将棋ソフトウェアにあります)や柿木将棋などで開いてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)