« 2017年8月 | トップページ

2018年7月21日 (土)

大会アルバム(5)ミニ解答競争

===> 詰将棋おもちゃ箱   ===> 詰将棋全国大会   ===> 第34回詰将棋全国大会


[2018年7月21日最終更新]
第34回詰将棋全国大会 大会アルバム(5)ミニ解答競争


Zt34e01 14時から第二部、アトラクションが開始。

その前に、10回参加者表彰で紹介された市島さんが仙台から到着したということで、吉松さんより記念メダルを贈呈。

「すみません、遅くなりまして。冬眠蛙というペンネームでブログをやっています。」

Zt34e02 最初のアトラクションは恒例のミニ解答競争。1手~5手の詰将棋を30問、1問あたり30秒で解く。正解すれば各問2点で満点は60点。初手だけ答えれば良いので、読み切れなくてもヤマカンもありだが、間違うと1点マイナスなので、悩ましい。

Zt34e03 問題はプロジェクターで前方のスクリーンに表示されるので、会場はみなスクリーンに注目。

Zt34e04 第1問は、持駒なしのスッキリした問題。とはいえ、桂の利きを確かめるのが大変かも。

右下のマスコットがヒントらしきことをつぶやくのだが、ヒントになってないこともしばしば。司会の石黒さんもいろいろつぶやくが、事前に問題を見ているわけではないので、これもあってるかわからない。

右のバーが30秒をカウントして、5秒前になると、「あと5秒!!」と表示。焦るね。

Zt34e05 おとなしめの問題が続くが、第7問でついに双玉問題が登場。初形ですでに王手がかかっている。

Zt34e06 後半にはいると、盤面いっぱいの問題もぞろぞろ。この問題は全駒配置だ。対称形で、都玉の回りに駒がないきれいな形。

ちなみに作者はほとんどが大会スタッフの馬屋原さん。

Zt34e07 ラス前。こういう問題で「あと5秒!!」なんていわれると、心が折れそう。

Zt34e08 最後の問題も恐ろしいワナが。30秒で駒を数えるのはかなり厳しい。後手の持駒を表示しないという慣習は、解答競争では悪用されまくり。

石黒「はい、終了でーす。」

30問終わったら、近くの人と解答用紙を好感して採点。正解がスクリーンに表示される。

Zt34e09 ミニ解答競争では、上位3名が決勝トーナメント(対戦詰将棋)に進出決定。8枠のどこに入るか選ぶことができる。

1位は堀内さんと宮田プロが46点同点。じゃんけんでどちらが先に選ぶか決める。

Zt34e10 「ジャンケンポン」

宮田プロ勝利。「8で」。

堀内さん「4で。」

Zt34e11 3位は北浜プロ、41点。

プロ棋士の対決を見たいな、とのリクエストに応えて。

「じゃあ5番にしましょうか。」

Zt34e12 ということで、対戦詰将棋のトーナメントは3つの枠が決定した。

あとの枠は、次の平成詰パラクイズの結果とあわせて決まる。

(大会アルバム(6)平成詰パラクイズ に続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月20日 (金)

大会アルバム(4)握り詰、門脇賞

===> 詰将棋おもちゃ箱   ===> 詰将棋全国大会   ===> 第34回詰将棋全国大会


[2018年7月20日最終更新]
第34回詰将棋全国大会 大会アルバム(4)握り詰、門脇賞


Zt34d01 毎年恒例のアマレン杯握り詰。20年以上に渡って日本アマチュア将棋連盟より賞金を提供いただいている。

それを感謝し、全詰連柳田会長より、アマレン野山副理事長(西村理事長の後任として8月理事長就任予定)に感謝状が贈呈された。

Zt34d02 野山副理事長「理事長の西村から文書を預かっておりますので読み上げます。」

「四半世紀にわたり日本アマチュア将棋連盟と密接なお付き合いをいただき、厚く御礼を申し上げます。・・・ぜひとも通巻1000号に向けて邁進してください。今後とも新生日本アマチュア将棋連盟をよろしくお願いします。」

Zt34d03 アマレン杯握り詰、今回の使用駒は「王飛飛金金桂桂歩歩歩歩歩歩」の13枚。

プロジェクターを使って、各作品の紹介が行われた。

Zt34d04 解説は、7月から詰将棋パラダイス誌の中学校の担当に就任した太刀岡さん。

「作りにくい駒だったので、ちょっと作品数が少ない(13作)のですが、1作目から10何手とかなりハイレベル。」

Zt34d05 作者が全国大会に参加している場合は、作品が紹介されたときアピールすることができる。

「継続は力なり、ということで出させてもらっています。」

Zt34d06 最初のうちはおとなしめの作品が多かったが、合駒5回、趣向詰などだんだんガチ勢が増えてきて、最後の作品は盤面いっぱい、盤をぐるっと回って還元玉。優秀作は大会参加者の投票で選出される(懇親会で発表)。

1位から3位までの作品は、詰パラ9月号で出題される予定なので、全国大会に参加されなかった方はお楽しみに。

Zt34d07 角さんが到着したので、ここで門脇芳雄賞の表彰。選考委員長の北村さん。

「詰パラ6月号で発表しています通り、今回は角さんです。これからもいい本をたくさん作って欲しいな。」

Zt34d08 北村選考委員長より、角さんに賞状と賞金を授与。

「おめでとうございます。」

今回の門脇芳雄賞いついては平成29年度門脇芳雄賞を参照。

Zt34d09 角「昨日、えび研という集まりに参加しまして、2時ぐらいで自宅に帰ったら、久保流で起きたら10時半で、更に今日会場について搬入用のエレベータで4階に行ったら誰もいなくて。後ろで中編名作選、販売しますのでどうぞよろしくお願いします。」

中編名作選、ぎりぎりで完成して、ここ数日大忙しだった角さん。お疲れさまでした。

Zt34d10 時間に余裕があるので、ここで後ろの販売ブースの方からアピールタイム。

創棋会の吉松さん
「大塚さんが亡くなられて。漫陀楽、9000円。高いですけどよろしくお願いします。」

3巻からなる分厚い本。用意した3セット、全て完売。まだ在庫はあるそうなので、欲しい方はこちらを参照。

Zt34d11 詰パラ7月号でも紹介されていた、最近創刊された「暁将棋部屋」。山本さん。

そのほか、下記のブースからもアピール。

・加賀さん 「羊の詩第8集」
・利波さん 昔の詰パラ1冊100円
・全詰連書籍部+柳田さん
・解けてうれしい詰将棋(三宅さん)
・角さん 中編名作選、短編名作選

Zt34d12

これで第一部は終了、14時まで休憩。

休憩といっても、大会記念詰将棋を解いたり、握り詰投票、本の購入、目当ての人にご挨拶とか、皆けっこう忙しい。

販売ブースの目玉はやっぱり「中編名作選」。

Zt34d13 若手もしっかり詰将棋名刺を交換。100枚用意した方も。

大会アルバム(5)ミニ解答競争 に続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月19日 (木)

大会アルバム(3)看寿賞など各種表彰

===> 詰将棋おもちゃ箱   ===> 詰将棋全国大会   ===> 第34回詰将棋全国大会


[2018年7月19日最終更新]
第34回詰将棋全国大会 大会アルバム(3)看寿賞など各種表彰


Zt34c01 表彰は門脇芳雄賞が後回しで、まずは詰将棋パラダイス誌の解答番付戦の優秀者に授与される、七條賞の表彰から。

今回の大会では1位・解答王の竹中さんと10位の加賀さんが出席、水上詰パラCEOより表彰された。

Zt34c02 竹中解答王「福村さんがまさかの全問正解でないということで、運よく1位を取らせていただきました。4回目なので、今年度5回目を狙って行こうかなと。社団戦は懇親会とかメインでマナー第一でやっていこうと思っていますので、日程の合う方はぜひご参加ください。」

Zt34c03 10位の加賀さん。

「幼稚園から大学院、デパート、保育園、全て間違えて10位。ここにいるのが信じられない。どうもありがとうございます。」

Zt34c04 二人そろってパチリ。

Zt34c05 次はお待ちかね、看寿賞の表彰。

平成29年度看寿賞は短編賞2作(武島作、上谷作)、長編賞1作(田島作)が受賞。

Zt34c06本大会に参加された上谷さんに、柳田看寿賞委員長より表彰。

「おめでとうございます。」

Zt34c07 短編賞受賞の上谷さん。昨年に続き連続受賞。

「短編賞をいただいた2作は、完全に独立して新しいというもんではないんですけど、そこに自分なりのこだわりを込めました。今後も看寿賞作家に恥じない詰将棋を発表していきたいと思います。」

Zt34c08 前方の大スクリーンで受賞3作品の解説。まずは上谷作から。

「この詰将棋のすばらしいところは、三度の香の限定打と馬の趣向的な動き。」

Zt34c09 解説は詰パラで大学担当の久保さん。

変化も並べながらポイントを的確に説明していく。

全国大会だけではもったいない解説。YouTubeで動画を公開してくれるとうれしいんだけど。

Zt34c10 長編賞の田島作はなんと373手で解説も大変。玉の回りの成銀・成桂・成香を回転させるという斬新な趣向に龍ノコを織り込んだ驚異的な構成の作品だ。

平成29年度看寿賞に受賞作の概要と棋譜ファイルがあるので、ぜひ並べて鑑賞されたい。

Zt34c11 次は、全国大会の10回・25回参加者表彰。

事務局の吉松さんが10回参加者一人ずつに大きい記念メダルをかける。

ところが、その吉松さんも今回で参加10回目ということで、吉松さんには柳田会長よりメダルを。

Zt34c12 10回参加者は、田中さん、仲西さん、堀内さん、水野さん、三宅さん、そして吉松さんの6名。一人づつご挨拶。

三宅「第1回は確か10数年前の一宮で、北村さんから名古屋に住んでるんだから来いといわれて無理やり出させていただいたのが一宮の大会でした。そのとき誘われてなかったら詰将棋とか将棋とか一切してない人生を送ったかな。今日はありがとうございました。」

Zt34c13 6人全員でパチリ。

石黒「メダルは懇親会が終わるまでかけていて。」

実は、このあと市島さんが到着して、10回参加者は7名になった。

Zt34c14 25回参加者は佐賀県の太田さんお一人。

「ただ参加しているだけでこういうふうに表彰されるなんて恥ずかしい感じがしますけれども、50回目指して参加し続けたいと思います。」

大会アルバム(4)握り詰、門脇賞 に続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月18日 (水)

大会アルバム(2)全国大会開幕

===> 詰将棋おもちゃ箱   ===> 詰将棋全国大会   ===> 第34回詰将棋全国大会


[2018年7月18日最終更新]
第34回詰将棋全国大会 大会アルバム(2)全国大会開幕


Zt34b01 今回は12時と早めの開始。司会はもう全国大会の顔となった詰パラで短大担当の石黒さん。なんと今回で14回目の司会だ。

「ただいまより第34回詰将棋全国大会を行います。平成最後の全国大会です。本年は関東地区の若手中心に準備を進めています。至らない点もあるかと思うのですけれども御寛容いただいて一日楽しんでいただければと思います。」

Zt34b02 大会主催者を代表して詰工房の金子さんより挨拶。

「みなさん、今日一日楽しんでいってください。」

石黒さん「はい、この程度でサクサク参りましょう。」

Zt34b03 全日本詰将棋連盟、柳田会長の挨拶。

「「中編名作選」、角さんが今会場に向かっているということで、まもなく届くと思います。「解答選手権2018」は間に合いませんでした。予約いただいて送料こちら持ちでお送りすることにしました。今回若手中心に進めて、いままでと違ったおもしろい大会になるのではないかと。一日ごゆっくりお楽しみいただければと思います。」

Zt34b04 来場のプロ棋士を代表して日本将棋連盟の北浜八段よりご挨拶。

「前回の東京での大会(第30回川崎)のときは関東にいて参加できたんですけど、大阪に引っ越しまして。大阪での対局を東京に強引に移して、無事参加できてよかったなと。一詰将棋ファンとして一日楽しんでいきたいと思っています。」

Zt34b05 イベントの告知。8月12日、京都 みやこめっせで「みやこ将棋フェス

「棋士が15人。私も行くんですけど、久保王将、菅井王位、・・・。将棋大会と将棋のイベント。参加していただけたらうれしいです。」

京都らしく「棋士と投扇興対決」なんていう企画も。

Zt34b06 詰将棋パラダイス誌を代表して水上CEOより挨拶。

「西日本の豪雨災害、予想以上の被害で今でも大変な状況と思います。お見舞い申し上げます。東京の大会は8回目になります。東京のみなさん、きょうはよろしくお願いいたします。石黒さんの呼びかけで社団戦の詰パラチームができました。7月1日に1回目の大会があって優秀な成績だったようですが、ほどほどにしといてや・・・」

Zt34b07 吉松事務局長より前日に行われた全詰連幹事会の報告。

「昨日夕方から3時間ぐらい、看寿賞の選考方法、解答選手権の運営をどうする、といった話をしました。将棋ブームが詰将棋ブームに変わって広がりを見せている中で、普及活動をどうするか。ネットでの広報、マスコミ対応など。手伝っていただける人がいましたら是非共手をあげていただければと思います。」

Zt34b08 幹事会報告が終わったところで12時半ぐらい。だんだん詰まってきたが、広い会場なのでまだゆったり。

プログラムでは次は門脇芳雄賞の表彰。しかし、受賞者の角さんがまだ会場に向かっているところで、後回し。

大会アルバム(3)看寿賞など各種表彰 に続く)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年7月17日 (火)

大会アルバム(1)東京で全国大会

===> 詰将棋おもちゃ箱   ===> 詰将棋全国大会   ===> 第34回詰将棋全国大会


[2018年7月17日最終更新]
2018年7月15日に東京都大田区で開催された第34回詰将棋全国大会を写真で振り返ります (写真をクリックすると大きな写真がごらんいただけます)。参加された方は思い出を新たに、参加できなかった方は大会の雰囲気をお楽しみください。
なお、掲載されては困る写真があった場合は、削除・差し替えなど対応いたしますので、メール(omochabako@nifty.com)にて管理人(TETSU)までご連絡ください。


Zt34a01 詰将棋全国大会は、毎年7月頃に開催。中京、関東、関西、他の地方の4年サイクルで、2018年は東京地区の番。7月15日に東京で全国大会が開催された。

主催: 全日本詰将棋連盟
後援: 日本アマチュア将棋連盟
    詰将棋パラダイス

Zt34a02 会場は京急蒲田駅そばの大田区産業プラザ(PiO)。羽田空港からも新幹線品川駅からも乗り換えなしで行ける便利な場所だ。

PiOは「バイト」という旋盤などで用いられる切削刃物をイメージして造られた。これは大田区の持ち味である「ものづくり」「工業」を表している。

とがった存在 (大田区産業プラザ(PiO))より。

Zt34a03 全国大会の前日18時から恒例の全日本詰将棋連盟の幹事会が開催された。

看寿賞、門脇賞、解答選手権、全国大会、詰将棋データベース、段級位などの活動報告、会計報告が行われ、課題や今後の取り組みについて約3時間活発な議論が行われた。

Zt34a04 最大180人まで可能な広い会場。11時受付開始に向け、スタッフは9時から準備。机椅子を並べたり、プロジェクターの調整、受付や書籍コーナーのセッティングなど進めていく。

資料を全席に予め置いたり名札を50音順に並べたり、スムーズに受付できるように工夫している。

Zt34a05 11時に受付開始。例年受付待ちの列ができて入場までが大変だが、今年はチケットの事前購入を導入したので、事前購入している方はQRコードをスマホでカシャで受付完了。ほとんど列ができず、待たされずに入場できた。

Zt34a06 書籍コーナーは受付開始と共にオープン。さっそく物色する人も。

将棋を孫に伝える会のブースでは、「解けてうれしい詰将棋」関連のミニ本や、呉ゆかり詰棋家競作集30番「最年少棋士」など、いろいろ販売。

Zt34a07 加賀孝志さんは、詰パラのフェアリーランド入選300回を記念して、その全作品を収録した作品集「羊の詩」第8集を発行。フェアリーランドの解答者に無料で贈呈した。

「中編名作選」を販売予定の角さんが、会場に向かっているとのことで、まだ到着していない。角さんは今回門脇芳雄賞を受賞しているので、表彰式に間に合うか気になるところ。

Zt34a08 全詰連書籍部+柳田会長ブースには、カラフルな詰棋書が並ぶ。看寿賞作品集や解答選手権の年鑑も。

「詰将棋解答選手権2018」は本大会には間に合わず、送料無料の予約販売となった。

Zt34a09 プロ棋士はお二方、北浜八段と宮田七段が来場。

写真は北浜八段とマイナビ出版の島田さん。島田さんには、詰将棋本の特典棋譜ファイルに「作者名を入れてください」とちゃっかりお願いしてしまった。

今回名刺用に新しい詰将棋を作ったのだが、宮田先生にその名刺を差し上げたら、その場で「19手詰」。流石です。

Zt34a10 野上さんは親子で参加。煙詰が好きとのことで、ネットで見る煙詰のことを教えてあげた。

Zt34a11 12時になって席が埋まってきた。そろそろ全国大会の開幕だ。

大会アルバム(2)全国大会開幕 に続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月16日 (月)

第34回詰将棋全国大会レポート

===> 詰将棋おもちゃ箱  ===> 詰将棋全国大会  ===> 第34回詰将棋全国大会


[2018年7月20日最終更新]

第34回詰将棋全国大会は東京の大田区産業プラザ(PiO)で開催され、127名の参加者が終日詰将棋を楽しみました。参加者のみなさん、スタッフのみなさん、おつかれさまでした。ここでは、全国大会のレポート、反響をお伝えします。

そろそろ厳しくなってきたので、TETSUのレポートはなし。アルバムもダイジェスト版になりそう。すみません。ここで、みなさんの感想やレポートをフォローしていきます。ブログなどお持ちでない方は、TETSU(omochabako@nifty.com)にメールいただければ、このブログに掲載させていただきます。なお、詳細なレポートは詰将棋パラダイス9月号に掲載される予定なので、お楽しみに。


2018年7月19日

2018年7月18日

  • 青のKK@kkosaka6
     「今年は色々と忙しく、全国大会参加記が書けません。ゴメンナサイ。 mixiの方に写真を載せておきますので、もし欲しい方がいらっしゃいましたらメッセージ等でご連絡下さい。」

2018年7月17日

2018年7月16日

  • 村田桂花@melon_sky
     「早速仕事に向かっています。昨日は色々と至らない所もあったかと思いますが、参加された皆様に楽しんでいただけていれば嬉しいです。頑張って準備してくれた若手たちに感謝です。」
  • Toshiya@ToshiyaIkeda
     「今年は写真撮影に専念しながらもこの辺りをゲット、特に羊の詩と将棋謎工房は思いもかけず嬉しかった」
  • 桂憩@katsura_ikoi
     「今年も楽しかったです。運営ありがとうございました!」
  • uee@ueeeee22
     「ありがとうございました」
     「イキロンさん、K坂さんとパンケーキを食べる (以前もこんな流れがあったような笑)  」
     「無事帰宅し、私の全国大会の日程はすべて終了いたしました。 運営に携わった皆さんには大変お世話になりました。おかげさまでとても楽しい時間を過ごすことができました。本当にありがとうございました。」
     「みなさんと久しぶりにお会いして、お話しできるのも全国大会の大きな魅力の1つです。また今回は初めてお会いする方も多く、そういった意味でも「行って良かったなあ」としみじみ感じております。またお会いできますことを楽しみにしております。」
  • 原田椅子@kisy門下@KYBMqShlnO4wv6Z
     「昨日の全国大会、多くの作家様とお話し出来て楽しかったです。 イベントもとても良かったです。 運営の皆様お疲れ様でした。」
  • sorim@sorim_naoki
     「無事ホテルにチェックインしました。今日お会い出来ました皆様、楽しい時間をありがとうございました(^^)」
  • ほっと@_hotto_
     「ようやく帰宅。皆様、本日(もう昨日か)はありがとうございました。」
  • EOG@EOG10
     「全国大会2次会は赤羽、大橋健グループに参加。塚田賞同期の関さん、三谷さんと一堂に会することができて良かったです。」
  • みんけんひで@aima99hide
     「「将棋謎工房」 落丁のため一冊持ち帰ったが、昨日の全国大会懇親会で予定通り29冊配り終えた。 表紙問題の左側、キン肉マン消しゴムの画像が薄くてよく分からないのは誤算。」
  • Guten Tag@GuchanTag
     「昨日買ったもの:現代詰将棋中編名作選、詰将棋入門、最年少棋士。昨日頂いたもの:羊の詩第8集、将棋謎工房。」
     「解答競技は相変わらず凶悪だった。全駒に近く合駒に何が残っているかという問題を30秒で解くのは無理。」
  • Ken@aroundforty
     「詰将棋全国大会無事終了! いろんな方ともお会いできたし、 楽しい一日でした! もう少し詰将棋頑張りたいと思いました! みなさま、お疲れ様でした!」

2018年7月15日

  • Guten Tag@GuchanTag
     「北浜先生挨拶。
     「対戦詰将棋(6年前の松本大会で9歳の藤井聡太少年が優勝した)、吉岡ー三角戦は詰方吉岡さんが詰まして勝ち。柳田ー堀内戦は柳田さんが詰められず堀内さんの勝ち。」
  • Yoshihiko Nonomura@nono_y_sp
     「お見せする(かもしれない)未発表図面を2、3用意して準備は終了。たいしたものではないです」
  • hiro@hirotsumeshogi
     「蒲田から移動。 長い夜という方も少なくないのでしょうが、私はお先に失礼しました。 参加された皆さん、お疲れ様でした。」

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年7月 1日 (日)

第34回詰将棋全国大会ご案内

===> 詰将棋おもちゃ箱  ===> 詰将棋全国大会  ===> 第34回詰将棋全国大会


[2018年7月12日最終更新] 「解答選手権2018」は間に合わないとのこと

今年の全国大会は東京の大田区産業プラザ(PiO)で開催します。 

Zt34map

日時 2018年7月15日(日)12時~16時45分
  ※11時受付開始
  懇親会は17時30分~19時30分
場所・アクセス 大田区産業プラザ(PiO) 小展示ホール
  
交通アクセス 京急蒲田駅から徒歩3分
   (品川駅(新幹線)や羽田空港から京浜急行で乗り換えなし)
  JR・東急蒲田駅から徒歩15分

  〒144-0035 東京都大田区南蒲田1丁目20-20
参加 参加資格は特になし。事前申し込みも不要です。
当日直接会場にご来場ください。
詰将棋ファンならだれでも楽しめる企画がいっぱい。
主催 全日本詰将棋連盟  東京詰将棋工房(詰工房)

 ・ 第34回詰将棋全国大会 (東京詰将棋工房
後援 日本アマチュア将棋連盟  詰将棋パラダイス
会費 全国大会: 2000円
懇親会:5500円

前売りチケット販売 終了しました。
当日は、チケットが表示可能なデバイスか、印刷したチケット(QRコードが正しく印刷されてるもの)を持参して下さい。
全国大会

12時
  ~
16時45分
《プログラム》

11:00~ 受付
12:00~13:35 第一部
  開会宣言
  主催者挨拶 ・ 全詰連会長挨拶 ・ 来賓挨拶 ・ 詰パラ編集長挨拶
  全詰連幹事会報告
  看寿賞表彰 ・ 看寿賞解説
  七條賞表彰 ・ 門脇賞表彰 ・ 10回、25回参加者表彰
  アマレン杯握り詰紹介
13:35~14:00 休憩
14:00~16:45 第二部
  ミニ解答競争
  平成詰パラクイズ
  対戦詰将棋

  一人一言
  記念撮影

書籍 全国大会会場内に販売ブースを設置します

全国大会に合わせて発行予定の作品集・雑誌
 ・ 中編名作選
 ・ 詰将棋解答選手権2018(7月23日完成予定)
 ・ 詰将棋ファン(7月末発行予定)

その他、例年書店では手に入らないレアな詰棋書がたくさん販売されるので、まとめ買いの一手
懇親会

17時30分
  ~
19時30分
《会場》 大田区産業プラザ(PiO) コンベンションホール鶯

  握り詰投票結果発表
  大会記念詰将棋解説

※プログラム詳細や懇親会企画など、情報が入り次第随時更新していきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年8月 | トップページ