« 第17回詰将棋全国大会 | トップページ | TETSUの全国大会レポート »

2016年5月 1日 (日)

第32回詰将棋全国大会ご案内

===> 詰将棋おもちゃ箱  ===> 詰将棋全国大会  ===> 第32回詰将棋全国大会


[2016年7月13日最終更新] 全国大会ページ、詰パラ5・6・7月号の案内より。

今年の全国大会は岡山県倉敷市で開催することになりました。中四国では初めての開催となります。

全国大会ページ ==> 第32回詰将棋全国大会・倉敷

日時 2016年7月17日(日)12時30分~17時
  ※11時受付開始
  懇親会は18時開始予定
場所・アクセス 倉敷市芸文館 別館1F 「アイシアター」
  
交通アクセス  芸文館案内図(PDF)

  倉敷市中央1-18-1

倉敷駅南口から大通り沿いを南下、徒歩約15分。
バスは倉敷吉岡線・倉敷循環線(両備バス)、塩生線・イオンモール倉敷線(下電バス)などで、「中央二丁目倉敷芸文館」下車すぐ。
有名な観光地「倉敷美観地区」を通り過ぎたところ、昭和の大名人「大山名人記念館」の向かい側が入り口です。

<新幹線について>
関西以東で新幹線を利用する場合、岡山駅で山陽線に乗り換えてください。岡山-倉敷間は約15分で、昼間は15~20分おきです。(新倉敷駅は便数も少なく、不便なだけです。)
広島以西の方も岡山駅で乗り換えた方が便利です。料金を節約するなら、福山駅で乗り換えた方が得策な場合もあります。(新倉敷-倉敷間は約10分、福山-倉敷間は約40分)

<駐車場について>
芸文館地下は有料駐車場で、その他、付近に多数の有料駐車場がありますが、休日の午後は、どこもほぼ満杯状態になります。午前中なら空いている可能性が高いですが、保証の限りではありません。基本的には公共交通機関の利用をお勧めします。
参加 参加資格は特になし。事前申し込みも不要です。
当日直接会場にご来場ください。
詰将棋ファンならだれでも楽しめる企画がいっぱい。

参加賞として「中四国詰将棋作家1局集」を全員に差し上げます。 new !
主催 全日本詰将棋連盟
共催 倉敷市文化振興財団  大山名人記念館
後援 日本アマチュア将棋連盟  詰将棋パラダイス
運営 【実行委員会】
  詰備会中心で行います。
会費 全国大会: 一般1500円、女性・高校生以下500円
懇親会:  一般5500円、女性・高校生以下は割引あり
書籍 書籍販売を行います。
★出品予定者は事前にご連絡ください(平井迄)。
連絡先:平井康雄hirai@mizukyo.jp

全国大会に合わせて発行予定の作品集 
  • 塚田賞作家:岩崎守男氏の作品集「しろかわ」
  • 海老原辰夫作品集「星河」
  • 解答選手権2016
  • 「中四国詰将棋作家1局集」 (参加賞として全員に贈呈) new !
全国大会

12時30分
開始
《プログラム概要》

11:00~ 受付&書籍販売
12:30~ 開会宣言・ご挨拶・祝辞など
12:50~ 看寿賞作品解説・表彰
      七條賞・門脇賞・参加賞表彰
13:50~ 握り詰作品紹介
14:30~ 休憩・書籍販売
15:00~ ミニ解答選手権
15:45~ 結果・当選発表
16:15~ 参加者紹介・記念撮影
18:00~ 懇親会(倉敷ステーションホテル4階)
      ミニクイズその他

懇親会

18時開始
《会場》 倉敷ステーションホテル 4階大宴会場  アクセス 

  〒710-0055 岡山県倉敷市阿知2丁目8番1号

芸文館から大通り沿いをまっすぐ北上したところ(1階はセブンイレブン)。入り口は大通りから曲がって少し中に入ったところにあります。
宿泊 倉敷ステーションホテルで特別価格で提供してくれますので、個人で申し込んでください(空きがある限り)。
TEL 086-425-2525
前日泊をされる方には、観光パンフ・クーポン券セットを事前配布できます。希望者は平井まで連絡を入れてください。
アマレン杯
握り詰
使用駒  「玉角金金金銀桂香歩歩歩」の11枚
  応募先:詰将棋パラダイス編集部
  締切:5月末日必着(締切を過ぎたものは無効となります)
投稿は一人一作限りです。

※プログラム詳細や懇親会企画など、情報が入り次第随時更新していきます。

|

« 第17回詰将棋全国大会 | トップページ | TETSUの全国大会レポート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22735/63563731

この記事へのトラックバック一覧です: 第32回詰将棋全国大会ご案内:

« 第17回詰将棋全国大会 | トップページ | TETSUの全国大会レポート »