« TETSUの全国大会レポート | トップページ | 大会アルバム(1)大阪で全国大会 »

2015年7月20日 (月)

第31回詰将棋全国大会レポート

===> 詰将棋おもちゃ箱   ===> 詰将棋全国大会   ===> 第31回詰将棋全国大会


[2015年8月3日最終更新]
第31回詰将棋全国大会参加者のみなさん、スタッフのみなさん、おつかれさまでした。ここでは、全国大会のレポート、反響をお伝えします。


2015年7月21日~8月29日

2015年8月2日

2015年8月1日

2015年7月30日

2015年7月28日

2015年7月26日

2015年7月24日

2015年7月23日

  • 筒井 浩実@un_cocoo
     「詰将棋全国大会のときの名札を返却せずに持ち帰ってきてしまった。 来年、名札持参で参加するからいいよね?(笑) 」
     「看寿賞の解説は面倒でもパワポで事前に作って、当日はそれを流すだけ、ってすればいいと思う。今のgdgd感はちょっと…。」

2015年7月22日

2015年7月21日

  • divD@skuctkhzm (20日からの続き)
     「記念撮影。 多分私の顔は左側の一部分しか写ってないと思う。心霊写真みたいになってるかも。」
     「終わり」
  • 相馬慎一@torus1968
     「青木裕一さん一番伸びるんじゃないか?」
     「初見では彼は寡黙だけど作品に意志を込めるタイプ。二次会でも上田さん若島さんの間にちゃっかり入っていて、何かを吸収しようという意識が感じられた。」

2015年7月20日

  • 飼い鼠@ikiron
     「みなさま昨日は全国大会お疲れ様でした。」
     「本日もお楽しみの予定」
     「みんな死んだように寝ているので起こしづらい……」
     「朝は電車で石黒さんとばったりw今はUSJで風さんとばったりw びびったw」
     「勝手に自分では大崎さん、馬屋原さんとの友好度がAに上がったと思っている(ファイアーエムブレム基準。Sで結婚)」
     「今度こそ本当にお疲れ様でした。全国大会は家に帰るまで、もうすぐ僕の第31回全国大会も終わります。 18日?20日にかけてお世話になったみなさま、本当にありがとうございました。」
     「今回、詰将棋全国大会のミニ解答選手権予選で使った問題(全て1~5手詰)をアップロードしました。よろしければ挑戦してみて下さい。 http://ikz26.blog.fc2.com/blog-entry-63.html
  • おかもと@Araiyayon
     「詰将棋全国大会の懇親会では、いろいろな方とお話しすることができた。パラ編集部のS氏に、パラの電子化について質問。電子データは2007年以降で、いつでもPDF化できるとか。とりあえず、パラの見本誌をPDF版で配布したらどうか?と勧めておいた。」
     「以前「詰将棋天旗」をやっていたI氏にお尋ねしたところ、サイトのデータはXPのパソコンに残っているとか。「詰将棋用語集」などが埋もれてしまうのは非常にもったいないので、ぜひどこかで公表を、とお願いしておいた。」
     「前大学担当のT氏には、いろいろ将棋史関係の話をきかせてもらった。詰キストにとっての「看寿」と、将棋ファンにとっての「看寿」の違いとか、言われてみればナルホド。明治前後の将棋指しはヤクザな存在だった、というのも、、、」
     「K氏にもご挨拶。新しい構想は?と訊かれ、あたふた。「詰将棋解答選手権」の過去問から初心者向け作品だけをまとめて、解答選手権の景品にするのはどうかと提案してみたけど、むずかしいかな。」
     「各氏がサインした「詰パラ傑作選」をみせられ、さらに何か書けと言われたので、以前自分が書いたサインを二重線で消した。そうしたら所有者は激怒。レアなサインをさらにレアにしたのに、そういうブラックなジョークは伝わらなかったらしい。酒の席とはいえ、申し訳ないことをした。」
  • 解答欄魔@k1sumi
     「4泊5日の旅から帰宅。よく飲んで、よく笑った。みなさまに感謝。」
  • Toshiya@ToshiyaIkeda
     「そう言えば(懇親会では言ったけど)配られた看寿賞冊子、解答を出した中編、長編4作に短評が載っている。これを称して看寿賞鑑賞賞とは言わないか...」
  • divD@skuctkhzm
     「みんな寝ただろうから詰将棋全国大会について思い出しながらツイートしていく。」
     「会場へは10時に到着したが受付と書かれたところに誰もいなかったので一度降りた。何もすることがなくて周辺をウロウロ。不審者と思われたかもしれない。」
     「ウロウロしても仕方ないので会場前で待機。詰将棋を解いて時間をつぶす。その時の9手詰が未だに解けない。」
     「受付で会費を払うとき、7千円あったのにいつもの調子で一万円札を出してしまう。お釣り二千円札を渡された。まだ流通してたのか。」
     「書籍販売コーナーは人が多く、どのタイミングで買うか迷ってウロウロしてたから挙動不審と思われたかもしれない。ここで二千円札は使いました。」
     「ランスさんから短大作を褒められて嬉しかった。スマホ詰パラ発表作も褒めていただいて恐縮。ここで少し気になることが。私がツイッターとスマホ詰パラのアカウントとして使ってる「divD」ってみんなどう読んでるんだろう?」
     「divDは去年9月頃から取ろうとしていた資格の勉強中に出てきたマクスウェル方程式から取ったものです。これを選んだ理由は特にありません。」
     「アマレン杯握り詰。馬鋸多いなあ。七種合を見た時すごいとは思ったが好みではないです。11、18、19に投票しました。自作は16です。」
     「休憩時間。書籍をいくつか買って後、懸賞詰将棋に挑戦。5分ほど考えて諦めた。」
     「ミニ解答選手権。5分間で解けたのは12問。不正解1問で23点でした。23はソフトボールの背番号と一緒なので満足。」
     「クイズは最初の3問は簡単でしたが4問目からは殆ど勘でした。正解数は6問。惜しかった。あの選択肢は誰が考えたのだろう。」
     「特別懸賞詰将棋の正解発表・解説。私が考えてた初手は33香だったので初手から間違えてました。桂中合二回、玉方桂は二段跳、攻方桂は全て消える素晴らしい作品でした。」
     「握り詰優秀作発表。1位、2位は予想通り。3位は完全に予想外でした。 馬鋸は禁止にしなくても誰かが作ると思って控えるのでは?」
  • 不透明人間@hutoumei
     「詰将棋をする方の大崎さんの隣に座ったのにお話しができなかった。YANAGIさん、GutenTagさん、借り猫さん、桃燈さんにもご挨拶できなかったバカな私orz」
  • 村田桂花@melon_sky
     「ようやく帰宅。こうして桂花の全国大会が終わりました。お世話になった皆様、ありがとうございました。重ねて門脇賞、ありがとうございました。」

2015年7月19日

  • divD@skuctkhzm
     「たかつガーデン到着。早すぎた。」
     「詰将棋全駒大会楽しかった。もう少し居たかったが、ホテルが11時で閉まるのでダメだった。」
     「フェアリーの世界へ引き込まれそうになった。」
     「昨日思いついて急いで作った詰将棋は先行作があってダメだった。合駒制限さえ解決出来れば作品になりそうだが難しい。」
     「フェアリー作家のアイデアは非常に面白い。しかし作ろうとは思わない。作品を見てそのアイデアを普通作に活かせないかを考えてみたい。」
  • 鰈@karei
     「楽しくて tweet少なめ 全国大会」
     「くまモンきました。」
  • hiro@hirotsumeshogi
     「あと20分くらいで会場に到着できる、はずです。 次につぶやくのは半日後か、明日か。」
     「懇親会まで参加し、ホテルにチェックイン。 参加された皆さん、お疲れ様でした。」
  • Toshiya@ToshiyaIkeda
     「なんばなう、ちょうど受付開始くらいに着くかな」
     「二次会を出て地下に潜ったところで別の二次会グループに遭遇、後ろ髪引かれる思いで離脱…」
  • 詰将棋指し@nenehimapapa
     「今日の行商は、関西こども将棋大会→詰将棋全国大会→関西こども将棋大会というスケジュール。サイン本は両会場で70冊近く売れてほぼ完売。お買い上げありがとうございました!」
  • 桃燈@telnarn
     「帰宅。アルコールを飲んでたら辿り着けた自信がない。それくらい現状ギリギリ、疲れた……もちろん楽しかった! 」
  • Problem Paradise@propara
     「全国大会から帰宅なう。『この詰』95冊売れた。東西の連盟でも販売を予定しています。」
  • YANAGI         @大阪@minosimaikeda
     「書籍コーナーで大量に購入(詰棋書8冊、詰パラバックナンバー40冊)して帰宅。これで数ヵ月は退屈しないだろう。」
     「「この詰将棋作家がすごい!」。平尾一土、町田和也、天内啓介など実にいいところを突いている。久保+宮原は最強のコンビ。」
     「「一番星」161P × 5年間 → 〇 6年間」
     「「山田修司×石本仰」。いや~勉強になった。s馬氏の言う通り、読んだだけで作家生命が5年延びた気がする。」
  • 借り猫@_karineko
     「動く相馬慎一氏を見ただけで、全国大会に行った甲斐があった。 ikironさんは忙しそうだったし、畏れ多くて話しかけることができなかった。 桃燈氏は誰なのか結局分からずじまい。 そこそこ喋れたのは角さんと小林敏樹さんくらい。 上田さん来るの遅すぎ。w 赤羽さんと初めてお会いした。」
     「會場さんは立派な体格だった。w これまた畏れ多くて。 近藤さんが北村氏に絡んでいた。ww hiroさんは思ったより若い人だった。 隣に座っていたのは関半治さんだった。紳士でした。 柳原さんは来ていたらしいが、会えなかった。 こんなトコかな。 実行委員の方々は大変だったと思う。感謝」
  • tsumegaeru@tsumefrog
     「全国大会お疲れ様でした」
     「この詰、電車の中で読んでた。」
     「WFP作品展73-10は諦めるつもりだったけど、刺激を受けたのでもう少し頑張る。」
  • 西遊棋実行委員会@kansaishogi
     「台風から一転、よい天気になってきました。こんな日は詰将棋ですね!今日は大阪市「たかつガーデン」で年に一度の詰将棋祭りが開催されます♪受付は11時から、イベントはお昼過ぎからです。素晴らしい会なので、お近くの方は是非お越しくださいませm(__)m(村田顕弘) 」
     「第31回詰将棋全国大会開催!北浜係長が挨拶^^(村田顕弘) 」
     「特別懸賞詰将棋を創らせて頂きました!変化手順が複雑で思い出せず、冷や汗かきながら考えてます^^;(村田顕弘)」
     「販売コーナーも目玉の一つです。浦野先生のハンドブックも絶賛発売中♪ (村田顕弘) 」
     「大スクリーンで看寿賞作の鑑賞解説のあとに、表彰式も行われます。(写真は長編賞、添川公司さん作「枯野行」)この問題図が…」
     「3枚で詰め上がり!神業ですね。(村田顕弘) 」
     「個人的に最も楽しみにしていたのは「ミニ解答選手権」とクイズ大会でした。(毎年解けませんが^^;)覆面1手詰めクイズ面白かったです。1手詰めという条件で配置を当てるゲームです(攻め方17角+23X、25X、44X、持駒なし)(村田顕弘) 」
     「覆面詰将棋解答は、攻め方=2三玉、4四馬。玉方=2五玉でした。双玉は盲点でした^^; 西遊棋イベントのクイズ作成においても大きなヒントになりました。ちなみに西遊棋の村田クイズは決して褒められた内容ではありませんが(苦笑)棋士の意外な一面を知って頂くことは出来そうです(村田顕弘)」
  • 二次元人@2jigenn
     「【詰将棋全国大会(1)】結局行ってきました。第31回だそうです…解答選手権よりも長いってことですかぁ…。29都道府県、115名参加。序盤、北浜健介八段が挨拶している場面をパシャリ。(会場内は撮影OKと確認済み)」
     「【詰将棋全国大会(2)】当日用懸賞詰将棋を創った村田顕弘五段。「負けました、もう提出しないので話聞いてくださいよー。持ち駒が桂だけになって詰まないんデス」「ええ、そういう変化ありますね。初手▲3五……」ここでヒザから崩れ落ちました。」
     「【詰将棋全国大会(3)】お楽しみ企画のクイズ上位者による趣向詰将棋勝負・決勝戦。配置された駒が伏せられた状態で解きます。こちらは北浜八段が制しました。(ちなみに自分もクイズ上位で景品いただきましたぁ) 」
     「【詰将棋全国大会(4)】ふと我に返るとこんなにも詰将棋本を購入。全部でほぼ諭吉さんだったと思います。でも絶版本とか二度と手に入らない可能性も高いですし、後悔はしていません。」

|

« TETSUの全国大会レポート | トップページ | 大会アルバム(1)大阪で全国大会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22735/61917681

この記事へのトラックバック一覧です: 第31回詰将棋全国大会レポート:

« TETSUの全国大会レポート | トップページ | 大会アルバム(1)大阪で全国大会 »