« 第26回詰将棋全国大会 | トップページ | 第26回詰将棋全国大会ご案内 »

2010年6月 5日 (土)

アマレン杯握り詰2010

===> 詰将棋おもちゃ箱  ===> 詰将棋全国大会  ===> 第26回詰将棋全国大会


[2010年12月5日最終更新]
詰将棋パラダイス6月号で、恒例のアマレン杯握り詰の募集が開始。6月21日締切で、7月18日に第26回詰将棋全国大会での投票で優秀作3作が決定。1位:相馬康幸さん、2位:馬屋原剛さん、3位:真島隆志さん、森敏宏さん(同一作)。優秀作は詰将棋パラダイス9月号で出題された。

  • 使用駒 「玉飛金香歩歩歩歩歩」 の9枚
  • 1人1作限り、6月21日必着で下記へ(締切を過ぎたものは無効となりますので、お早めにご投稿ください)
    〒530-0043 大阪市北区天満4-15-7 豊岡ビル2F
    月刊 詰将棋パラダイス編集部

2010年12月4日

2010年7月24日

  • 全国大会のおもひで (風みどりの玉手箱
     「・・・ アマ連握り詰4重衝突事件
    例によって解く暇なかったので、結果発表で4重衝突があったと聞いて驚いた。これだけ簡素な駒だと、一流作家が考えることは同じでぶつかることになるのか。これは図面をだしても問題ないよね。 ・・・」

2010年7月20日

  • 全国大会の握り詰 (詰将棋劇場blog
     「・・・ 1位の相馬氏、2位の馬屋原氏は確実にパラに載るでしょうから楽しみに待つとして、最も気になったのは3位。何と、真島氏と森氏が同一作だったとか。それ だけでなく、利波氏、酒井氏も実質的には同一図であり、歴史に残る4重衝突だったということです。 ・・・」

2010年7月19日

  • 『好き、だった。  はじめての失恋、七つの話』(有川浩他、メディアファクトリー) (コーヘイの読みぬけ日記
     「ここに、詰将棋全国大会の握り詰の没作と投稿作を曝けておくことにする。 ・・・」 
  • TETSUの全国大会レポート (詰将棋全国大会
     「・・・ 握り詰1位は相馬さん、2位は馬屋原さん。3位は真島さん、森さん(同一作)。実は利波さんも飛と龍の違いだけで同一、酒井さんも途中から同じ図になると いう、握り詰始まって以来の4重衝突だった。 ・・・」

2010年7月12日

2010年7月9日

2010年7月8日

2010年7月6日

2010年7月5日

2010年7月4日

2010年6月30日

2010年6月29日

2010年6月28日

2010年6月27日

2010年6月26日

2010年6月25日

2010年6月24日

2010年6月23日

2010年6月22日

  • 22年度全国大会握り詰 (凡爺の詰めバカ日誌
      「応募締切が済んだのでボツにした握り詰を掲示します。先ず手始めに考えた図です。だれでも考えそうな手順(10手台)です。「玉方4五金は玉方4四金が正図です。申し訳ありません」 ・・・」

2010年6月21日

  • アマレン杯握り詰で裸玉・第10回 taka-oさん (おもちゃ箱掲示板
     「・・・ 今年の使用駒は、本企画には厳し過ぎます(笑)。この使用駒条件で裸玉にした時、詰む玉位置のマスに●を付けていくと、 ・・・ 当然ながらと言いますか、さすがにこの駒では詰む場所はありませんでした。 ・・・」

2010年6月19日

2010年6月17日

  • 大道棋狂室28の結果 (凡爺の詰めバカ日誌
     「入院中、全国大会の握り詰を十数題創りましたが満足のいく図は創れず棋力の無さを嘆くのみでした。ただTETSUさんが紹介されている図の33が玉方と金の図も得ましたが、33と金が気にいらず投稿しませんでした。投稿していたら大恥を掻くところでした。(投稿した図は全国大会でお楽しみ下さい) ・・・」

2010年6月14日

  • 長崎発詰将棋の道 (九州G
     「やっと、なんとか出来上がった握り詰。詰将棋全国大会も優秀解答者の表彰など年々充実してきたが、握り詰登場回数も10回毎に表彰したらどうだろうか。私 のような拙作もなければ、優秀作も引き立たないことだろうが、なんといっても作家のモチベーションがきっと上がることだろう。 ・・・」

2010年6月13日

  • 握り詰の傑作 TETSU
    この駒で思いだすのはこの作品。この少ない駒でもここまでできる。

2010nigirihara_2

  • 酒井さん 「余詰があるようです。7手目31金の所、51飛以下。ご確認ください。」
    確かに成立しているようです。残念(TETSU)

2010年6月12日

  • どや! (いまさらブログでもないけれど
     「・・・ どうせ全国大会に参加するのなら、自分も作っておこうと思った。そこで生まれて初めての握り詰に挑戦。玉飛金香歩歩歩歩歩という駒はとても評判が悪いけど、握り詰初心者の自分には関係ない。 ・・・ 本当は次の図を投稿したかった。 ・・・ 盤面曲詰で無防備図式で趣向手順でミニ煙、偶数手詰でその上不可能局面だ! ・・・」
  • 詰将棋パラダイス誌6月号 (おおた葉一郎
     「・・・ 今年は、玉、飛、金、香、歩×5。合計9枚。かなり変な駒割である。桂や角がない。いつもは、桂や角といった駒を使うのだから、やりにくい。しかし、実は最大の問題は、別にある。やっと完成したのだが、最初の駒数制限のところで、うっかり歩を6枚と思い込んで、1枚多く使った問題を作ってしまった。単に不注意。変更、難航中。もう 一題作らないといけないかな。 ・・・」

2010年6月11日

  • 握り詰 第290番:握り詰(玉飛金香歩5) (詰将棋 駒の舞(別館)
     「・・・ 2010年度は、駒の数・種類ともに少ないので、会場で即興で作れる内容と思います。逆に凝った内容を作り難いかも知れません。 ・・・」

2010年6月10日

  • mixiデビュー (詰将棋劇場blog
     「・・・ ランスさん(本名は公表されていませんが、プロフィール・日記を見れば誰かすぐにわかります)が今回の全国大会握り詰について書かれた記事です。あの駒を見てすぐに思い出したのが下図だそうです。 ・・・」

2010年6月9日

  • 全国大会握り詰 (詰将棋天旗新館雑記のページ2010年06月
     「詰将棋全国大会では毎年、アマレン杯握り詰が催されます。大会に参加するとともに、この握り詰にも毎年、作品参加しております。 ・・・」

2010年6月7日

  • 詰パラ6月号 (風みどりの玉手箱
     「・・・ アマ連杯握り詰 玉飛金香歩歩歩歩歩 今年も厳しい条件ですねぇ。でも、ちゃんと作る人は作るんだから凄い。 ・・・」

2010年6月2日

  • 詰将棋パラダイス (水上 仁) (アマレン伝言ダイヤル6月分)
      「詰将棋全国大会が7月18日、 東京は町田市で開催されます。 毎年アマ連杯として握り詰を実施。 西村理事長に握って頂いた使用駒の条件が、 小誌6月号に載ります。 我こそはと思わん方は是非トライしてみて下さい。 応募作の中から最優秀作、 佳作などが大会当日投票によって表彰されます。 また、6月号には昨年度の解答成績優秀者年間上位10名の発表もあります。 」

2010年6月1日

|

« 第26回詰将棋全国大会 | トップページ | 第26回詰将棋全国大会ご案内 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アマレン杯握り詰2010:

« 第26回詰将棋全国大会 | トップページ | 第26回詰将棋全国大会ご案内 »