« 大会アルバム(5)ミニ解答競争 | トップページ | 大会アルバム(7)対戦詰将棋 »

2018年7月22日 (日)

大会アルバム(6)平成詰パラクイズ

===> 詰将棋おもちゃ箱   ===> 詰将棋全国大会   ===> 第34回詰将棋全国大会


[2018年7月22日最終更新]
第34回詰将棋全国大会 大会アルバム(6)平成詰パラクイズ


Zt34f01 さて、次のアトラクションは平成詰パラクイズ。石黒さんが平成30年間の詰パラを読み直して問題を作成した。

4択の問題が、各年1問ずつ、合計30問。正解は2点で60点満点。誤解による減点はないので、わからなくてもどれか書く一手だ。

このクイズも勝てば決勝(対戦詰将棋)に進出できる。

Zt34f02 まずは平成元年の問題。

「平成元年度の看寿賞、短編賞を受賞した作品は何手詰?」

A 3手詰
B 7手詰
C 11手詰
D 15手詰

Zt34f03問題は前方のスクリーンに表示され、石黒さんが読み上げる。

「新たなる殺意」ってこの頃だったかなあ。

Zt34f04 平成4年の問題。

どの問題も、そんなにマニアックではなく、なんとなく覚えはあるけど、誰だったかなあという感じで、難易度と選択肢が絶妙。

「こらこら俺を入れるな」と柳田さんがつぶやく。

Zt34f05 全国大会がらみで、こんな問題も。

4年前の大会、覚えてる?

Zt34f06 最後の問題は30年間を通しての問題。

「平成年間の詰パラで、最も入選回数の多い作家は?」

A 岡田敏
B 柴田昭彦
C 中出慶一
D 山田康平

Zt34f07 このクイズも上位3名が決勝に進出。

ちょうど半分で「30点以上の方」 8人
「32点以上の方」 6人
「34点以上の方」 5人

久保さん(34点)は作者のため対戦詰将棋に出られず、堀内さん(36点)はすでに出場が決まっているので、あとの3人が決勝進出決定。

Zt34f08 筒井さん「34点です。」

Zt34f09 三角さん「44点です。」
吉岡さん「38点です。」

ということで、三角さん、吉岡さん、筒井さんの順で決勝トーナメント(対戦詰将棋)の枠を選択。

三角さん:1枠 吉岡さん:2枠 筒井さん:7枠
と決定。筒井さん、大胆に宮田プロに挑戦。

Zt34f10 残りの2枠は、ミニ解答競争と平成詰パラクイズの得点の合計点上位(決定済の6名を除く)で決まる。

「60点以上の方」 ぴったりお二人。
「合計何点だったか教えてください。」

柳田さん「61点です。」

Zt34f11 竹中さん「63点。」

竹中さん「せっかくなので、北浜先生の隣で。」
6枠を選択。

柳田さんは最後に残った3枠と決定。

Zt34f12 これで、対戦詰将棋のトーナメントは全てのメンバーが決定した。

いずれもそうそうたるメンバーで、誰が優勝するのか楽しみだ。

大会アルバム(7)対戦詰将棋 に続く)

|

« 大会アルバム(5)ミニ解答競争 | トップページ | 大会アルバム(7)対戦詰将棋 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22735/66966523

この記事へのトラックバック一覧です: 大会アルバム(6)平成詰パラクイズ:

« 大会アルバム(5)ミニ解答競争 | トップページ | 大会アルバム(7)対戦詰将棋 »